logo

OKI、「AEC-Q100規格」準拠の信頼性試験を強化

OKI 2016年07月11日 11時00分
From PR TIMES

車載用LSIのパワー温度サイクル試験の設備を増強



[画像: リンク ]

OKIグループの信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリング(社長:柴田 康典、本社:東京都練馬区、以下OEG)は、このたび、パワー温度サイクル試験設備を増設し、車載用LSIの信頼性試験基準である「AEC-Q100規格」(注1)に準拠した試験を強化しました。これによりLSIメーカーの車載関連商品の開発に寄与します。

「AEC-Q100規格」が多くの自動車メーカーに採用されているため、自動車分野に進出する半導体メーカーは同規格に対応する製品を増やしています。しかし、それに伴って自社の試験設備や技術者が不足することから、試験を外部委託するケースも増えています。OEGは従来から同規格対応の試験サービスを提供してきましたが、今回は特に要望の多い「パワー温度サイクル試験」の設備を増強しました。

また、パワー温度サイクル試験にはLSIを断続動作させる試験治具が必要ですが、製品ごとに用意せねばならず、それがLSIメーカーにとって試験実施の障壁になっています。OEGでは試験治具の設計、製作も含めてワンストップで試験サービスを提供し、お客様のニーズにスピーディーに対応します。

車載用半導体は今後、各メーカーによりますます多品種が製造されると見込まれ、試験の需要も高まると予想されます。OEGは引き続きAEC-Q100試験の実施対応力を強化し、車載品の設計、開発、製造を支援していきます。

特長
・パワー温度サイクル試験を含め多項目のAEC-Q100試験を実施可能
・試験実施をはじめとした、試料の動作治具設計開発、試験実施までワンストップで対応
・信頼性試験で故障が発生した場合、故障解析を実施し改善ポイントを提案

販売計画
標準価格:個別見積り
販売目標:年間2500万円以上
サービス提供開始時期:2016年7月11日

リリース関連リンク
「AEC-Q100試験」紹介サイト
リンク

用語解説
注1:AEC-Q100規格
米国の大手自動車メーカーと電子部品メーカーが集まって作られた車載用電子部品信頼性の規格化のための団体AEC(Automotive Electronics Council)により制定された集積回路の信頼性試験基準。法的な強制力はないものの事実上、自動車メーカー各社の採用基準になっている。



沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
沖エンジニアリング株式会社は、通称をOKIエンジニアリングとします。
その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIエンジニアリング デバイス評価事業部
電話:03-5920-2366
お問い合わせフォーム
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。