logo

慶應イノベーション・イニシアティブ1号ファンド設立のお知らせ

株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ 2016年07月19日 09時00分
From PR TIMES

慶應義塾大学の研究成果を活用したベンチャー企業に投資し、研究成果の社会実装を推進。社会貢献と投資収益の両立を目指す。

慶應イノベーション・イニシアティブは、7月1日に慶應義塾大学の研究成果を活用したベンチャー企業に投資を行うベンチャーキャピタルファンドを設立しました。本ファンドの趣旨に賛同した金融機関・機関投資家、事業会社・CVC、起業家などから出資を得て、主にIT融合領域、デジタルヘルス、バイオインフォマティクス、再生医療などの分野で、慶應義塾大学の研究成果を活用したベンチャー企業に投資を行い、新産業を創出し、社会貢献と投資収益の両立を目指します。

慶應義塾大学のベンチャーキャピタル「慶應イノベーション・イニシアティブ」(通称:KII、代表取締役社長 山岸広太郎)は、7月1日に慶應義塾大学の研究成果を活用したベンチャー企業に投資を行うベンチャーキャピタルファンドを設立いたしました。

KIIでは、昨年12月の設立以降、ファンドの運用体制を構築し、1号ファンドへの出資者を募集してきました。日本の成長戦略において大学発・技術系ベンチャーへの期待が高まっていることに加え、慶應義塾大学の研究成果に対する高い評価もあり、金融機関・機関投資家、事業会社・コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)、起業家などからお申し込みをいただき、ファンド総額は約45億円となりました。

KIIの代表取締役社長である山岸広太郎は次のように述べています。
「今回、慶應義塾大学の研究成果を活用した技術系ベンチャーの育成に強い関心を持つ、20の法人・個人からご出資をいただくことで、慶應義塾大学として初めてのベンチャーキャピタルファンドを組成することができました。KII1号ファンドでは、IT融合領域、デジタルヘルス、バイオインフォマティクス、再生医療の4分野を中心に、慶應義塾大学の研究成果を活用し、社会的に大きなインパクトを生み出すベンチャー企業約20社に投資を行う予定です。KIIではベンチャー企業の育成を通じて、大学の研究成果の社会実装による新産業の創出を推進し、社会貢献と投資事業としての収益の両方を追求していきます」

<KII1号ファンドへの出資者(有限責任組合員)>
[表1: リンク ]



<KII1号ファンドの概要>

[表2: リンク ]



<KIIの概要>

[表3: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。