logo

アプリ市場分析サービス「App Ape Analytics」、他社アプリの課金額が把握可能に

FULLER株式会社 2016年07月08日 16時15分
From PR TIMES

投資・アライアンス・事業戦略などの意思決定が、確実且つ迅速に

FULLER株式会社(本社:千葉県柏市、代表取締役:櫻井 裕基)は、アプリ開発者及びアプリパブリッシャー向けのアプリ市場分析サービス「App Ape Analytics」にて、売上データが分析可能な新機能「セールス」の提供を開始したことをお知らせいたします。



[画像1: リンク ]

FULLER株式会社(本社:千葉県柏市、代表取締役:櫻井 裕基)は、アプリ開発者及びアプリパブリッシャー向けのアプリ市場分析サービス「App Ape Analytics」にて、売上データが分析可能な新機能「セールス」の提供を開始したことをお知らせいたします。

当社では、著しい成長を続けているアプリ市場において、アプリ開発者やアプリパブリッシャーのビジネス円滑化と効率化を支援するため、市場のアプリ利用動向を分析できるアプリ市場分析サービス「App Ape Analytics」を提供してまいりました。これまで、主にアプリ関連企業のマーケターやプランナーの方々に、市場調査や競合調査に活用いただいてまいりましたが、このたび、更なるサービス充実化の一環として、新たにアプリ関連企業の経営層向けに売上データが分析可能な新機能「セールス」を追加いたしました。

このたびの「セールス」機能提供によって、「App Ape Analytics」では、アプリごとのアクティブユーザー数、ユーザー属性、同時所持などに加え、売上が閲覧可能になり、ARPU(ユーザー1人当たりの収益、以下ARPU)などの分析ができるようになりました。これにより、収益面でベンチマークするべきアプリの選定や、ARPUが高いアプリのユーザー層の把握といった、より多角的な市場分析ができ、アプリ関連企業の経営層のM&Aを含む投資、アライアンス、事業戦略などの意思決定が確実且つ迅速に行えるようになりました。

「セールス機能」では、主に以下のデータをご覧いただけます。
・iOSアプリのMAU(月間アクティブユーザー)、DAU(日間アクティブユーザー)、Revenue(収益情報)

・AndroidアプリのMAU、DAU、Revenue (収益情報)

今後も「App Ape Analytics」では、アプリビジネスの円滑化と効率化の支援ため、アプリ開発やアプリパブリッシャーの皆さまに対して幅広い支援ができるよう、更なるサービスの充実化を図って参ります。

■ 参考画像
[画像2: リンク ]

「App Ape Analytics」セールス機能参考イメージ


【App Ape Analyticsについて】
「App Ape Analytics」は、当社が提供するスマホアプリ市場分析サービスです。数万以上のサンプル数を集計した統計データをもとに、国内外のAndroidとiOSアプリの利用動向や収益などが分析可能で、市場のトレンド把握や競合調査、アプリのマーケティングや広告出稿の最適化などに活用いただけます。これまでに、アプリ開発者及びアプリパブリッシャーを中心に、5,000以上のお客様にご利用いただいております。
URL:リンク

【会社概要】
会社名: FULLER株式会社
住所: 千葉県柏市若柴178 - 4 柏の葉キャンパス148 - 2 KOIL
代表: 代表取締役 櫻井 裕基
設立日: 2011年11月15日
事業内容: スマートフォン端末の利用動向調査サービスの開発、運営
スマートフォン向けアプリ開発、運営
URL: リンク
Facebook:リンク

FULLERは、スマートフォン市場において、アプリを提供する開発者、企業様を支援する、顧客数5,000人以上の国内No.1アプリ分析プラットフォーム「App Ape」や、利用者の快適なスマートフォンライフを支援する累計ダウンロード数100万超の「ぼく、スマホ」、「スマホスピタル」などの端末管理アプリを国内及びアジアで展開しています。




プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。