logo

ブッキング・ドットコム、新キャンペーンを発表 7月18日より新テレビCMを開始

Booking.com Japan K.K. 2016年07月15日 12時00分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]

[2016年7月15日 :日本発表] 世界最大のオンライン宿泊予約サイト Booking.com (ブッキング・ドットコム)の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:ジェームス・ホワイトモア 以下:ブッキング・ドットコム)は、新キャンペーンの開始を発表しました。

キャンペーンの皮切りに、18日よりテレビCM「Food Lovers」篇がスタートします。テレビCM 3篇の他に、オンライン動画、ソーシャルメディア上での新コンテンツが順次展開予定です。キャンペーンは、「やりたいことができる理想の宿が見つかる」というメッセージが込められています。旅行者が、自分の情熱を満たすことができる施設に宿泊し、旅を楽しむ姿をお届けしていきます。

近年、新幹線の新路線開通やLCCにより地方へのアクセスもより一層良くなり、以前よりも気軽に旅をすることが可能になっています。弾丸旅行を特集するテレビ番組なども増え、日本中が旅にまつわるインスピレーションで溢れています。

お任せのパッケージツアーを選ばず、常に新しい体験を探し求めている個人旅行者は、インスピレーションの趣くままにPCやスマートフォンなど様々な電子機器から、多種多様なタイプの施設を選べるブッキング・ドットコムで、簡単に宿泊先を予約することが可能です。

「Food Lovers」篇(30秒/15秒)は、美味しいものが大好きな九州出身の友達同士のふたりが、国内外の様々な施設で、その宿ならではの食を楽しむ旅をします。多くの宿を見せることで、ブッキング・ドットコムが持つ宿泊施設の幅広さと多様性を伝えます。
さらに、このCMに続いて、「スポーツの旅」と「温泉の旅」を描いたテレビCMも順次放映予定です。

テレビCMの他に、SNSでもキャンペーンを展開します。オンラインムービーシリーズ「あなたなら、旅に何もってく?」では、それぞれの旅に持っていくアイテムをパッキングする様子をコマ撮りムービーにしてコミカルに見せていきます。

また、「One Minute Weekends 」というオンラインムービーシリーズも今秋より展開予定です。ヒップホップアーティストたちが自分たちの情熱をもとにラップをしながら、様々な宿で楽しんでいる様子を撮影し、旅のハイライトを躍動感ある1分間の動画でご紹介します。

テレビCM「Food Lovers」篇は7月18日より、東京・大阪・名古屋の各エリアで放映されます。また、ブッキング・ドットコムの公式SNS(Facebook, Instagram, Twitter)もご覧ください。

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



日本におけるブッキング・ドットコム
2009年に渋谷に最初のオフィスを開設。現在約200名の従業員が日本国内のオフィスで働いており、内100名がインハウスのカスタマーサービスのスタッフです。国内に、6つのオフィス(東京に2ヶ所、大阪、福岡、札幌、沖縄)があります。現在、国内では約8,400軒の宿泊施設の予約が可能(2016年6月時点)です。

Booking.com(ブッキング・ドットコム)について
ブッキング・ドットコムは、ホテルをはじめとする様々な宿泊施設のオンライン予約における世界的なリーダーです。独立系の小規模宿泊施設から5つ星の豪華ホテルまで、お客様の旅行スタイルやニーズに合った宿泊施設を、最安値保証かつ予約手数料無料でご提供しています。当社の予約サイトは、42の言語に対応しており、パソコン、スマートフォン、タブレットなど様々なデジタル機器からいつでもどこでもアクセス可能で、224の国と地域、9万2,000ヶ所以上の目的地、そして96万2,000軒以上の宿泊施設(うち約46万4,000軒は長期滞在型宿泊施設)の宿泊予約が可能です。また、実際に宿泊施設に泊まったユーザーだけが投稿できるクチコミを9,600万件以上掲載しており、観光・レジャー、ビジネスでのご利用と幅広いお客様のニーズに対応する宿泊予約サイトです。19年を超える経験をもとに、世界各国・176以上のオフィス、1万1,000名以上の社員、日本語を含む多言語で対応する24時間対応のカスタマーサービスが、お客様に最高の宿泊体験を提供するべく日々努力しています。

1996年に設立した、Booking.com B.V.はBooking.com™(リンク)の運営会社で、The Priceline Group(NASDAQ: PCLN)グループのメンバーです。さらに詳しい情報は、リンクをご参照ください。また、Twitter、Instagram、Facebook、Pinterestの公式アカウントを開設しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。