logo

「一番搾り 熊本づくり」を全国発売

キリンビール株式会社 2016年07月06日 14時00分
From Digital PR Platform


キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、「復興応援 キリン絆プロジェクト」の活動の一環として、この度、熊本地震で被災された方、および当該被災地のお役に立てていただくことを目的に、熊本県産素材を使用し、熊本県の誇りを込めて造った「一番搾り 熊本づくり」を、10月12日(水)より全国で発売します。また、同商品の売り上げ1本につき10円を熊本地震の被災地の復興支援策に活用します。

「一番搾り 熊本づくり」は、“地元の誇りを、おいしさに変えて”をスローガンに、熊本県で暮らすお客様との共創を通じて、地域の魅力を発掘しながらつくりだした特別な「一番搾り」です。
熊本県以外のお客様から復興応援のため「熊本づくりを買いたい」との声をいただき、今回熊本県限定から全国発売に切り替え、同商品を通じて被災地の復興支援に取り組んでいきます。

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

■復興支援活動について

当社は、「復興応援 キリン絆プロジェクト」の活動の一環として、熊本地震の被災地の1日も早い復興を継続的に支援することを目的に、今回新たに10月12日(水)から発売する「一番搾り 熊本づくり」の売り上げ1本につき10円を拠出するほか、5月10日(火)から順次発売を開始している「47都道府県の一番搾り」につきましても、売上げ1本につき1円を拠出し熊本地震の被災地の復興支援策に活用していきます。

■商品概要について

1.商品名
「一番搾り 熊本づくり」

2.発売地域
全国 ※2016年7月5日(火)より熊本県限定で発売を開始しています。

3.発売日
2016年10月12日(水) 

4.容量/容器
350ml缶 ※九州エリア限定で中びん(500ml)も発売します。

5.価格
オープン価格

6.アルコール分
5%

7.原材料
麦芽、ホップ、米 ※九州産麦芽、熊本県産米を使用。

8.販売予定数
約12万ケース(1,500KL) ※大びん換算

9.製造工場
キリンビール福岡工場

10.中味について
熊本特有の濃い味の料理にも合うように、熊本県産の米、九州産の麦芽を使用し、すっきりと飲みやすく、あとしまりのある味わいで、“火の国”をイメージした赤い液色が特長です。

11.商品コンセプトについて
熊本県のお客様との共創を通じて開発した商品コンセプトである「よか仲間とうまかもん。毎日飲んでも飽きさせない“攻め”のビール。さしより(※)一番搾りば!!!」を訴求していきます。
※熊本地方の方言で「とりあえず」「まずは」という意味で使用。

以上


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事