logo

York InstrumentsとUCサンディエゴ校、新MEGシステム推進へ戦略的ソフトウエア契約を締結

York Instruments 2016年07月15日 10時04分
From 共同通信PRワイヤー

York InstrumentsとUCサンディエゴ校、新MEGシステム推進へ戦略的ソフトウエア契約を締結

AsiaNet 65090(0862)

【コーラルスプリングス(米フロリダ州)2016年7月14日PR Newswire=共同通信JBN】
Croton Healthcareの子会社であるYork Instruments, Ltd.(York)は、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCサンディエゴ校)との間で、同校のVESTALおよびFast-VESTALの特許出願中のメソッドとソフトウエア・プラットフォームをYorkの新開発の脳磁図(MEG)システムに組み込むため、独占的ライセンス契約を結んだ。同システムは、脳内のニューロンで自然発生する電流によって引き起こされる磁場を記録することによって脳活動をマッピングするものである。

Logo - リンク

Yorkの親会社であるCroton Healthcare, LLCのゴードン・バルツァー会長兼最高経営責任者(CEO)は「われわれはYorkのMEGプラットフォームの進歩のため、特に軽度外傷性脳損傷(mTBI)の診断および評価の能力の拡大のため、カリフォルニア大学サンディエゴ校と緊密に協力することができて非常に興奮している」と語った。

UCサンディエゴ校はスポーツ選手と軍人の両方の脳震とうの研究のためにMEGを利用しているmTBI分野のリーダーである。同校のVESTALおよびfast-VESTALの画像処理メソッドとソフトウエアは、MEGシステムによって毎秒数回連続的に測定される磁気信号を受信し、これらの信号を作り出している脳内の場所を計算しており、あらゆる瞬間の脳活動のマップを時間内に得ることができる。これらのメソッドとソフトウエアはまた、脳波の周波数も測定する。脳波は、外傷性脳損傷・震とうの患者の場合や脳腫瘍、脳卒中などの他の脳疾患の場合には異常にゆっくりしている。

Yorkのジェームズ・ペティート社長は「UCサンディエゴ校のローランド・リー博士とミンシオン・ホワン博士は、mTBI分野における画像診断能力開発のリーダーである。われわれは彼らをYorkチームの拡大要員として迎え入れることに興奮しており、画像診断業界におけるMEGの臨床応用の拡大に対する互いの熱意を共有する」と語った。

英国を拠点とするYorkは、ヘリウムを含まない極低温環境や最先端のエレクトロニクス機能、クラウド・ベースのソフトウエア・インフラストラクチャーの中に特許取得済みのHyQUIDセンサー技術を組み込む新しいMEGシステムを立ち上げている。

ホワン氏は「この契約により、われわれは直接、われわれの先進的なMEGソースの画像メソッドとソフトウエアをYork Instrumentsが開発した新しいMEGシステムに実装することができる。基本的に同契約は神経疾患(mTBIなど)、精神疾患(外傷後ストレス疾患など)における臨床診断と研究用途の両方のため、並びに正常な脳機能の研究のための強力なソフトウエアとハードウエアを持ったMEGシステムを創出する」と語った。

リー氏は「脳震とう(mTBIとも呼ばれる)は重要かつ一般的な医学的問題であり、スポーツ競技に参加している子供、交通事故の家族、並びにプロのスポーツ選手、戦場の兵士に関係するものである。この協力は、脳震とう診断のMEGの感度を明示するわれわれの研究を拡大し、MEGが脳震とう治療後の患者の体調をいかに監視することができるかを明らかにする。さらに、われわれのメソッドおよびソフトウエアとYorkのMEGシステムとの組み合わせは、外傷後ストレス疾患など他の神経・精神疾患にかかっている患者の診断と治療モニタリングを向上させるかもしれない」と語った。

▽York Instruments Ltd.について
York Instrumentsは英国を拠点とし、磁気測定およびヘルスケア・アプリケーションを専門とする会社である。最新の技術と方法論を活用するYorkは、多くの臨床脳疾患が脳ネットワークの障害を引き起こすという認識を前提に、神経画像検査と、脳ネットワークを評価する能力に重点を置いている。Yorkの画期的なMEG技術は、さまざまな神経疾患に対する早期診断能力の向上を可能にしている。

▽UCサンディエゴ校について
カリフォルニア大学サンディエゴ校は、全ての人に機会を提供する学生主体、研究中心、サービス重視の公共機関である。世界の研究大学の上位15校の1つとして認識され、協力の文化によって、社会を前進させ、経済的影響力を推進する発見の口火が切られる。UCサンディエゴ校はこのほど、年間の連邦研究・開発費で全国5位になった。同校は伝統的な学術領域および、神経科学、ナノ科学、気候科学など、これらの領域を横断する分野の両方に優れている。UCサンディエゴ校の研究者は常に世界的に評価されている。研究者には、ノーベル賞やピューリッツァー賞の受賞者、全米アカデミーの会員、MacArthur Foundation(マッカーサー財団)の「天才賞」の受賞者が含まれている。

▽問い合わせ先
Tyler Lecceadone
SeyferthPR
lecceadone@seyferthpr.com

ソース:York Instruments

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。