logo

シェアリングエコノミー型ネット運送・配送サービス『ハコベル』が「時間貸切便サービス」を開始!

事前に配送先住所が決まっていなくても予約可能なので、指定の日時に車両だけ先に確保したいというニーズにも対応。

ラクスル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:松本恭攝)は、ネット運送・配送サービス『ハコベル-hacobell-』(以下:ハコベル)で、2016年7月8日(金)より新たに「時間貸切便サービス」を開始いたしました。



[画像1: リンク ]



今回新たに始まった「時間貸切便サービス」は最低3時間から、カーゴ便・軽トラックは1時間単位、2t車以上は3時間単位で車両を貸し切ることができるサービスです。イベント配送などで納品順番待ち時間が読めない配送案件でも、このサービスであれば待機料金の追加といった待ち時間に関するトラブルなどもなく安心してご利用いただけます。また、複数箇所に配送があるルート配送の場合、既存の「経由地追加機能」を使って1箇所ずつ住所打ち込む手間を省き、より便利にお手配いただけます。

[画像2: リンク ]

さらに、「時間貸切便サービス」では、これまで予約時に必須であった配送先の詳細な住所も不要。貸切時間内であればどこにでも配送対応できるので、配送当日までに配送先が確定していればよく、指定の日時に車両だけを先に確保したいというニーズにも応えられるようになりました。

ハコベルは、今後もサービス改善・機能改善に努めながら配送の新たなニーズを取り込んでまいります。


【ハコベルとは】パソコンやスマホから最適なドライバーをマッチングして、荷物の配送予約から支払までを行えるネット運送・配送サービスです。本サービスでは、インターネットを使って各運送会社の非稼動時間を有効活用し、低価格な運配送の仕組みを実現。サービス利用後には利用者がドライバーを評価する仕組みを設け、優良ドライバーのみをネットワークすることで、高品質のサービスを提供しています。
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事