logo

小幡和輝「和歌山リア10プロジェクト『#和歌山の10代投票率を日本一にしよう』」を発表

株式会社 QREATOR AGENT 2016年07月07日 17時00分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]

QREATOR AGENT(本社:東京都港区南青山3-2-2 代表取締役:佐藤詳悟 以下、QA)のQREATOR[クリエーター]であり、和歌山大学観光学部3年の小幡和輝は、日本初となる18歳から参加できる7月10日の国政選挙で「和歌山の10代投票率を日本一にする」プロジェクトを始動。
10代の投票率が上がることで若者に特化した政策が増えれば、自分たちの生活がリア充(10)になるということで「リア10プロジェクト」と名付けたプロジェクト。
プロジェクトの参加方法は、投票後に「#和歌山の10代投票率を日本一にしよう」をつけてつぶやくだけ。
また、投票率を上げるための啓発ポスターを37種類+オリジナルのポスターが作れる白紙のポスターテンプレートを作成し、Twitter等のSNSに投稿中。

和歌山の「ワカ」は、若者の「ワカ」だ。2016年夏、和歌山の10代投票率を日本一にしよう。と声を上げ活動している。


[画像2: リンク ]

 小幡和輝 プロフィール
1994年生まれ。10年近く不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームをして過ごしていた。中学校を卒業後、和歌山県立耐久高校定時制に入学。2013年2月にイベント制作会社和ーなごみを起業し高校生社長となり、3月には日本初となる高校生だけで経営するカフェ「ESPOIR」を設立。4月より和歌山大学観光学部に進学。2015年には世界的な学生起業家のプレゼンテーションアワードであるGSEA(Global Student EntrepreneurAwards)で日本予選・アジア予選を通過。ワシントンD.Cで開催された世界大会に日本代表として出場した。自身の経験を話すことで「一歩踏み出す勇気。」を伝えるため、全国各地の学校やイベントでの講演活動やメディア出演も精力的に行っている。
リンク



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。