logo

Mipox株式会社、SAP Fiori(R)を活用した独自テンプレート「Mobick(R) for SAP Fiori(R)」を採用し、倉庫業務の大幅な効率化を実現

クレスコ・イー・ソリューション株式会社 2016年07月19日 10時00分
From PR TIMES

クレスコ・イー・ソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:根岸 秀明)は、Mipox株式会社(本社:東京都立川市、代表取締役社長:渡邉 淳)に、SAP Fioriを活用した独自テンプレート「Mobick for SAP Fiori」を活用したハンディターミナル連携システムが採用され本稼動運用を開始したことをお知らせします。



SAP Fioriは、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 福田 譲)が提供する最新のユーザーインターフェースで、次世代ビジネススイート「SAP(R) S/4 HANA」の標準ユーザーインターフェースとしても採用されています。
またハンディターミナル端末は、パナソニック株式会社(本社:大阪市門真市、代表取締役社長:津賀 一宏)の「TOUGHPAD FZ-X1」を採用しました。「TOUGHPAD FZ-X1」は過酷な環境下の使用に耐える頑丈設計と、手袋をしたままタッチパネル操作できる操作性の高い端末です。Android OSを搭載しているのでスマートフォン感覚で誰もがすんなりと使いこなすことが可能です。

[採用の背景と効果]
Mipoxは2014年11月のSAP(R) ERP導入と同時にバーコードシステムを構築、年度末に棚卸業務で利用したところ、バーコードが読み取れない等のトラブルが続出したので、生産ラインを止め手作業で対応されました。その後、システム改修を試みたものの改善が見られず、2015年11月にバーコードシステム刷新を決断されました。
以前のシステムでは、SAP ERPへ実績データをバッチ転送しておりシステム在庫と実在庫の差異が問題視されていたので、新システムではSAP ERPへのリアルタイム連携を必須条件とされました。
SAP ERPと連携するにはツール利用が一般的ですが、SAPアプリケーションを絡めて提案できるベンダーは少なく、その中からSAP ERP連携について豊富な実績とSAP社最新のテクノロジーの利用、初期投資やランニングコストの面からクレスコ・イー・ソリューションの「Mobick for SAP Fiori」を採用いただきました。
「Mobick for SAP Fiori」はSAP Fioriを採用した独自テンプレートで、業務で一般的に利用されるシナリオを予め用意しているので、開発期間の大幅な圧縮が可能になります。棚卸作業に間に合わせる必要がありましたが、「Mobick for SAP Fiori」利用によりプロジェクト開始から2ヶ月で本番運用開始しました。
新システムでは、バーコード読み取りエラーやERPへの取り込みエラー等トラブルは皆無、リアルタイム連携なのでシステム在庫と実在庫の差異の原因究明もスムーズに進み、予定通り2日で作業が終了し、生産ラインを止める期間が大幅に短縮されました。
現在は、棚卸機能だけでなく、棚番管理機能の追加や工場内での在庫移動をリアルタイムでSAP ERPへ反映させる機能も本番稼動しました。さらにリアルタイム在庫照会機能の利用開始を予定しています。
●「Mobick for SAP Fiori」を採用した理由
・SAP Fioriを活用することでハンディターミナル連携を低価格で実現
・豊富なノウハウに基づいたモバイルソリューションにより顧客ニーズを短納期で実現
・導入後の横展開、機能拡張などにかかるランニングコストを抑えることが可能

[今後の取り組みについて]
クレスコ・イー・ソリューション株式会社は、今回の導入ノウハウを基に、倉庫業務に特化し、初期導入費用の削減に貢献するテンプレート「Mobick for SAP Fiori」倉庫管理テンプレートのリリースを10月に予定しております。本テンプレートを利用することで、従来の導入プロジェクトより短期間・低コストでの導入を実現します。


[SAPジャパン株式会社様からのエンドースメント]
SAPジャパン株式会社 パートナー統括本部長 宇都宮 隆二
Mipox様にSAP Fioriを活用した独自テンプレート「Mobick for SAP Fiori」をご採用いただき、本稼働運用が開始されたことを大変嬉しく思います。
倉庫業務や対顧客業務など、企業における様々な業務でモバイルの活用が促進されています。
現在SAP(R)ERP、SAP S/4HANAをご利用されているお客様、あるいは将来ご利用されるお客様が、「Mobick for SAP Fiori」でモバイルの活用を促進し、多くのメリットを享受されることを期待しています。

[パナソニック株式会社様からのエンドースメント]
パナソニック株式会社 ITプロダクツ事業部 国内営業2部 部長 三宅 貴彰
クレスコ・イー・ソリューション社の「Mobick for SAP Fiori」が当社の堅牢ハンドヘルド「TOUGHPAD FZ-X1」と共に、SAP(R)ERP活用中のお客様に導入されたことを大変嬉しく思います。
「TOUGHPAD FZ-X1」は、バーコードの読み取り機能だけではなく、音声通話、カメラ、NFCなどの多彩な機能を搭載しているため、これら機能も活用いただくことで、SAP ERPご利用中の多くの企業においてさらなる業務革新が可能になることを確信しております。


[Mipox株式会社について]
Mipox(マイポックス)は、ハードディスク用研磨ファイルの分野では世界トップシェアを誇る、精密研磨業界のトップランナーです。「塗る」「切る」「磨く」のコアとなる技術を基に、ハイテク分野へと研磨フィルムや研磨材の用途を拡大し、ハードディスクや光ファイバー、さらに3Dプリンター関連製品も生み出し、時代と共に成長しています。現在では売上における海外の比率が7割を突破し、中国、マレーシア、インドに製造拠点、アメリカ、台湾、シンガポール、フィリピン、タイに営業拠点を置き、グローバルにビジネスを展開しています。(リンク

[SAPジャパン株式会社について]
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭で、さらにデスクトップ環境からモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国293,500社以上の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。(リンク

[パナソニック株式会社について]
パナソニックは、屋外や過酷な現場に適した頑丈タブレット・ハンドヘルド 「TOUGHPAD(タフパッド)」シリーズを企業法人向けに開発・製造・販売しております。「TOUGHPAD FZ-X1」は、5型液晶パネルを搭載した音声通話対応の頑丈ハンドヘルドで、バーコードリーダーなど多彩な機能を標準搭載しているため電子機器の複数持ちを解消できます。今後も、お客様の用途に応じ、生産性を高める多彩な機能と豊富なオプション群による拡張性を強化することで、「過酷な環境下で業務にICTを活用されるお客様」を強力にサポートします。(リンク

[クレスコ・イー・ソリューション株式会社について]
クレスコ・イー・ソリューションは、1998年設立以来SAPサービスパートナーとして導入コンサルティングから開発・運用まで、豊富な経験と培ったノウハウを基にお客様に各種サービスを提供しています。当社はSAP ERPを活用する上で「導入効果のさらなる向上」と「運用におけるコストとリスクの低減」を実現するソリューションを提案しています。ユーザーの視点に沿ったサービスを提供する豊富なラインナップにより、お客様の満足度向上、およびビジネスのパフォーマンス向上に貢献しています。(リンク


※Mobickはクレスコ・イー・ソリューションの登録商標です。
※SAP、SAP ロゴ、記載されているすべての SAP製品およびサービス名はドイツにある SAP SE やその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。


[本件に関するお問い合わせ]
クレスコ・イー・ソリューション株式会社
マーケティング部 加藤、柏田
TEL:03-5476-2502
FAX:03-5444-4622
E-mail:marketing@cresco-es.co.jp
製品紹介ページ: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。