logo

有村架純 篠原ともえ 『宇宙兄弟』サカナクションが「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」アンバサダーに就任!

KDDI株式会社 2016年07月07日 10時30分
From 共同通信PRワイヤー

2016年7月7日 

KDDI株式会社

有村架純さん、篠原 ともえさん、『宇宙兄弟』、サカナクションが
「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」アンバサダーに就任!

 KDDIは、世界初の民間による月面探査レースに挑戦する「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」をより多くの方に知ってもらい、応援していただくために、女優の有村架純さん、タレントの篠原ともえさん、アニメ化や映画化も果たした人気宇宙マンガ『宇宙兄弟』のキャラクター、人気ロックバンドのサカナクションを迎え、「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」のアンバサダーとして就任いただきました。各界で活躍するアンバサダーの力を借りて、「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」 をより一層、盛り上げていき、「夢」と「挑戦」の素晴らしさを伝えてまいります。


【「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」アンバサダー 】

有村架純さん
auの三太郎シリーズでは、月にゆかりのある「かぐや姫」役として活躍中。

篠原 ともえさん
「星空博士」の称号を持ち、宙ガールとして活躍中。『宇宙兄弟』に登場した「宙原もえ」のモデルにもなっています。

『宇宙兄弟』キャラクター
ムッタやヒビトらのキャラクターに加え、『宇宙兄弟』作者の小山宙哉さん、編集者の佐渡島庸平さん(株式会社コルク代表取締役社長)もアンバサダーとして就任。 

サカナクション
auとHAKUTOのチャレンジに共感し、応援ソングを制作中。


【『宇宙兄弟』が登場する特別ビジュアル】
『宇宙兄弟』作者の小山宙哉さんによる「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」特別ビジュアルは、WEBサイトで使ったり、宇宙初心者向けのコンテンツなど、ムッタやヒビトがアンバサダーとして活動する際には積極的に展開していきます。


【サカナクションの応援ソング】
HAKUTOのチームメンバーへの取材や、ローバー(月面探査機)の試作モデルに触れ、本チャレンジへの理解を深めながら、応援ソングの制作に取り掛かっていただいています。完成次第、あらためて発表させていただきますので、是非ご期待ください。


【au×HAKUTO MOON CHALLENGE WEBサイト アンバサダーページ】
「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」アンバサダーに関する詳細はこちら。
 リンク


【「HAKUTO  SUPPORTERS CLUB」での「auかんたん決済」対応について】
本日2016年7月7日より、HAKUTOをより気軽に応援いただくために、auスマートフォン・auケータイで簡単に「HAKUTO SUPPORTERS CLUB」に入会できるようになりました。入会費は、「auかんたん決済」で携帯電話料金と合わせてお支払いただけるので便利です。

【HAKUTO SUPPORTERS CLUBとは】
HAKUTOの挑戦を応援したい、一緒に楽しみたい、というみなさんのために「HAKUTO SUPPORTERS CLUB」を開設しています。様々な会員特典があります。


●ご入会方法
 右のQRコードよりHAKUTOサイトにアクセスし、「CREW会員」または、「SUPPORTER会員」購入ボタンをクリック。SMSで商品番号を送信し、返信される案内に従って、URLへアクセスするだけでご入会手続きが完了します。

※QRコード
リンク


HAKUTO SUPPORTERS CLUBへのご入会はこちら
リンク

詳細なご利用方法はこちら
リンク


【au×HAKUTO MOON CHALLENGE とは】
Google Lunar XPRIZE(グーグル・ルナ・エックスプライズ)のミッションは、民間開発の無人探査機を月面に着陸させ、月面探査ロボット(ローバー)を500m以上走行し、ローバーに搭載されたカメラで撮影した月面の動画や静止画を地球に送信することです。HAKUTO(ハクト)は現在、これまで開発してきたローバーの改善を重ね、月面探査を成し遂げるためのフライトモデルの開発を進めています。

月面におけるミッションの遂行は、地球からの遠隔操作で進められていきます。このため月面探査の成功の鍵を握るのが「通信」です。HAKUTOは月面における通信に、地上のモバイルデータ通信に使われている周波数帯を採用することを検討しています。これは世界でも初めての試みであり、地上で培われてきた民生技術を宇宙探査へと展開する大きな一歩といえます。このチャレンジを「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」と名付け、世界初となるHAKUTOの試みに、auが無線技術などでサポートしています。

auとHAKUTOは、今後、Google Lunar XPRIZEのミッションのひとつである月面を撮影した高解像度の動画、静止画データ送信において、auが持っている知見をもとに最適な圧縮技術の検討を進めていくほか、現在開発中のローバーのフライトモデルの検証試験などを共同で行う予定です。 




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。