logo

「Listening to the day : Sounds of July 18th」プロジェクトを開催

7月18日の「World Listening Day」に、iPhoneアプリを使って、あなたの街の音を世界中でシェアしよう



 7月18日は、さまざまな音を景観として捉える「サウンドスケープ」(音の風景)という概念を提唱したカナダの現代音楽作曲家マリー・シェーファー(R. Murray Schafer)の誕生日です。そのため世界の各地では、毎年同日を「World Listening Day」として、音に関連したさまざまな催しが開催されています。
 パイオニアは、 7月18日(月)に、“東京フォノグラファーズユニオン*”とコラボレーションし、当社が提供するiPhoneアプリ「Global Sounds」を使ったプロジェクト「Listening to the day : Sounds of July 18th」を開催します。

* 環境の中の「音を聴くこと」「音を楽しむこと」をテーマに東京/横浜近辺で活動を行っている団体。
 ワールドリスニングデーを含め数多くのイベントを開催している。

「Listening to the day : Sounds of July 18th」プロジェクト概要
 「音を聴くこと」「音を楽しむこと」「音を通して世界を再発見すること」をテーマにした、誰でも参加できるプロジェクトです。iPhoneで録音・撮影した音と写真を投稿・シェアできるパイオニアのアプリ「Global Sounds」を使って、7月18日にあなたの街で聴こえる音を投稿してください。暮らしの中の音や街の音を、世界の人達とシェアしましょう。

本プロジェクトの詳細は、こちらのURLをご覧ください。
リンク

iPhoneアプリ「Global Sounds」の詳細
リンク

【関連イベント】
「ワールド リスニング デー 2016」 (主催:東京フォノグラファーズユニオン)
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。