logo

A.I.(ディープラーニング)サービスの提供を開始

株式会社JSOL 2016年07月11日 14時00分
From PR TIMES

株式会社JSOL(代表取締役社長:中村 充孝、以下「JSOL」)は、 Google Cloud Platform を活用した、A.I.(ディープラーニング)サービスの提供を開始します。
ユーザーは資産を所有することなく、高速な分散並列処理装置を使用することが可能となり、機械学習の専門家でなくてもディープラーニングを利用した業務の開発や改善を図ることができます。

現在、業種・分野を問わず、産業界ではディープラーニングへの関心が急速に高まってきていますが、その利用には、大きく2つの課題があります。
一つは、技術面の課題です。
ディープラーニングを利用した業務の開発や改善を検討したい企業は少なくありませんが、実際には、使いこなせる人材が限られており、利用までに至らないケースがあります。
そして、もう一つの大きな課題は、「費用対効果」が予測できないということです。
効果を追求しようとすると、データは肥大化し、システムへの性能要求が高まり、コストが莫大なものになってしまうケースがあります。

これらの課題を解決して、ディープラーニングを普及させるために、JSOLでは Google Cloud Platform を活用した高速分散処理(2015/11/30ニュースリリース参照)やディープラーニングの業務適用に向けた実証実験(研究開発)を進めてきました。

JSOLが提供するサービスにより、ユーザーは専門知識を必要とすることなく、研究開発や業務課題の分析に最新のA.I. (ディープラーニング)技術を活用することができます。

JSOLでは、本サービスを通じて、お客様の課題解決を支援していくとともに、各業界・分野の発展に貢献していきます。


■株式会社JSOL
リンク
所在地 : 東京都中央区晴海2-5-24 晴海センタービル
代表者 : 代表取締役社長 : 中村 充孝
資本金 : 50億円
株主 : 株式会社NTTデータ、株式会社日本総合研究所
設立 : 2006年7月
事業内容 : 株式会社JSOLは、プロセス系製造業を中心としたERPの導入に代表される業務ソリューション分野において、ITコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、製造・流通・サービス・金融・公共などさまざまな業種のお客様のIT投資効果最大化に貢献するトータル・サービス・プロバイダーです。
2009年1月、NTTデータとの業務・資本提携により、社名を株式会社JSOLに変更すると共に、NTTデータグループおよび三井住友フィナンシャルグループの一員として、より幅広いニーズにお応えできるサービス・パートナーとして進化を遂げました。

以   上


※本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
※本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事