logo

TIS、エネルギー業界向けソリューション『エネLink』に新メニューを追加

TISインテックグループ 2016年07月12日 13時30分
From PR TIMES

~「マルチ課金対応」や「スマホアプリ構築」など、 電力小売事業者の競争力向上を支援 ~

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野 徹、以下 TIS)は、エネルギー業界向けソリューション『エネLink(エネリンク)』に、電力小売事業者の競争力向上支援を目的として、「マルチ課金プラットフォーム」「スマートフォンのアプリケーション構築」「モバイル営業支援システム」「分析エンジン」の4つの新たなメニューを追加することを発表します。



 「電力システム改革」による2016年4月の市場開放後、電力小売市場では新規参入の企業が増加し、個別のビジネスモデルや戦略に応じた需要家(消費者)向けの新たな料金メニューを打ち出すなどの動きがあり、事業者間の競争が激化しています。そのような環境下においては、“競争力を高めるための差別化施策と需要家へのメリットを創出する”ITサービス・ソリューションが求められています。

 そこで、TISではこれまでの営業活動の中で多かった要望をもとに、『エネLink』に電力小売事業社の競争力向上を支援する新メニューを加えました。既存メニューの基幹業務に加えて、競争力向上のための業務までサービス提供範囲を拡大することで、電力小売事業者へのIT面での支援をより充実させます。

<『エネLink』の全体像と新メニュー>
[画像1: リンク ]


 TISでは、新メニューを加えた『エネLink』を、新規および既存顧客の電力小売事業者向けにさらに拡販していき、2017年度末までに周辺開発も含めて約50億円規模の事業とすることを目指します。

■『エネLink』の新メニュー追加の背景
 2016年4月の市場開放後、国内で電力小売事業が可能な「小売電気事業者」は300社以上となり、市場競争環境は激化の一途を辿っています。
 IT投資の動向としては、市場スタートまでの時点では事業立ち上げのための「CIS(顧客管理システム)」や「需給管理システム」のニーズが多く、これらの整備が落ち着いた4月以降では、顧客との接点強化や他社との差別化要素の創出といった競争力向上の分野に課題がシフトしています。具体的には、「需要家(消費者)が求める多様な決済手段への対応」「需要家の囲い込みのための接点となるモバイルアプリの整備」「電力切替えを促進するための対面営業の効率化」「正確な需要予測や新プラン考案のための各種分析」などの領域でのIT活用が課題となっています。

 そこで、TISは『エネLink』に、「マルチ課金プラットフォーム」「スマートフォンアプリケーション構築」「モバイル営業支援システム」「分析エンジン」といった新メニューを拡充し、電力小売事業者の競争力向上を支援します。

■『エネLink』の新メニュー
 『エネLink』は、電力小売事業におけるサービス基盤となる業務システム構築をスピーディーに支援するトータルソリューションです。各メニューは、特定領域を補強するためのピンポイントな活用から、複数メニューを組み合わせた総合的な活用まで、ニーズに応じた利用が可能です。今回以下の4つを新メニューとして追加しました。

1)「エネLink Billing+(エネリンク・ビリングプラス )」
・発売開始時期:2016年7月13日
・対象業務領域:決済業務
・概要:
「エネLink Billing+」は、需要家の求める多様な決済手段に対応するためのマルチ課金プラットフォームサービスです。クレジット決済と口座振替に加え、キャリア決済やコンビニ決済、ウォレット決済など複数の決済手段を、TISインテックグループで決済データ処理および、その周辺BPO業務を得意とする株式会社アグレックスと連携して提供します。また、『エネLink』の既存メニューの「エネLink Print+」や「エネLink Portal+」と組み合わせることで、紙ベースの請求書送付やWebでの請求書発行などにも対応できます。

2)「エネLink Apps+(エネリンク・アップスプラス )」
・発売開始時期:2016年秋予定
・対象業務領域: モバイルサービス業務
・概要:
「エネLink Apps+」は、スマートフォンアプリケーションの構築基盤を提供するサービスです。本サービスで構築したアプリでは、マイページログインによる電力使用状況閲覧のほか、プッシュ通知・デマンドレスポンス※1(需要応答)通知など、スマートフォンの特性を活かした機能を提供できます。このような、需要家向け情報をリアルタイムで提供するアプリを活用して「顧客接点の強化」や「満足度向上」を実現することで、需要家の囲い込みが可能になります。また、クーポンの提供やポイント制の活用など電力事業に留まらないコンテンツ連動には、TISがこれまで培ってきたCRM領域のノウハウ・サービスを活用しての支援も可能です。

※1デマンドレスポンス(Demand Response):電力供給側からの要請によって需要家の電力消費をコントロールする「需要応答」。要請に対して需要家は、電力使用を停止する(他の時間帯に使用するようシフトする)か、使用量を控える(エアコンの温度設定を変更する)、などの対応を取ることが可能になる

3)「エネLink Sales+(エネリンク・セールスプラス )」
・発売開始時期:2016年秋予定
・対象業務領域: 営業支援
・概要:
「エネLink Sales+」は、モバイル営業活動支援ツールの構築サービスです。法人向けの営業ルートを持つ事業者や、一般家庭への対面販売を実施する企業を中心にニーズの高いモバイルツール活用をサポートします。タブレットなどのモバイルツールを活用して需要家に対し料金シミュレーションや他社電力プランとのメニュー比較などの案内が可能です。これにより、需要家のニーズ/ライフスタイルにマッチした顧客満足度の高い提案が可能になります。また、リアルタイムに最新のデータを駆使しながら、需要家ニーズにあった商品提案を行うことで、営業活動の効率化を実現します。

4)「エネLink Intelligence+(エネリンク・インテリジェンスプラス )」
・発売開始時期:2016年秋予定
・対象業務領域: データ分析に基づく需要予測・経営判断などの支援
・概要:
「エネLink Intelligence+」は、ユーザーの電力使用量や、地域・天候・SNSなど多様なデータの分析エンジンを提供するサービスです。これらの収集・蓄積したデータを分析することで、需要家向けには「電力使用量に応じた節電アドバイスなどのパーソナライズされた料金プラン」などの提供でき、差別化施策と電力需要家へのメリットの創出が可能になります。また、事業者側では、電力の需要予測の正確性向上によるコスト削減や、経営判断の材料、経営層・販売パートナー向けレポーティング業務の効率化などに情報を活用することが可能になります。

<4つの新メニューの概要>

[画像2: リンク ]



『エネLink』シリーズのソリューション詳細は以下URLをご参照ください。
リンク


TIS株式会社について
TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。リンク

TISインテックグループについて
TISインテックグループは、2016年7月1日にITホールディングスグループからTISインテックグループに生まれ変わりました。グループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。


※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。


◆本サービスに関するお問い合わせ先
TIS株式会社 産業事業本部 エネルギービジネス事業部
エネルギービジネス企画営業部 エネLink担当
TEL:03-5337-4544 E-mail:energy-sales@ml.tis.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事