logo

グローバル企業の知財部長たちが注目するITIPの効率良いリーガル・オペ(Legal Ops)

ITIP ProFiciency,LLC 2016年07月13日 08時30分
From PR TIMES

知財部のコストマネジメントもグローバル企業のビジネス戦略である

ACPC会合では、リーガルオペレーション(以下「リーガルオペ」)というトピックが企業知財部の弁理士達の間で注目された。特にハイライトされたのは、知財ライフサイクルの効率化を図るために必要である知財分析やベンチマークの重要性

Michigan州 Fort Gratiot市

知財コストマネジメント及びグローバル企業向けの海外特許出願ソリューションをリードするITIPは、先月のACPC(The Association Of Corporate Patent Counsel 企業特許弁理士会)会合に出席した。 このACPC会合では、リーガルオペレーション(以下「リーガルオペ」)というトピックが企業知財部の弁理士達の間で注目された。もちろん、企業知財部での業務全体をLegalOpsと呼んでもよいのだが、特にハイライトされたのは、知財ライフサイクルの効率化を図るために必要である知財分析やベンチマークの重要性であった。

「私たちのコンセプトは多くの大企業が真剣にリーガルオペに注目し始めたことであり、ACPCの4つのセッションでもリーガルオペがトピックとして挙げられました。」とITIPのマネージングディレクターのロジャー ゴブロギーは言う。 ゴブロギーは2016年IPOで海外特許出願とコストマネジメントというコミッティの代表であるがこのように語る。「今の知財部は、従来無かったサポートモデルを必要としており、テクノロジーと分析機能を両活用することで、リーガルオペの効率性を高め、より良い予算管理や運営を行おうとしていおるのです。 ITIPのグローバル知財コストデータと信頼されているIP分析力は、今の知財業界で最も確かな知財オペの効率化とコストマネジメントを達成することが出来るソリューションなのです。ITIPのソリューションを導入し、リーガルオペの効率性を上げ、コスト削減と確かなコストマネジメントを行っている、とACPC会合に参加した複数の企業知財部代表が口そろえて証言したことも、ITIPのソリューションの確かな実績を裏付けることでしょう。」と言う。

知財部を対象としたアンケート調査結果によると、ほとんどの知財部がきっちりとした統計的分析が出来ない、との回答をしており、また過半数の回答者は分析やベンチマークをするためのツール、データ、分析力や情報が知財部には無い、と回答。 さらに、多くの知財部はテクノロジーは知財部のパフォーマンスを良くすると思う、と回答する一方で、その内の少数者のみが、利用しているサービス業者は高いバリューを知財部に提供している、との残念な回答であった。

「事実としては、リーガルオペを効率化するために必要である信頼性高いツールやグローバル知財コストデータ、分析力やベンチマーク力を企業知財部が持っていないということだけでなく、実績あるソリューションへのアクセスも無いということである。」とITIPの代表取締役のトム クィンは言う。「新しいIPテクノロジー、データ、専門的知識やリソースを多くの企業は探そうとしているが、一番大切なのは、企業知財部が実質的なバリューを提供できるソリューションを見つけることです。(データやツール、専門的経験値が無い)社内のみでこれを達成することはほとんど不可能であり、だからこそ、多くのACPC参加企業知財部がITIPのソリューションを活用し、グローバルIPの効率化と抜本的なコスト削減を達成しているのです。」

ITIPソリューションに関してはITIPのHP(www.itip.com)をご参照下さい。(日本語ページあり)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事