logo

TOKAIコミュニケーションズのクラウドサービスでミラクル・リナックスのエンタープライズLinux OSを提供開始

~パートナー連携を強化し、サポートサービスの提供をはじめOSSビジネス展開を推進~

株式会社TOKAIコミュニケーションズ(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:鴇田 勝彦、以下 TOKAIコミュニケーションズ)とミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊東 達雄、以下 ミラクル・リナックス)は、TOKAIコミュニケーションズが提供する「BroadCenter クラウドプラットフォームサービス VMシリーズ(以下 CloudPlatform VM)」において、ミラクル・リナックスのエンタープライズLinux OS※1「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6」とサポートサービスの提供を開始いたします。これにより、「CloudPlatform VM」において、標準でサポート付きのLinux OSがインストールされた仮想マシンのプランを選択することができるようになり、本サービス上でLinux OSをご利用のお客様の運用コスト削減を実現いたします。

「CloudPlatform VM」は、Windows系またはLinux系のOSインストール済み仮想マシンの複数のプランをラインアップしております。これまで、Linux系のプランでは、Red Hat Enterprise Linux(以下 RHEL)※2およびCentOS※3のLinux OSに対応していましたが、RHELのライセンスはお客様とベンダー間で別途契約が必要な場合があり、また、CentOSは商用サポートが提供されていないため、トラブル発生時やセキュリティの対応が課題となっていました。

今回、ミラクル・リナックス「Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6」がラインアップに加わることで、「CloudPlatform VM」のお客様においては、商用サポート付きで安価なLinux OSを利用するという選択肢が増え、商用システムの構築がより簡単に実現できるようになります。国産メーカーならではの高品質なサポートにより、クラウド上で安心してLinux OSを利用することが可能となります。

TOKAIコミュニケーションズとミラクル・リナックスでは、パートナーとしての連携を強化し、最新バージョンのLinux OSの対応や、「BroadCenter クラウドプラットフォームサービス」上で自動構築できるテンプレートの共同開発など、今後もさまざまな協業を計画しています。これらの取組みにより、お客様が安心して利用できるクラウドの選択肢を増やし、クラウド活用を検討する企業ユーザを積極的に支援してまいります。
                                             以上

【参考】
■BroadCenter クラウドプラットフォームサービスについて
BroadCenter クラウドプラットフォームサービスは、VMwareを基盤とした IaaS型クラウドサービスで、製造業・流通業・金融業をはじめ多数の導入実績を有しています。企業ユーザ向けにさまざまな接続形態・用途に対応できる自由度を有し、お客様のご要望に応じて、TOKAIコミュニケーションズが仮想サーバの構築・変更作業を行うマネージドタイプのクラウドサービスです。
今回ミラクル・リナックスのLinux OSの提供を開始する「VMシリーズ(CloudPlatform VM)」に加え、岡山データセンター上のクラウド基盤「VRシリーズ(CloudPlatform VR)」、ベアメタルサーバによるお客様専有環境を提供する「VCシリーズ(CloudPlatform VC)」の各シリーズをラインアップし、お客様の用途に応じ、最適なクラウドサービスを提供しております。
リンク

■株式会社TOKAIコミュニケーションズについて
TOKAIコミュニケーションズは、自社で保有する光ファイバーネットワークと複数のデータセンター、さらにシステムインテグレータとして長年培った技術・ノウハウを活用した幅広いソリューションを提供しております。設計から構築、運用・保守まで、上流から下流までをワンストップで提供し、お客様のさらなるビジネス推進を多角的にサポートします。

■ミラクル・リナックス株式会社について
ミラクル・リナックスは、「日本品質」の技術およびサポートにより、オンプレミス、クラウド、組込みのあらゆる領域で活用できるエンタープライズLinux OSを提供しています。通信事業や公共、金融事業など幅広いエンタープライズ領域での採用実績に加えて、Linux OSのカーネル技術をさまざまな分野に応用し、カーナビゲーション、自動販売機、医療用端末、映像配信機器など用途別専用機器や、デジタルサイネージ用プレイヤーにも組込みLinux OSの実績を伸ばしています。さらに、オープンソースベースの企業向け統合監視ツールやバックアップソフトウェアを開発しているほか、統合運用ソフトウェアを開発し、オープンソースとしてコミュニティに公開するなど、オープンソースの活性化に向けた取組みも積極的に行っています。

※1 Linux OSは、コンピュータ用のオペレーティングシステム(OS)の一つです。
※2 Red Hat Enterprise Linux(RHEL)は、Red Hat社が開発・販売している企業向けの商用Linuxディストリビューション(OSの中核となるカーネルをはじめ、OSの動作に必要なライブラリ、ソフトウェア等をまとめたパッケージ)です。
※3 CentOSは、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)のソースコードを基にRHELとの完全互換を目指し開発されたフリー(無償)のLinuxディストリビューションです。

* MIRACLE LINUXの名称およびロゴは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社TOKAIコミュニケーションズ
エンジニアリング本部 インフラ基盤事業部 クラウドサービス部 サービス担当
TEL:0120-261-011 E-Mail:info@broadcenter.jp
URL:リンク

ミラクル・リナックス株式会社
マーケティングコミュニケーション部 担当 椎名・佐々木
TEL:03-6205-9530 E-Mail:press@miraclelinux.com
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事