logo

Marketo×LINEビジネスコネクト 連携ソリューションの提供開始

株式会社電通デジタル 2016年07月06日 12時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年7月6日

株式会社電通デジタル

Marketo×LINEビジネスコネクト 連携ソリューションの提供開始

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役CEO:大山 俊哉、代表取締役社長COO: 丸岡 吉人)は、マーケティングプラットフォーム「Marketo(マルケト)」とメッセージ個別配信ツール「LINEビジネスコネクト」※1を連携するソリューションを自社開発し、本日から提供を開始します。企業がMarketo内に蓄積する顧客情報と、自社LINEアカウントの友だち情報を顧客承認のもとで連携させることで、個人単位の属性や行動履歴に即応したLINEメッセージの発信が実現しました。

これまで未対応だった両者の連携により、メール送信には反応しない顧客層に個別のLINEメッセージで行動を促す、また自社ウェブサイト上の顧客アクションをトリガーにLINEメッセージをリアルタイム配信するなど、チャネルを横断した施策が展開できます。

Marketoのマーケティングプラットフォームは、Eメール、SMS、スマホアプリ、広告など多彩なチャネルを統合し、企業と顧客の関係強化ニーズに対応し続けてきました。一方LINEはご存じの通り、現代生活者のコミュニケーションに欠かせない個対個のプラットフォームであり、各企業では自社LINEアカウントを通じた直接コミュニケーションの動きが活発化しています。当ソリューションでは、Marketoプラットフォームの各種顧客情報やクロスチャネルでの行動履歴と、LINEビジネスコネクトの個別配信機能の結合により、「適切なコンテンツ」を「適切な顧客」へ「適切なタイミング」で届けることができます。短期的な販促はもちろん、カスタマージャーニーの各段階に応じた継続的なコミュニケーションを通じ、エンゲージメントの強化と顧客ロイヤルティーの向上を支援します。

当ソリューションはMarketoのエコシステムであるLaunchPoint※2の一環として展開しています。また、今回の展開に伴い、当社ではビジネスコネクトアカウントの販売も開始します。

当社はデジタルマーケティングプラットフォームの提供、導入支援からPDCAまで一貫したサービスを提供しています。マーケティングオートメーションでの豊富な導入実績や、その中で得た各種テクノロジーのナレッジを生かした自社開発ソリューションを今後も提供してまいります。

※1 LINE ビジネスコネクトは、LINEのシステムと利用企業様のシステム間において、APIでメッセージなどの送受信を行うことで、企業とユーザーの1to1や双方向のコミュニケーションを可能にするものです。また、あくまでLINEが担うのは、メッセージなどのデータを双方向に配送する役割です。

※2 LaunchPointとは、マーケティングソリューションを提供するパートナー企業がMarketoとの連携ソリューションを開発・提供するためのプラットフォームです。
LaunchPointの詳細は、 リンク (英語)をご覧ください。

<会社概要>
・社   名:株式会社電通デジタル(英文表記:Dentsu Digital Inc.)
・所 在 地:東京都港区東新橋1-8-1(電通本社ビル内)
・資 本 金:4.4億円
・出資比率:株式会社電通 100%
・代表取締役:代表取締役CEO 大山 俊哉
       代表取締役社長COO 丸岡 吉人
・設 立 日:2016年7月1日(同日より営業開始)
・URL: リンク

以  上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事