logo

多彩な機能追加・機能強化を実現したクラウドサービスに最適化したセキュア高速大容量ファイル転送システム「HSFT」最新バージョン2.0、7月13日に販売開始

株式会社シミュラティオ 2016年07月13日 10時00分
From ValuePress!

株式会社シミュラティオは、Amazon Simple Storage Service(以下、Amazon S3)Transfer Acceleration対応やマルチファイル・マルチストリームなどの機能追加、複数ファイルの転送時に帯域の有効活用でさらなる高速化を図るなど機能強化を実現したセキュア高速大容量ファイル転送システム「HSFT」の最新バージョン2.0を、7月13日(水)に発売します。

株式会社シミュラティオ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:近野利信)は、多重化通信により高速でセキュアなデータ転送を可能にするクライアント・ソフトウェア「HSFT」(Huge & Secure File Transfer)に新機能を追加した最新バージョン2.0の販売を2016年7月13日(水)に開始します。

▼「HSFT」製品情報紹介ページ:リンク


■リーズナブルなコストで多重化通信によるセキュアなデータ転送がさらに高速化
弊社が提供している「HSFT」は、日々成長するクラウドサービスと急速に増大するデータ量に対処するため、独自のマルチストリーム並列処理をベースに転送コストの低減を図り、最大で34倍の高速化を実現しました。既存プロトコルとクライアントソフトのインストールのみで利用を開始できるため、低価格での導入が可能です。

最新バージョンとして、マルチファイル・マルチストリーム機能を追加し、帯域の有効活用で複数ファイル転送時の速度低下を解決しました。また、Amazon S3 Accelerationへ対応することで、さらなる高速化を実現しました。

シミュラティオは今後とも、シミュレーション研究・開発で培ったシミュレーション技術を活用し、お客さまのビジネス支援と発展に貢献してまいります。


■「HSFT」バージョン2.0で追加された新機能
1. マルチファイル・マルチストリーム機能の追加
複数ファイル転送時、指定したストリーム数を上限に並列にファイルを転送します。さらに、マルチストリーム転送時に単一ファイルごとに転送するのではなく、複数ファイルをチャンク単位にまたがって並列に転送することができます。この結果、むだな待機ストリームを作らず、複数ファイルを高速で転送することができます。
通常のSFTPコマンドとHSFTを使用し、Amazon Elastic Compute Cloud(以下、Amazon EC2)東京リージョンからAmazon EC2 北カリフォルニアリージョンへ100KBのファイルを5,000個転送する評価実験において、HSFTによる40ストリーム転送は、SFTPよりアップロード時に約34倍(約34分を1分に短縮)、ダウンロード時に約6倍(約51分を約8分に短縮)の高速化を実現しました。

2. Amazon S3 Transfer Acceleration対応
アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)のエッジロケーションとネットワークプロトコルを最適化し、転送速度を高速化することが可能なAmazon S3 Transfer Accelerationに対応しました。Amazon S3 Transfer Accelerationを使用することで、AWSの提供するオフィシャルコマンドツール AWS CLIと同等に、国をまたいで大容量のオブジェクトを転送する場合、環境に応じて50~500%の転送速度改善が可能です。


■「HSFT」導入メリットのあるお客さま
1. 研究機関
HPC分野でのマテリアルズ・インフォマティクスや流体解析などにおける各種解析
データのダウンロード、インプットデータのアップロード
各店舗からのデータのクラウドへのアップロード
2. 製造業界
3D CADデータのクラウドへのアップロード、ダウンロード
3. メディア関係
4K対応映像データの長距離転送
4. IoT関連
各センサー情報からのデータをゲートウェイに集積し、バッチ処理でクラウドへアップロード
5. ビッグデータ関連
オンプレミス・データのクラウドへのアップロード


■「HSFT」のトライアルバージョンをウェブサイト上で公開中
シミュラティオでは、最新バージョンの「HSFT」の機能や性能を体感していただける製品トライアルサイトを設けています。

▼ 「HSFT」製品トライアルサイト: リンク


※商標について
アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Service、AWS、Amazon EC2、Amazon S3およびAmazon Web Serviceロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。


【株式会社シミュラティオについて】
本社:〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜1-14-20 光正第2ビル2F
代表者:代表取締役社長 近野利信
設立:2005年4月
電話番号:045-264-9582(代表)
URL:リンク
事業内容:分子化学分野における各種シミュレーション向けソフトウェアの受託開発、アルゴリズム研究、人工知能システムの開発など

【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:株式会社シミュラティオ
担当者名:広報担当 滝田
TEL:045-264-9582
Email: takita@simulatio.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事