logo

テクロコ、ネット広告の運用管理プラットフォーム「ATOM」で、テクノロジーによるネット広告の自動運用システムの提供を開始

株式会社オプトホールディング 2016年07月13日 10時33分
From PR TIMES

中小・ベンチャー企業のデジタルマーケティング支援を行う株式会社テクロコ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:林 康頼、以下テクロコ)は、ネット広告の運用管理プラットフォーム「ATOM(アトム)」において、リスティング広告(検索連動型広告)やディスプレイ広告の自動運用システムを7月13日にリリースしました。



[画像: リンク ]



ATOMサービスサイト:リンク


【ATOM 自動運用システムの特徴】
1. 多様な自動入札方針
・コンバージョン(成果)数最大化:広告予算内でのコンバージョン数を最大化します。
・CPA(Cost Per Action)最適化 :設定された上限CPA内でコンバージョン数を最適化します。
・クリック数最大化       :広告予算内でのクリック数を最大化します。
・CPC(Cost Per Click)最適化 :設定された上限CPC内でクリック数を最適化します。
・広告予算最適化        :広告予算の利用率を最適化し、予算超過、不足をなくします。

2. 広告予算の自動配分
自動入札方針を最適化するために、リスティング広告(検索連動型広告)やディスプレイ広告など複数の広告媒体に広告予算を自動で振り分けます。これにより、常に成果が最適化される予算配分が可能になります。

3. 少額の広告予算でも自動入札が可能
広告予算の大きい広告主向けの自動入札システムは多数存在しますが、ATOMの自動入札システムは、広告予算が少ない広告主でも翌日から自動入札を稼働させることが可能です。


「ATOM」は、今後も広告運用の自動化機能を順次リリースしていきます。また、人工知能を活用した自動入札アルゴリズムへのチャレンジを進め、ネット広告の運用管理プラットフォームとして進化してきます。


【ATOM その他の機能】
■ 進捗管理機能
異なる媒体の日次進捗を一覧で確認する機能です。日々の進捗チェックのために媒体管理画面に入る手間を削減します。媒体管理画面で取得できる数値以外にも、代理店手数料を含めた利用金額や月末着地予想など進捗管理に欠かせない指標も自動計算されます。また、指標のレイアウトや一覧に含めるアカウントなどを自由にカスタマイズすることができます。

■ レポート機能
Excelファイル形式のレポートを出力する機能です。レポートフォーマットを自由にカスタマイズできるので、現在利用しているレポートも出力することができます。また、月次、週次の定期出力にも対応しているので、必要な時に自動でレポートが生成されます。

※ATOM定型レポートもご用意しております。

■ アラート機能
日々の進捗遅延や予算超過、突発的な指標変化に対する各種アラートを設定することができます。数値確認工数の削減やミスの発生率低減を図ることができます。


※記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。


■ 株式会社テクロコについて
会 社 名 : 株式会社テクロコ
所 在 地 : 東京都千代田区神田駿河台三丁目4番地 龍名館本店ビル4階
代 表 者 : 林 康頼
設 立 日 : 2013年4月2日
事業内容: 中堅・中小企業および成長企業向けマーケティングテクノロジーの提供
URL  : リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事