logo

ソーラーフロンティア、米カリフォルニアで合計107 MWの太陽光発電所を建設


【米カリフォルニア州 – 2016年7月12日】- ソーラーフロンティア株式会社(代表取締役社長:平野敦彦、本社:東京都港区台場2-3-2、以下:ソーラーフロンティア)は、米国カリフォルニア州インペリアル郡において合計107MWの大規模太陽光発電プロジェクトの建設を開始しましたのでお知らせします。107MWの内訳は、67MW規模の「ミッドウェイIプロジェクト」と40MW規模の「ミッドウェイIIプロジェクト」で、前者はPacific Gas & Electric社との間で、後者はImperial Irrigation District社との間で電力購入契約(PPA)を締結しています。

これらのプロジェクトは、ソーラーフロンティア・アメリカズ子会社のソーラーフロンティア・アメリカズ・ディベロップメントが進めており、経験豊かな専門チームが各プロジェクトのスムーズな遂行を管理しています。ソーラーフロンティア・アメリカズ・ディベロップメントは、2015年4月にGestamp North America社から合計280MWの太陽光発電所開発案件群を取得しており、ミッドウェイIおよびミッドウェイIIはこれらの案件群の一部です。なお、EPC(設計・調達・建設)サービスはBlattner Energy社が、インバーターはPower Electronics社が、またソーラートラッカー(太陽光追尾装置)はNEXTtracker社が提供します。

ソーラーフロンティア・アメリカズ・ディベロップメントのCEOであるチャールズ・ピメンテルは、次のように述べています。「当社は現在、米国において400 MWを超える太陽光発電所開発案件群を保有しており、信頼性および経済性の高いサービスを提供する企業としての地位を確立しました。」

インペリアル郡第4地区(※)を担当する管理委員会のライアン・ケリー氏は、「ソーラーフロンティアの太陽光発電プロジェクトは、地元住民の雇用を促進し、地域経済に貢献します。」と述べています。

ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池モジュールは、シリコン系と比較して、実際の設置環境下において高い実発電量を実現しており、投資家やプロジェクトディベロッパーから着目されています。ソーラーフロンティアは今後とも、世界中のお客様に快適でクリーンな暮らしをお届けしてまいります。

※インペリアル郡は5区に分かれており、ソーラーフロンティアの2案件が所在するのは第4区。

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事