logo

【トラベルコちゃん】2016年6月の海外ツアー検索人気ランキングを発表!EU離脱のイギリスは…順位は上昇・価格は下降!

約300社の旅行会社が多彩な旅行プランを掲載中の『トラベルコちゃん』(リンク)を運営する株式会社オープンドア(東京都港区・代表取締役社長 関根大介)は、本サイトにおける2016年6月の海外ツアー検索人気ランキングTOP20及び人気急上昇の旅行先を発表いたします。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トラベルコちゃん 海外ツアー
リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ トラベルコちゃん海外ツアー 検索人気ランキングTOP20
[ 1位] ソウル (韓国)
[ 2位] グアム (グアム)
[ 3位] 台北 (台湾)
[ 4位] ホノルル (ハワイ)
[ 5位] バリ島 (インドネシア)
[ 6位] バンコク (タイ)
[ 7位] セブ (フィリピン)
[ 8位] 香港 (香港)
[ 9位] シンガポール (シンガポール)
[10位] プーケット (タイ)
[11位] サイパン (サイパン)
[12位] ダナン (ベトナム)
[13位] ニューヨーク (アメリカ)
[14位] ホーチミン (ベトナム)
[15位] 釜山 (韓国)
[16位] ケアンズ (オーストラリア)
[17位] パリ (フランス)
[18位] ロンドン (イギリス)
[19位] ラスベガス (アメリカ)
[20位] ロサンゼルス (アメリカ)
※2016年6月1日~30日にトラベルコちゃん海外ツアーの行き先として検索された回数を基に集計。


18位のロンドンは、前年同月15位よりは順位を下げているものの、2015年11月の19位を最後にTOP20から遠ざかっており、7か月ぶりのランクインとなりました。イギリスのEU離脱に関する国民投票が要因と考えられますが、投票結果が報道された日に一時的に検索数が急上昇したものの、その前後は極端に検索数が多い状態が続いていたわけではないため、6月に入りEU離脱に関連する報道が増えたことにより、ツアー価格への影響を確認しようと検索していたユーザが多かったものと推測されます。

また、2015年6月の海外ツアー検索人気ランキングと比較した人気急上昇の旅行先は下記の通りです。前年同月29位から15位に上昇した釜山、同133位から88位となったポートランドは、いずれもトラベルコちゃん海外旅行特集で紹介した都市。最近、急上昇ランキングの常連となっているマルタ島は、7月に掲載予定の特集のためにトラベルコちゃんスタッフが取材で撮影したスポットの写真をFacebookやTwitter、インスタグラムにアップしたところ、検索数もアップしました。


◆ トラベルコちゃん海外ツアー 人気急上昇の旅行先
[ 29位 → 15位] 釜山 (韓国)
[ 43位 → 27位] 済州 (韓国)
[ 58位 → 37位] フーコック島 (ベトナム)
[ 56位 → 46位] ウィーン(オーストリア)
[ 60位 → 47位] 高雄(カオション) (台湾)
[ 65位 → 52位] マルタ島 (マルタ)
[ 64位 → 54位] ボラボラ島 (タヒチ)
[103位 → 62位] リスボン (ポルトガル)
[ 85位 → 64位] フランクフルト (ドイツ)
[ 84位 → 67位] マウイ島 (ハワイ)
[ 87位 → 69位] メルボルン (オーストラリア)
[100位 → 71位] イエローナイフ (カナダ)
[134位 → 74位] ウラジオストク (ロシア)
[ 97位 → 82位] ナイアガラフォールズ (カナダ)
[107位 → 86位] ピピ島 (タイ)
[133位 → 88位] ポートランド (アメリカ)
[105位 → 90位] パース (オーストラリア)
[121位 → 94位] ハバナ (キューバ)
[109位 → 95位] レダン島 (マレーシア)
※2015年・2016年6月のトラベルコちゃん海外ツアー検索人気ランキングを比較し、前年より10以上順位が上がり、100位以内にランクインしている都市。


7月以降も引き続き、トラベルコちゃん海外ツアー検索人気ランキングの発表を予定しております。


[画像1: リンク ]


[画像2: リンク ]



≪株式会社 オープンドア概要≫
代表取締役社長:関根 大介(せきね だいすけ)
創立:1997年4月21日
資本金:6億4,829万円
従業員数:137名(2016年4月現在)
インターネットコンテンツの企画運営、ソフトウェア開発を行う。旅行比較サイト「トラベルコちゃん」、多言語旅行比較サイト「Travelko」、日本の伝統工芸品紹介サイト「GALLERY JAPAN」等を運営。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。