logo

Hunter Ultrasonicsがクリーンなディーゼルエンジン・フィルターへのより良い道筋を紹介

Hunter Ultrasonics 2016年07月13日 10時08分
From 共同通信PRワイヤー

Hunter Ultrasonicsがクリーンなディーゼルエンジン・フィルターへのより良い道筋を紹介

AsiaNet 64978(0816)

【トロント(カナダ)2016年7月13日PR Newswire=共同通信JBN】
*現行の政府規制が炭素排出削減に失敗する3つの理由

2015年のパリ協定の広範なガイドラインからノンロード車両への義務付けに至るまでの規制は、全て温室効果ガス排出の削減を目的としてきた。

Photo - リンク

Logo - リンク

しかし、Hunter Ultrasonicsの創業者兼最高経営責任者(CEO)であるケン・ハンター氏が最近の論文で指摘したように、汚染を削減する手段は、エンジンフィルターの洗浄を通じ、このプロセスの主要部分であるレギュラーを除外することである。

詳しい情報は「Ultrasonic Cleaning - the Green Way to Clean Diesel Particulate Filters」(超音波洗浄-クリーンなディーゼル排気微粒子除去フィルターへのグリーンウエー)(リンク )を参照。

ディーセル車両の所有者、運転者、製造業者は、全てのディーゼルエンジンについてディーゼル排気微粒子除去フィルター(DPF)を要求することだけでなく、全ての今後の基準の中でこれらのフィルターの適切な保守と洗浄に関するガイダンスを提供することについても、世界中の政府に要望すべきである。

これは、輸送に関係する炭素排出削減の目標が満たされるようにするための諸要素の不可欠な部分である。

詰まったDPFフィルターを洗浄するためのますますよく見られる方法である能動的再生は、以下の理由により効率的ではない。

*高温で微粒子を燃焼させ、これによって汚染物質を大気中に戻し、そもそもフィルターの使用目的を損う

*稼働停止時間の増加と生産性の損失につながるとともに、エンジンは同プロセスの間、使用できなくなる

*燃料の使用量とコストを増加させる

先を見越した洗浄ガイドラインと超音波洗浄のような有害性の低い方法でなければ、汚染は増え続けるだけである。

超音波洗浄処理、そして、それがどれだけDPFの保守費を削減し、エンジン寿命を延ばし、効率性改善を通じて燃料費を低減できるかについての詳しい情報は、リンク を参照。

ソース:Hunter Ultrasonics

▽問い合わせ先
Ken Hunter
Founder and CEO, Hunter Ultrasonics
416-605- 7547
ken@hunterultrasonics.com
www.hunterultrasonics.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。