logo

IDCフロンティア、Webサイトの広域冗長化やバックアップ自動切り替えをオンラインで提供

事業継続や迅速な障害復旧を容易に実現する「IDCFクラウド GSLB」

株式会社IDCフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石田 誠司、以下 IDCF)は、同社のクラウドサービスである「IDCFクラウド」のラインアップにGSLB機能(Global Server Load Balancing)を加え、本日より提供します。

「IDCFクラウド GSLB」は、物理的に離れて稼働する複数のWebサイトを束ね、要求されたリクエストを負荷状況に応じて最適なサイトへ振り分けることができます。さらに障害時には、待機させておいたWebサイトに自動で切り替えることによりシステムを短時間で復旧させることが可能なクラウドサービスです。シンプルなWeb管理画面からWebサイトを登録する簡単設定により、IDCFクラウドだけでなく、オンプレミス、また他社のデータセンター/クラウド上に構築したWebサイトも冗長化や負荷分散の対象とすることができます。

企業が取り組むBCP(事業継続計画)やDR(災害対策)においては、緊急事態に遭遇した場合に損害を最小限にとどめつつ、事業の継続や早期復旧を可能にするための手段を事前に取り決めておくことは非常に重要です。自社顧客へのサービス提供だけでなく、取引先や従業員、株主などのステークホルダーへ事業の継続や再開の状況を迅速に伝える手段を確保することはBCP/DRの必須条件であると言えます。

本サービスにより、Webサイトへ予測できない負荷集中が発生した際やシステム障害時には、最適なパフォーマンスが得られるサイトへの振り分けやバックアップサイトへの自動切り替え、一時的な案内ページ(Sorryページ)の迅速な表示などを、物理的に離れたクラウドやデータセンター、オンプレミス間で容易に設定できます。また、IDCFクラウドでは、物理的に1,000km以上離れた東日本および西日本のサービス提供地域(リージョン)同士を、自社の閉域網を用いて無料で接続する「リージョン間接続」を利用して、冗長化やデータのバックアップを行うことが可能です。

IDCFクラウド GSLBの概要は次の通りです。
・2つ以上のWebサイトをアクティブ/アクティブまたはアクティブ/スタンバイで冗長化
・クラウドやデータセンター間で広域の負荷分散やバックアップサイトへの自動切り替えが可能
・GSLBおよびDNSのサーバーは国内3拠点に分散配置しサービスの提供継続性を確保
・シンプルなWeb管理画面と複数拠点のサイトを登録するだけの簡単設定を実現
・ヘルスチェックの通知機能はメールに加えSlackへの通知が登録可能
・DNS1ゾーンの料金に加え、GSLB機能は最小2サイト500円のワンコインから利用可能

今回の発表は、データセンター事業者としては国内第一位(*1)となる890Gbpsの回線総量を保有するIDCFのネットワーク基盤を最大限生かすものであり、高性能タイプのロードバランサー「ILB」の提供開始に続くネットワークサービス強化の一環です。

IDCFは、データセンター事業を基盤としたクラウド事業の拡大を推進しており、企業がITインフラの設計や移行時にクラウドを優先して検討する「クラウドファースト」の流れに応えてまいりました。また、ビッグデータの分析プラットフォームを新たに展開し、クラウドでデータを処理するだけでなく、「データ集積地」(データも集積するセンター)となるべくビジネスモデルの変革を進めています。

IDCFは引き続きIDCFクラウドを中心にクラウドサービスを拡充・強化し、自社で保有するデータセンターおよび高速大容量ネットワークを拡張し、お客様のITインフラ利用に革新をもたらすサービスの提供に取り組んでまいります。

***

■「IDCFクラウド GSLB」の利用料金
-----------------------------------
                    利用料金(月額)
-----------------------------------
基本料金(DNS 1ゾーン)           50円
-----------------------------------
1サイト登録(GSLB 1レコード)        250円
-----------------------------------
※利用料金の例:2つのWebサイトで利用する場合は、DNS 1ゾーン50円とGSLB 2レコード500円の合計550円(月額)となります。

■「IDCFクラウド GSLB」の仕様
-----------------------------------
サーバー構成            国内3拠点に分散配置
-----------------------------------
負荷分散方式            重み付けラウンドロビン
-----------------------------------
分散切替/対象レコード       Aレコード
-----------------------------------
ヘルスチェックタイプ        HTTP/HTTPS/TCP
-----------------------------------
ヘルスチェック間隔         10~300秒(デフォルト30秒)
-----------------------------------
ヘルスチェックしきい値       3~10回(デフォルト5回)
-----------------------------------
ヘルスチェック通知方法       メール/Slack
-----------------------------------
API                 提供予定
-----------------------------------

以上

*1インプレス「データセンター完全ガイド iDCなんでもランキングmonthly(2016年7月)」インターネット回線総量Top 20!の調査結果


<企業情報>
【IDCフロンティアについて】(リンク
社名:株式会社IDCフロンティア(IDC Frontier Inc.)
代表者:代表取締役社長 石田 誠司
事業内容:クラウド事業、データセンター事業、ホスティング事業、IPネットワーク事業、コンサルティング、システム構築・運営、その他
株式会社IDCフロンティアは、Yahoo! JAPANグループのクラウドコンピューティングとデータセンター事業を担う戦略的子会社として、クラウド事業、データセンター事業、ホスティング事業、IPネットワーク事業、コンサルティング、システム構築・運営を事業内容とし、日本のビジネスシーンの発展と活性化を支える情報技術基盤を提供しています。長年の経験で培った高信頼データセンターを全国で運用しており、ビジネスユーザーのクラウドコンピューティングやオープンプラットフォームの利活用を推進しています。

<サービスに関する問い合わせ先>
■IDCフロンティア カスタマーデスク
電話:0120-26-2725(平日9:00~17:00)
メールアドレス:service@idcf.jp

<リリースに関する報道機関からの問い合わせ先>
■IDCフロンティア ビジネス開発本部
電話:03-4354-0155
メールアドレス:pr@idcf.jp
コーポレートブログ For Your IDCF:リンク
Twitter公式アカウント:idcfrontier
Facebookページ:リンク

このプレスリリースの付帯情報

IDCFクラウド GSLB

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
https://www.idcf.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。