logo

STM32マイコン向け暗号ライブラリが米国セキュリティ規格の認証を取得

STマイクロエレクトロニクス 2016年07月19日 09時20分
From PR TIMES

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、32bitマイクロコントローラ(マイコン)であるSTM32向けの暗号ライブラリが、米国の暗号アルゴリズム検証プログラム(CAVP:Cryptographic Algorithm Validation Program)に基づく認証を取得したことを発表しました。これにより開発者は、新たなシステムのセキュリティ性能を迅速かつ低コストで証明することができます。

STM32Cubeソフトウェア・パッケージに追加されたライブラリのX-CUBE-CRYPTOLIBは、IoT機器、POS端末、スマート・メータ、入退室管理システム、指紋認証モジュールなど、STM32マイコンを採用したセキュリティ重視の機器にすぐに使用可能な暗号ライブラリです。CAVP認証の取得により、機器メーカーは、アルゴリズム認証試験を実施せずに、米国の連邦情報処理標準(FIPS)認証の取得に向けたセキュリティ試験に直接製品を提出することができます。

このSTM32向けの暗号ライブラリには、暗号化、ハッシュ、メッセージ認証および電子署名向けの主要なセキュリティ・アルゴリズムが含まれているため、アプリケーション開発者は様々なセキュリティ要件(データ完全性、機密性、識別/認証、否認防止など)に対応することができます。このライブラリはSTM32ファミリの一部の製品向けに、ファームウェアおよびハードウェア・アクセラレーション機能を備えています。

また、同ライブラリには、各アルゴリズムのサンプルや、一般的な開発ツール用のテンプレート・プロジェクトも付属しています。これらの開発ツールには、Keil(R) MDK-ARM(TM)、IAR社の組込みWorkbench(R)EWARM、およびGCC(1) ベースの各種統合開発環境(例:Ac6 SW4STM32、Atollic(R) TrueSTUDIO(R))などが含まれます。

認証済みのアルゴリズムは、AES(認証番号3971)、RSA(2036)、ECDSA(874)、SHS(3275)、DRBG(1165)、およびHMAC(2589)です。詳細については、NIST CSRC Algorithm Validation Listsのウェブサイトをご覧ください。その他、X-CUBE-CRYPTOLIBには、DES、トリプルDES、MD5、ECCおよび鍵生成機能、ChaCha20、Poly1305、Curve25519など多くのアルゴリズムが収められています。

STM32向けX-CUBE-CRYPTOLIBは、Software License Agreement(SLA0048)の条件に基づき、無償提供されています。

詳細については、 リンク をご覧ください。

(1)GCC(GNU Compiler Collection) : クロスプラットフォームのコンパイラ

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2015年の売上は69.0億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCU製品グループ
TEL : 03-5783-8240 FAX : 03-5783-8216

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。