logo

日本初クルマのデジタルラジオ“Amanekチャンネル”、7月15日(金)グランドオープン!

TOKYO FM 2016年07月15日 14時51分
From PR TIMES

放送とIoTの融合を実現した“Amanekチャンネルアプリ”リリース!i-dio車載対応TunerBoxを販売開始

株式会社エフエム東京(代表取締役社長:千代勝美)が中心となって推進する無料デジタル放送プラットフォーム「i-dio(アイディオ)」上で、日本初のドライバー向け専門放送局を運営する株式会社アマネク・テレマティクスデザイン(代表取締役社長:今井 武)は、本日2016年7月15日(金)より、クルマの安全とドライバーの安心、そしてドライブの楽しみを最大化することを目的とした「Amanekチャンネル」の本放送をスタートさせました。
これに合わせて、放送を聴きながらi-dioのIPDC(IP Data Cast)を使った様々な体験ができる「Amanekチャンネルアプリ」(無料)をリリースするとともに、自動車での利用を考慮した「i-dio 車載対応TunerBox」の販売を開始し、グランドオープン記念キャンペーンも実施します。



[画像1: リンク ]



<Amanekチャンネルとは>
Amanekチャンネルでは、クルマ、気象、音楽とゆかりの深いナビゲーター達が、平日の夕方と、土日祝日は朝昼夕の3回、クルマ利用の多い時間帯に生放送を担当。ナビゲーターは「空からドライバーを見守る」ために開発した業界初のAmanekオリジナルモニターを見ながら、気象情報と道路状況を重ね合わせ、刻々と変化する運転環境を、地上波最高音質のデジタルサウンドミュージック、旬なドライブ情報に加え、最新のライフスタイル情報やニュースをキュレーションマガジン「antenna*」、「みんなの経済新聞」などと連携し、運転中のドライバーにお伝えします。
生放送時間以外でも、最新ヒット曲からスタンダードナンバーまで、リスニングの時間帯と気分を掛け合わせたドライブが楽しくなるサウンドを24時間提供(日曜26時~29時の放送休止時間をのぞく)。各エリアの天気予報やドライブスポット情報は、位置情報付きのTTS(自動音声)で放送。走行位置に応じた情報をドライバーに伝えます。
Amanekチャンネルは、いつでもドライバーの安心・安全とドライブの楽しさをサポートします。

★『Amanekチャンネルナビゲーター』が生放送を担当します!
[画像2: リンク ]



Amanekチャンネルの放送は24時間(日曜26時~29時の放送休止時間をのぞく)。このうち、クルマ利用の多い下記の時間は「Amanekチャンネルナビゲーター」が生放送を担当します。
【生放送時間】
月~木 :17~19時
金:10~12時、17~19時
土日祝 : 8~10時、13~15時、17~19時

★一般財団法人日本気象協会と共同開発した”Amanekモニター“を活用!
[画像3: リンク ]



アマネク・テレマティクスデザインでは、「空からドライバーを見守る」ために開発した業界初のAmanekオリジナルモニターを一般財団法人日本気象協会と共同開発しました。風雨、降雪、土砂災害警戒情報、エリア天気予報、気温、湿度、生物季節(花の開花や虫の泣き声など)、花粉・紫外線・洗車・熱中症・星空などの日本気象協会オリジナル指数、道路混雑状況、観光スポット情報など運転に必要な情報に加え、リスナーからのtwitterの声も、地図上に重ね合わせることができます。
ナビゲーターはこのAmanekオリジナルモニターを見ながら、気象情報と道路状況を重ね合わせ、ドライバーに刻々と変化する運転環境をお伝えします。

★キュレーションマガジン『antenna*』と連携![画像4: リンク ]



厳選されたメディアの良質な情報を楽しむことができるキュレーションマガジン「antenna*」から、「おでかけ」「クルマ」「ドライブ」など今の旬な情報をナビゲーターの感性でピックアップしてご紹介!ドライバーに、“これは!”という情報をお伝えします。

★TTS(自動音声)など多彩な機能!Amanekチャンネルアプリ
[画像5: リンク ]

本日リリースされた「Amanekチャンネルアプリ」は、Amanekチャンネルのストリーミング放送を聴くだけでなく、i-dioの特徴であるIPDCを使い、Amanekチャンネルより放送された位置情報付きの各エリアの天気予報やドライブスポット情報を、クルマの走行位置に合わせてTTS(自動音声)で読み上げます。また、流れてくる曲やコンサートチケットなど気になる情報をワンタッチでブックマーク! 情報提供サイトにアクセスできます。ボリュームのアップダウンやブックマーク、ノールック(画面を見ない)でも操作可能。運転中のドライバーにも優しいインタフェースを採用。今までにないカーラジオの世界をデザインしたドライバーのためのアプリです。

[画像6: リンク ]



●iOS版 リンク
[画像7: リンク ]



●Android版 リンク
[画像8: リンク ]



★i-dio車載対応TunerBoxも登場!
[画像9: リンク ]



i-dio車載対応TunerBoxは、当社のパートナー企業であるバイテック・システムエンジニアリング株式会社が開発し、夏の高温・冬の低温下など変化の激しい車内環境に対応したi-dio放送受信専用チューナーです。専用のフィルムアンテナを車のフロントガラスに貼ることで、移動中でも高感度な受信を実現します。
このTunerBoxとスマートフォンをWi-Fi接続し、「Amanekチャンネルアプリ」でi-dio放送が受信できます。さらに、スマートフォンと車載オーディオをBluetoothで接続することで、車内で快適に高音質のデジタルサウンドミュージックを楽しむことができます。
■型番:AMNK-T01
■希望小売価格:12,800円(税抜)
[画像10: リンク ]



★Amanekチャンネルグランドオープンキャンペーン
日本初のクルマ向けデジタルラジオ放送「Amanekチャンネル」のグランドオープンを記念して、i-dio車載対応
TunerBOX特別セットを販売します。

<キャンペーン内容>
i-dio車載対応TunerBox特別セット: 9,990円(税込)*送料別
セット内容:i-dio車載対応TunerBox(希望小売価格:12,800円(税抜))
TunerBox用USB電源(シガーソケットタイプ):(希望小売価格:2,500円(税抜))
さらに、今回TunerBox特別セットをご購入頂いたリスナーの皆さまには、Amanekの新たなサービスを一緒に作り上げる企画会議メンバーにご参加頂けます。
・参加対象:i-dio車載対応TunerBox 購入者
・参加方法:下記キャンペーンサイトをご参照ください
・募集期間:定員になり次第終了
・キャンペーンサイト:リンク

<参考資料>
■進化する新放送サービス『i-dio(アイディオ)』とは
新放送サービス『i-dio』は、地上アナログテレビ放送終了後に空いた周波数帯 (VHF-Low帯=99MHz~108MHz)を利用して創設された放送サービス。既存のテレビでもラジオでもない全く新しい“第3の放送”です。
テレビは「映像」を送る、ラジオは「音声」を送ることが義務付けられていますが、「i-dio」は、映像・音響・データなど、デジタルデータなら何でも送ることが可能。また放送波で送信するため、通信とは異なり、輻輳もなく、不特定多数に情報を送ることができ、さらにリアルタイム放送・蓄積型放送も可能です。
2016年3月1日からのプレ放送を経て、2016年7月1日にグランドオープンを迎えました。7月1日時点での放送エリアは東京・大阪・福岡・名古屋。その後順次、全国へと拡大しています。
i-dio公式サイト  リンク

■「株式会社アマネク・テレマティクスデザイン」について
株式会社アマネク・テレマティクスデザインは、ドライバー向け専用デジタルラジオ放送局です。元本田技研工業株式会社役員待遇参事グローバルテレマティクス部長であった今井武を中心に設立。すべてのモビリティの「安全・安心・快適」を企業理念とし、テレマティクスサービス&コンテンツを、i-dioの全放送エリアに提供します。
株式会社アマネク・テレマティクスデザイン公式サイト  リンク



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事