logo

ハイセンスが世界初の4K広角レーザーテレビをパリで初公開

ハイセンス 2016年07月12日 11時38分
From 共同通信PRワイヤー

ハイセンスが世界初の4K広角レーザーテレビをパリで初公開

AsiaNet 65069(0852)

【パリ2016年7月12日PRNewswire=共同通信JBN】
各家庭で大型スクリーンテレビを持つことを可能にする費用優位性を再現

「世界は私を見ている」。世界中で多くの関心を引き付けている欧州サッカー連盟(UEFA)主催の欧州選手権、UEFA Euro 2016 の決勝戦を前に、そのスポンサーであり、売上高で中国最大のテレビメーカーであるハイセンス(Hisense)は、パリで世界初の4K広角レーザーシネマテレビを初公開するという約束を果たし、大きな関心を集めた。

Photo - リンク

大きくかつ明らかに高価なスクリーンを備えたLEDバックライトLCD(液晶ディスプレイ)テレビは現在、市場を支配している。100インチの4K LCDテレビは通常、1台当たり60万元(約9万米ドル)に価格設定されている。ハイセンスが発表したレーザーテレビは、217の特許取得済み技術、傑出した光学エンジン、高解像度レンズ、高精度の製造工程により、世界が実現していないものを実現しており、LCD TVと同等またはそれ以上の明度と彩度を実現している。さらに衝撃的なことに、ハイセンスのテレビは1台当たりわずか1万米ドル余りに価格設定されている。同じ大きさのスクリーンを持つLCD TVの販売価格の10分の1である。日本を拠点とするソニーが先に発表した4K LCOSレーザー・プロジェクターは1台当たり5万米ドルに価格設定されている。

ハイセンス・グループのグローバル担当副社長、リン・ラン氏はスピーチで「技術の究極の目標は費用優位性を再現することである」と意気込んで語った。各家庭がホームシネマを買えるようにすることは同社の夢であり、ハイセンスがテレビメーカーの中で主導的立場を担うための戦略である。その夢が実現すれば、ハイセンスは世界のカラーTV市場で誰もが認めるリーダーになると期待している。

Jiang Shan
+86-532-8087-8024
jiangshan5@hisense.com

ソース:Hisense

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。