logo

千葉商科大学人間社会学部が夏の夜の景観演出 地域を彩る手作り行灯

学校法人千葉学園千葉商科大学 2016年07月06日 19時44分
From 共同通信PRワイヤー

2016/7/6

千葉商科大学

千葉商科大学人間社会学部が夏の夜の景観演出 地域を彩る手作り行灯

千葉商科大学(学長:島田晴雄)人間社会学部(学部長:朝比奈剛)では、和田義人教授(専攻:福祉社会学、高齢社会福祉政策論、組織社会科学、人間社会学)並びに齊藤紀子専任講師(専攻:ソーシャルビジネス論、ボランティア論、子育て・家族サポート論)ゼミナール生の3年生15名が地域の方々と連携し、市川市真間の真間山弘法寺で、手づくり行灯によるライトアップを実施します。
今年で2回目となるこのイベントは、地域の魅力を再発見し真間地区への愛着を深める機会を提供し、地域のより一層の賑わいを創出することを目的として、同学部が弘法寺や同地区の商店街有志、市川市、近隣小学校PTA有志とともに結成した真間行灯ライトアップ実行委員会で企画・運営を行います。イベントに携わる学生たちは活動を通して、さまざまな世代の地域の方々と交流し、地域で取り組む活動のマネジメントを学び、コミュニケーション能力を磨きます。昨年は発案からの準備期間が短かったため、今年はイベントの準備を早め、地域の方々とともに地元商店の出店数を増やす活動や参加型プログラムの充実化を進めるなど、より一層開催の目的に即し、地元への愛を深める内容になっています。学生たちの提案は当日の受付方法、行灯の仕様や設置方法、広報ツールなどさまざまな面で活かされています。また、今年は、昨年1校であった地域の小学校との連携を5校へと拡大。それに伴い、昨年は約100個用意した行灯数を200個に目標設定し、学生たちは現在この目標達成に向けて、行灯制作の参加者を募集しています。イベントに先駆けた行灯制作では、学生が参加児童にレクチャーを行います。ライトアップ当日は、この活動の中心となっている学生15名に加え、人間社会学部生約50名もボランティアとして参加し、イベントを支えます。ぜひお越しください。

◆地域の小学生との行灯制作
【日 時】7月16日(土)・17日(日) 13:00~17:00
【会 場】千葉商科大学 1号館 1102・1103教室
◆イベント【真間あんどん祭り】
【日 時】7月24日(日) 12:00~21:00(行灯ライトアップ18:00~20:00)
【会 場】真間山弘法寺(〒272-0826 千葉県市川市真間4丁目4-1)
【プログラム】
・「the tote」「ドミノライン」バンド2組によるライブ(16:00~17:30)
・ 地元の皆様によるダンス披露、みんなで踊ろう「ようかい体操第一」、 新市川音頭などの盆踊り(18:00~19:30)
・アイスクリーム、ホットドッグ、コロッケなどの販売
・浴衣レンタル着付(女性限定/無料/先着24名/草履レンタル無し)
・真間あんどん祭りフォトコンテスト
【問い合わせ先】
千葉商科大学 人間社会学部 和田義人研究室
TEL:047-373-4260 ※当日17:00まで

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。