logo

ULが新たな包括的化学品開示ツールであるProduct Lens(TM)リポートを開始

UL Environment 2016年07月15日 10時35分
From 共同通信PRワイヤー

ULが新たな包括的化学品開示ツールであるProduct Lens(TM)リポートを開始

AsiaNet 65052(0845)

【マリエッタ(米ジョージア州)2016年7月15日PR Newswire=共同通信JBN】世界的な安全科学のリーダーであるUL(Underwriters Laboratories)は8日、市場製品の透明性の要求に対応し、多角的状況における化学的な危険性を明確にする新たな化学品開示ツールとしてProduct Lens(TM)リポートの開始を発表した。

Logo - リンク

Product Lens(TM)リポートは、製品内の化学物質の影響について、より透明性を求める建築家や設計者のニーズに対応するために開発された。この需要の多くは、グリーンビルディング規格や、危険性のみを開示するアプローチの改善を求めるニーズによってもたらされている。Product Lens(TM)プログラムは特にLEED v4を念頭に置いて設計されており、Building Product Design and Optimizationグルーピング内でのMaterial Ingredientの開示クレジットを獲得するのを目標にしている。

UL Environmentのアルベルト・ウゲッティバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーは「ULのProduct Lens(TM)リポートが市場の他のリポートと比較してユニークであるのは、危険性が価値連鎖内のどこにあるかについてその曝露経路、並びに、より大きな透明性を加えたハザード開示ツールであるからである。これは、人々が化学物質に起因するリスクだけに注目し、製品全体が有害であるという不正確な結論を下すことを防ぐ。それにより、化学的開示に透明であろうと努めている製造業者の価値は高まり、購買者においては、賢明な購買決定をすることができるという明確な効果が期待できる」と語った。

同プログラムはUL Environment、MBDC、Cradle to Cradle Products Innovation Institute間の協力の成果であり、Product Lens(TM)プログラムはCradle to Cradle Certified(TM)ProductsプログラムのMaterials Health Assessment Methodologyにおける化学的評価を基礎として用いている。同ツールはMBDCとの協力、そして15人以上のA&D専門家のアドバイス提供よって開発された。その結果がこの、今日の市場の製品透明性の要求に対応した信頼できる、理解しやすいソリューションである。

10社がUL Environmentの試用プログラムに参加しており、Product Lens(TM)リポートの一部を完了したか、その過程の途中である。参加会社の中にはAllegion、Arauco North America、Belden(ベルデン)、Mannington、Milliken、Sherwin-Williams(シャーウィン・ウィリアムズ)が含まれている。

接続およびネットワーク製品の生産業者であるBeldenは早期導入者である。Sr. Materials Product Engineerのアリス・アルブリンク氏は「さまざまな選択肢を全面的に見直した後、われわれはProduct Lens(TM)プログラムの実験開始に参加するため、世界的に認められ、尊敬を集めているUL Environmentと提携することを決定した。Product Lens(TM)リポートの高度にビジュアルな形式は、潜在的なリスクの迅速な解釈と理解を可能にし、その一方で、機密情報は保護されている。近い将来、Beldenは数百の製品にProduct Lens(TM)リポートを得ることによって継続的に推進していく」と述べている。

Product Lens(TM)リポートは、ULの環境製品データベース(Sustainable Product Guide) (リンク )で入手できる。

▽UL Environmentについて
UL Environmentは、環境にとって望ましい製品、サービス、組織の成長と開発をサポートすることにより、世界的な持続可能性、環境衛生、安全の促進に尽力している。また、各会社が持続可能性の目標を達成するのを支援し、購入者、明細書作成者、小売業者、政府、消費者が信頼できる製品を発見するのを支援する。UL Environmentは環境クレームの検証、多属性製品の認証、環境に優しい製品の公表、室内空気質の認証、製品排出量の検査、組織持続可能性の認証、コンサルティングを提供している。詳しい情報はwww.ul.com/environment を参照するとともに、Twitter、LinkedInまたはFacebookを通じてアクセスできる。

▽ULについて
ULは、120年にわたり進歩を続けてきた世界有数の第三者安全科学機関である。同社の1万1000人以上の専門家は、全ての人々のために安全な職場・生活環境を促進するというULの目標によって導かれている。ULは調査と規格を使って絶えず前進し、絶え間なく進化する安全性のニーズに対応している。そして、企業や製造業者、事業者団体、国際規制機関と提携し、複雑さを増すグローバル・サプライチェーンにソリューションを提供している。同社の認証、試験、検査、アドバイザリー/トレーニングサービスに関する詳しい情報はリンク を参照。

▽問い合わせ先
Sarah Partridge
Marketing Manager, Environment & Furniture
UL Supply Chain and Sustainability
T: +1 (678) 444.4083
C: +1 (404) 277.9118
E: sarah.partridge@ul.com

ソース:UL Environment

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。