logo

武蔵大学が「ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)」履修を確約する入試を新設 -- 特別選抜入試【PDPパスポート型】〈経済学部対象〉

武蔵大学 2016年07月13日 08時05分
From Digital PR Platform


武蔵大学(東京都練馬区/学長 山嵜哲哉)は、2015年度より経済学部生を対象に開始した「ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)」において、入学前に履修を確約する特別選抜入試【PDPパスポート型】を2017年度より新設する(試験日10月2日)。


 PDPは、日本にいながらロンドン大学の学位も取得できるプログラムで、日本初の試み。同大の多文化共生、他者理解の視点を備えた「グローバル市民」育成という教育目標のみならず、グローバル化する社会において世界標準の授業が受けられるPDPは、日本の国際教育を牽引する取り組みでもある。

◆特別選抜入試 【PDPパスポート型】
〈〈出願資格〉〉
(1)高等学校または中等教育学校を卒業した者、および2017年3月までに卒業見込みの者。
(2)PDPに参加し、両大学の学位取得を目指す人。
(3)以下のいずれかの資格を有していること。
(ただし、2014年10月以降の合格や成績に限る)
1. TOEFL(R) iBT 62点以上
2. IELTS オーバーオール・バンド・スコア5.0以上
3. TOEIC(R)および TOEIC(R)S&W 994点以上
4. 実用英語技能検定準1級以上
5. TEAP(4技能) 298点以上

〈〈ポイント〉〉
・PDPの履修を確約する入試は、この特別選抜入試【PDPパスポート型】のみ。
・専願ではないので、他大学との併願が可能。
・特別選抜入試で不合格の場合でも、指定校制推薦入学やセンター方式入試、一般方式入試に出願が可能(PDPについては4月入学時の選抜に合格すると履修を認められる)。

〈〈選考方法〉〉
一次選考:出願書類にもとづく書類審査
二次選考:10月2日(日)実施 〔1〕筆記試験=総合問題(数学に関する基礎学力および英語による表現力を評価する内容を含む)80分、〔2〕面接

〈〈募集人員〉〉
経済学部:経済学科 15人/経営学科 15人/金融学科 15人
※募集人員は、特別選抜入試の「PDPパスポート型」「課外活動重視型」「商業系資格重視型」の合計

〈〈入試日程〉〉
・試験日
2016年10月2日(日)
・出願期間
2016年8月22日(月)~8月26日(金) [消印有効]
・合否通知
2016年10月7日(金)発送
・第一次入学手続期間
2016年10月11日(火)~10月18日(火) [消印有効]
・第二次入学手続期間
2017年 2月27日(月)~ 3月13日(月) [消印有効]

〈〈求める学生像〉〉
・PDPに参加し、両大学の学位取得を目指す人。
・積極的なゼミ活動を通じ、主体的な思考力と実践力を身につける意欲を持つ人。

◆PDPとは
 「ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(略称PDP)」は、ロンドン大学と武蔵大学の授業を同大(東京・江古田キャンパス)で受講し、双方の試験に合格すれば、2つの大学の学位を得られるプログラム。通常PDPの履修者は4月の入学時に選抜を行っているが、特別選抜入試【PDPパスポート型】による入学者は入学時の選抜なく履修を確約する。ただし、PDPの履修を1年次の9月以降も継続するためには、ロンドン大学の基準(IELTS オーバーオール・バンド・スコア5.5以上、各項目で5.0以上)を2017年8月末までに満たす必要がある。

●武蔵大学
経済学部(経済学科/経営学科/金融学科)
人文学部(英語英米文化学科/ヨーロッパ文化学科/日本・東アジア文化学科)
社会学部(社会学科/メディア社会学科)

●武蔵大学公式Webサイト
 リンク

●パラレル・ディグリー・プログラム(PDP)
 リンク

▼本件に関するお問い合わせ先
 武蔵大学 広報室
 担当: 山野(やまの)・下川(しもかわ)
 〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
 TEL: 03-5984-3813
 FAX: 03-5984-3727
 E‐mail: pubg-r@mml.sec.musashi.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。