logo

SoundCloud上の曲をアナログレコードに!

トウキョウ・デジタルミュージック・シンジケイツ株式会社 2016年07月13日 13時20分
From PR TIMES

音楽ファンの願いをアーティストに届けて実現させるウェブサービス「Vinylize.it」が7月13日にリリース!

音楽WEBサービスを企画・運営するトウキョウ・テ゛シ゛タルミューシ゛ック・シンシ゛ケイツ株式会社(代表: Bae Yong-Bo 本社: 東京都渋谷区、以下「TDMS」)は、ドイツ発の音楽配信共有サイトSoundCloud(サウンドクラウド)を通してファンがアーティストへ楽曲のアナログレコード化を提案できる音楽ウェブサービス「Vinylize.it(バイナライズ・イット )」を2016年7月13日(水)にリリースいたします。



[画像: リンク ]


【サービスの概要】
Vinylize.itとは、ファンとアーティストの想いをつなぐオンデマンド音楽ウェブサービスです。ファンが音楽配信サイトSoundCloudで出会ったお気に入りの曲を「アナログレコードで欲しい!」と思った時、その気持ちをすぐにバーチャル上へとアウトプットすることができます。Vinylize.itでは、選曲からデザインまでファンが思い思いのレコードをビジュアルイメージ化させ、友人や他の音楽ファンたちとの共有を楽しみながら、同時にアーティストへもその想いをイメージと共に伝えることができます。

現在、SoundCloud上には1億をも超える楽曲が無料でストリーミング配信されていますが、その多くのフレッシュな楽曲は製品化されることなくストリーミングのみで消費されています。ファンがSoundCloud上で「この曲をレコードで聞きたいな」と思ってもそれがどうやったら反映されるのかわからなかったり、そのまま大量にアップロードされてくる他の楽曲に埋もれてしまったり、衝動をすぐに行動に起こせないことによってファンとアーティスト共にせっかくのチャンスを逃すことになってしまっています。そこでVinylize.itは、SoundCloudが公開しているAPIを利用して簡単かつ気軽な選曲ツールの作成を実現し、「レコードが欲しい!」という思いをすぐに反映させることができます。こうして、ファンの存在と購入意欲をアーティストにメッセージで伝えることで互いを繋ぎ、レコードの製品化と実際の販売へと促進させるオンデマンドな発想の新しいサービスが生まれました。

【サービスの流れ】


SoundCloudアカウントと連携し、レコードとして欲しいと思うお気に入りの曲を選ぶ
選んだ曲がバーチャルなレコードのイメージとしてサイト画面上に反映される
レコードの色やデザインをカスタマイズし、それを保存することによって「Want(欲しい!)」という意思表示を公開
シェア機能を活用して、自分がWantしたレコードのアイデア支援を募る
アーティストはファンやVinylize.itから自分の曲がWantされたことをメッセージにて受け取る



ファンであるユーザーは、まずVinylize.it上で自身のSoundCloudアカウントに接続し、両サービスのアカウントを連携させます。(SoundCloud未登録の場合は、まずSoundCloudアカウントの作成が必要となります)。連携ログイン後は、SoundCloudでLikeしているトラックリストやプレイリスト、そして楽曲の検索結果からレコードとして収録したい曲を選択します。曲数は1曲もしくは複数のトラックを選択でき、ファン作成によるオリジナルのアルバムやコンピレーション企画を形にすることができます。選曲後、その曲のアートワークが自動的にアルバムジャケットとして読み込まれ、たちまちバーチャルなレコード製品が表示されます。レコードのアートワークやデザイン仕様も自由にカスタマイズすることが可能で、完成後は作成したページを保存しSNSなどを通して拡散シェアすることができます。また、Vinylize.it上に公開されたページは、誰でも応援することができます。ページ上に表示される「欲しい!」という意味のWantボタン押したり、コメントを残したりすることで、よりレコード製作の活性化を促すことができます。

アーティストに対しては、ユーザー自身がSoundCloudのメッセージ機能を通じてWantの気持ちを伝える仕様になっていますが、Wantが一定数を超えたアイデアについてはVinylize.itからアーティスト自身にメッセージを送り、アイデア記載のページをお知らせします。そして、アーティストが実際にレコードをプレス製造し販売したいと思った場合、作成されているそのアイデアを元に、TDMSが別途運営するレコードプレス製造・販売サービス QRATESを通してレコードのプレス製造注文及び販売、もしくはクラウンドファンディグによるキャンペーンを展開することが簡単にできます。実際の販売時や予約・キャンペーン開催時には、Vinylize.itにてWantをしているファンに対し、アーティストからお知らせのメッセージを送ることができるので、直接の販売につなげることも可能です。

【サービスについて】
Vinylize.itでは、アナログレコード文化の活生化のためにSoundCloudを利用するアーティストと音楽ファンに注目し、互いの要望を繋げる役割になることを目的としています。SoundCloud上での”Like”と”Repost”といったファンとアーティストの関係性に対しもっと具体的で有益な結果を導けるよう、双方のより豊かな音楽環境をサポートします。ファンが本サービスを通して作成したレコードアイディアは、SNSシェアなどによって拡散、Wantボタン機能を設けることによって他のファンも応援ができるようオープンな仕組みとなっており、楽曲のレコード製品化をより一層促します。

一方、アーティストは、SoundCloudのメッセージボックスに届いたファンからのメッセージを通して楽曲のレコード化が望まれていることを知り、ファンのアイディアページにて表示されるWant数やコメント内容を通して、レコード化の需要を可視することができます。需要の目安がわかることによって、より具体的かつ効率的なレコード販売のビジネスを考えることに繋げられます。


【サービスの特徴】
・「SoundCloud上のお気に入りの曲を、ファンがアーティストへ、レコード製品化のアイディアを提案」
レコードに収録したい楽曲をSoundCloudから自由にセレクト。色々なアーティストや楽曲を盛り込んだコンピレーション・アルバムの作成も可能。

・「レコード製品化への需要を確認」
Vinylize.itページにて表示されるWant数やコメントなど、ファンからの反応を見てアーティストがレコード化した場合の成功度を測ることが可能。

・「アナログレコードをもっと気軽に」
レコードを実際に製品化するサービスQRATESを利用し、ファンとアーティストの要望を具現化


TDMSは、音楽ファンにはお気に入りの楽曲をレコードで聞く楽しさを、 アーティストには気軽かつリスクを抑えてレコードのプレス製造及び販売を提案できる場所を提供することにより、 音楽業界の活性化及びより多くの方の幸せに貢献できるよう努めてまいります。

------

Vinylize.itとは?
Vinylize.it(バイナライズ・イット)は、ファンとアーティストの想いをつなぐオンデマンド音楽ウェブサービスです。SoundCloud上にアップロードされている楽曲を対象に、ファンがVinylize.it上のレコードアイディア作成機能を使用し、アーティストに対し楽曲のレコード製品化を提案することができます。提案を受けたアーティストは、ファンが作成したアイディアページから需要の状況を確認し、楽曲のレコード化の成功度を測ることができます。そして、アーティストが実際にレコードを作ろうとなった場合、アイディアを素にレコードを実際に製品化するサービスQRATESを利用して、より簡単かつ気軽にレコード制作をスタートさせることができます。

Vinylize.itのアクセス方法
URL: vinylize.it

QRATESとは?
QRATES(クレイツ)は、レコート゛販売とテ゛シ゛タル配信を融合させた音楽プラットフォームて゛す。タ゛ウンロート゛やストリーミングなと゛高度なデジタルソリューションを組み合わせアーティストに最適なレコードとデジタルの販売とそのプロモーションを提供します。またファンから事前にプレス資金を集める独自の「ファンディングシステム」を搭載し、アーティストか゛初期コストやリスクを持たす゛に、100枚から一枚単位て゛気軽に高品質なレコードのプレスをオーダーて゛きるユニークなシステムを実現。デザインからプレスオーダー、そして販売まて゛ワンストップて゛アーティストやレーベル自身か゛レコードビジネスをコントロールて゛きます。

QRATESのアクセス方法
URL: qrates.com

運営会社の概要
会社名:トウキョウ・テ゛シ゛タルミューシ゛ック・シンシ゛ケイツ株式会社
所在地: 151-0064 東京都渋谷区上原1-17-3 アピカ代々木上原105
URL: www.tdms.jp
設立年: 2007年1月
資本金: 1億2500万円
代表取締役: Bae Yong-Bo 事業内容:インターネット音楽配信事業(およひ゛周辺事業)、音楽コンテンツやイヘ゛ントを利用したフ゛ランテ゛ィンク゛・フ゜ロモーション事業

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。