logo

Webメディア事業の開始について

株式会社シンクロ 2016年07月19日 15時11分
From PR TIMES

将棋界の情報を世界に発信! Webメディア事業開発で業務提携を決定。 新規メディアサイトを2016年秋リリース予定

公益社団法人日本将棋連盟(本部:東京都渋谷区、会長:谷川浩司、以下「日本将棋連盟」)は株式会社シンクロ(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:西井敏恭、以下「シンクロ」)とデジタルマーケティング領域におけるメディアの開発・運営において業務提携することで合意しました。



Webメディア事業開始の背景
日本将棋連盟は将棋の普及発展と技術向上、日本の文化の向上や将棋を通じた諸外国との交流親善などを目的とした公益社団法人です。近年の市場の変化に対応すべくインターネット上での棋戦中継の配信、関連グッズの販売などを実施しておりましたが、さらなるデジタル領域の活用を目指すためにシンクロとの業務提携に至りました。

今までも日本将棋連盟公式サイト(リンク)上で対局結果、イベント開催などの情報発信を行っておりましたが、より多くの情報を発信、昨今のインターネット環境にも適応させることで、新たに将棋ファンを獲得し、より幅広い将棋ファン層への興味や関心の利便性を向上させ、さらなる将棋の魅力の認知・啓蒙を、Webマーケティング領域に関する知見・実績を持つシンクロとの共同開発により実現を目指します。

新規Webメディアの構想について
新たに開発されるWebメディアにつきましては各棋戦の対局予定・結果や将棋界における様々なニュースをタイムリーに発信するとともに、将棋界の歴史や棋士の情報、将棋を楽しむためのノウハウなど、様々な情報を楽しめるメディアとなります。

また情報の発信だけにとどまらずWeb会員制度の構築や広告スペースの設置などを実施し、日本の伝統文化である将棋の認知・価値向上だけなく、企業やユーザーにとって価値のあるサービス・機能を提供すると共に事業収益を獲得し、将棋のWebメディアとしての価値を継続的に向上させていく事業といたします。

調印式の様子
2016年7月11日、将棋会館(東京都渋谷区)にて調印式が実施されました。
[画像1: リンク ]

写真左から株式会社シンクロ西井敏恭代表取締役社長、日本将棋連盟谷川浩司会長、青野照市専務理
[画像2: リンク ]



各団体概要

[画像3: リンク ]



<日本将棋連盟>
正 式 名 : 公益社団法人 日本将棋連盟
会 長 : 谷川浩司
設立年月日 : 1949年7月29日 ※2011年4月1日より公益社団法人
所 在 地 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-39-9


<株式会社シンクロ>
[画像4: リンク ]



会 社 名 : 株式会社シンクロ
U R L : リンク
代 表 者 : 西井敏恭(代表取締役)
設立年月日 : 2016年2月25日
所 在 地 : 東京都品川区東五反田1丁目13番12号 いちご五反田ビル4F


―代表プロフィール―
[画像5: リンク ]

西井敏恭
1975年5月福井県生まれ。
小学生~中学生の間で将棋県大会優勝5回。EC企業にてWEBマーケティングに取り組む傍ら、旅行を続け訪問した国は100ヶ国近く。世界一周したWEBマーケティングのプロとしてデジタルマーケティングフォーラムad:techをはじめ、全国で講演多数。また、雑誌や新聞、テレビなどのメディア掲載、現在はWebDesigningにて「マーケティング異種格闘技戦」を連載中。
現在は株式会社シンクロ代表取締役社長および、宅配ECのオイシックス株式会社執行役員を兼務。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。