logo

2016年の花火を最高の場所で楽しもう!「AR花火スコープ by HaNAVI」WEBサイトと連動したシェア機能を搭載!

株式会社 キャドセンター 2016年07月19日 15時00分
From PR TIMES

日本全国400ヶ所以上の花火大会の打ち上げデータを搭載。AR花火スコープを使って最高の見え方をシェアしよう!

「AR花火スコープ by HaNAVI」とは、スマートフォンのカメラを通した実写映像に、花火の打ち上げイメージをCGアニメーションで合成表示するアプリです。



ユーザーの位置情報と連動して、各地の花火大会ごとに、どの方向にどれくらいの高さで花火が見えるか推測できるため、事前に観覧場所を検討したり、お気入りの場所からどのように見えるか確認したりできます。
2016年のメジャーアップデートではAR花火のキャプチャを撮って、花火情報投稿サイト「HaNAVI」やLINE、Facebook、Twitterを通じて画像をシェアし、見え方を添えて花火大会の情報を共有できるようになりました。


■花火の打ち上げ位置を確認する
表示画面は二画面構成となっています。「AR」画面ではGPSによるユーザーの現在位置や花火大会ごとの打ち上げ位置と花火のサイズ情報によって、CGアニメーションの位置や大きさ、高さが変化するため、現在位置から花火がどのように見えるか、おおよその見当をつけることができます。
「MAP」画面では、ユーザーの位置は地図の中心に配置され、カメラの向いている方向と範囲が地図上に示されます。選択中の花火大会は赤いマーカーで表示されています。地図を拡大縮小・スクロールして、ユーザーの位置を移動させることが可能です。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



■シェア機能
風景と合成表示されたARの花火の映像を「シェア」ボタンでキャプチャし、TwitterやFacebook、LINEへ投稿することができます。
[画像4: リンク ]

■掲載されている花火大会
AR花火スコープは全国47都道府県400ヶ所以上の花火大会(2016年度版)のデータを掲載しています。現在地の最寄り、開催場所、開催日から目的の花火大会を検索することができます。

■花火情報投稿サイト「HaNAVI」とは?
「AR花火スコープ」は現在地からの花火の見え方を示すアプリですが、事前に現地にいけないような遠く離れた大会のベストスポットを探す時は、他のユーザーがAR花火スコープで撮った画像を閲覧できるWEBサイト「HaNAVI」で確認することができます。
「HaNAVI」でのサービス開始は2016年7月末を予定しています。

〔アプリのダウンロードはこちら〕
iOS版はこちら( リンク
Android版はこちら( リンク ) ※近日アップデート予定


AR(拡張現実=Augmented Reality)とは?
ARは、コンピュータやスマートフォンを用いて現実環境に情報を付加提示する技術、または情報が付加提示された環境そのものを指します。コンピューターグラフィックスや動画を実写の映像にリアルタイムで合成し、端末の画面に表示させることができます。

株式会社キャドセンターについて
株式会社キャドセンター (リンク) は、先進的な3Dビジュアライゼーション技術を軸に、ARソリューションをはじめ、CG/VRコンテンツ、スマートフォンアプリ、自社ソフトウェア製品など、オリジナリティ溢れる商品・サービスを、様々な分野へ提供しています。

※ 本アプリの花火の打ち上げ位置は、主催者の事前発表または当社独自調査に基づいた推定位置です。当日の打ち上げ場所の変更や、端末の位置情報取得の精度に依存するため、実際の位置と表示は異なる場合があります。

〔本件ニュースに関するお問い合わせは下記まで〕
株式会社キャドセンター 古川・伊藤
Phone. 03-3222-7841

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事