logo

~ 受講生1100万人を超えるUdemyの講師向けMeetupイベント事後レポート ~ 世界28カ国からオンライン教育サービス「Udemy」の講師160名が参加!

Udemy, Inc. 2016年07月19日 13時30分
From PR TIMES

 Udemy史上最大規模のカンファレンスイベント、大盛況のうちに終了



 Udemy inc.(本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州、代表:Dennis Yang)は、2011年より運営を行っており受講生が1100万人を超える通信教育サービス「Udemy」(リンク)の講師向けMeetupイベントを6月24日(金)~26日(日)にかけてサンフランシスコにて開催いたしました。

 「Udemy 講師向けMeetup」は、アメリカやイギリスを始め、オーストラリア・シンガポール・パキスタン・フランス・日本といった28の国々から総勢160名にもおよぶ講師が参加し、Udemy史上最も大規模なイベントとなりました。今回のイベントのために集まった講師が今まで提供してきたコンテンツ数は、合計1,400コースにものぼりました。日本からは、プログラミング講師の井上博樹氏と、エクセル講師の中本達也氏の2名が参加し、各国講師との積極的な情報交換を行いました。

 本イベントは、レセプションパーティを含めて3日間で開催され、Udemy社員によるコース運営や販売成功事例の紹介がされたほか、Udemy創業者のエレン・バリと現CEOのデニス・ヤンとのトークセッションやセス・ゴーディン氏による基調講演が開催されました。
 世界中に40万人の受講生を持つイギリスのロブ・パーシバル氏などのスター講師から、コースを作り始めたばかりのビギナー講師までの各国からの参加者たちによって、コース運営やプロモーションなどについて活発に意見交換が行われました。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



 


 今回のイベントでは、28か国からUdemyで講師を務めている方々に参加いただきました。また、近年では発展途上国における受講生が増えてきているという状況について、講師間でも活発に議論が繰り広げられました。議論の内容も、発展途上国の受講生が学び続けられるためにUdemyがどのように支援するべきか、講師がどのように支援できるかなど多岐にわたりました。
 Udemyは、インターネット環境の整った一部の人だけを対象にするのではなく、発展途上国を含むすべての国の人が理想の人生を築くための手助けをする(Help anyone build the life they imagine)ために、今後もますますグローバル化する環境の中で、講師陣と共に二人三脚となってこの目的に向かって歩んでまいります。

< Udemy創業者エレン・バリと現CEOデニス・ヤンのトークセッション>
 Udemy創業者エレン・バリと、先日エントレプレナー・オブ・ザ・イヤー北カルフォルニア部門を受賞したばかりのUdemy現CEOのデニス・ヤンが登壇しました。
 トルコの小さな村出身のバリは、「5つの学年を1人の先生が教える学校という決して良い教育環境ではない中で少年時代を過ごしたが、ある日自宅にインターネットがつながったことでオンラインフォーラムで自ら数学を学んだ。そして、数学チャンピオンのトルコ大会金メダリスト、世界大会の銀メダリストになるまで才能を開花させたという経験から、オンライン教育の可能性を感じていた」と、Udemyのルーツとも言えるエピソードを披露しました。
 また、2012年にCOO、2014年にUdemyのCEOに就任したヤンは、「急成長するスタートアップでありながら、エゴに走らないUdemyの文化に惹かれこの事業に参加した。創業当時は『オンライン学習』になかなか理解が得られず資金調達に苦労したが、Udemyの成長と共に多数の投資を受けることに成功した。今後もバリのように恵まれない環境下にいる人々に対して、オンライン教育サービス提供者として何が出来るのか考えていきたい」と今後の展望について述べました。

<「Udemy」について>
米国発のUdemyは、一般のかたが誰でも講師になり、動画講座を通じてそのノウハウを提供することができるC to Cプラットフォームです。Udemyは、2010年から5年あまりで現在20,000人以上の講師と講座を有するとともに、世界で1,100万人以上の受講者を誇る世界有数のオンライン教育サービスです。2015年4月末より、日本でも本格展開を開始しています。Udemyは、受講費を講師自身が自由に設定できます。ラインナップは、IT関連のスキルや語学、ビジネス、資格など大人向けの講座から、幼児向けの知育講座や、小中学校生向けの授業動画など多岐にわたっています。

Udemy サイト:リンク
Udemy講師向けサイト:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事