logo

楽天トラベル、2016年 夏の訪日旅行(インバウンド)動向を発表

予約急上昇エリアは1位 京都府、2位 福岡県、3位 香川県に

 旅行予約サービス「楽天トラベル」 ( リンク )は、2016年7月15日(金)~2016年8月31日(水)間の外国語サイト経由の予約人泊数をもとに、2016年 夏の訪日旅行(インバウンド)ランキングを発表しました。「楽天トラベル」における夏の訪日旅行は、前年同期比+88.7%(約9割増)と伸張しており、行き先別の伸び率ランキング1位は京都府、2位は福岡県、3位は香川県となりました。予約人泊数ランキングでは1位が北海道、2位が東京都、3位が大阪府という結果になりました。



[画像: リンク ]

2016年 夏の訪日旅行(インバウンド)行き先別 伸び率ランキングTOP10

[表1: リンク ]



2016年 夏の訪日旅行(インバウンド)行き先別 予約人泊数ランキングTOP5

[表2: リンク ]



 夏の訪日旅行の伸び率ランキングで1位になった京都府は、日本三大祭のひとつに数えられる京都の夏の風物詩「祇園祭」(前祭)の宵山期間を中心に予約が伸びました。特に観光拠点として便利な京都駅周辺は前年同期比+265.1%(約3.7倍)、河原町・烏丸・四条大宮周辺エリアは前年同期比+224.1%(約3.2倍)と伸張しています。

 2位の福岡県では博多エリアの商業施設「キャナルシティ博多」や天神エリアに2016年4月にオープンした空港型免税店など、ショッピング目的の旅行が盛り上がりをみせており、福岡市内エリアの予約は+212.7%(約3.1倍)と好調です。

 3位の香川県は、7月18日から夏会期が開催となる「瀬戸内国際芸術祭 2016」の影響で予約が伸びました。同県内でもっとも予約数の多い宿は、芸術祭の会場となる離島地区(小豆島・直島)エリアの「直島ふるさと海の家 つつじ荘」で、モンゴル式テントの「パオ」に宿泊するプランが人気です。

 5位の沖縄県は那覇空港と海外を結ぶ就航路線の新設が相次ぎ、那覇エリアの予約が前年同期比+153.7%(約2.5倍)となりました。6位の岐阜県は高山・飛騨エリアが前年同期比+127.6%(約2.3倍)、下呂温泉・濁河温泉エリアが前年同期比+102.8%(約2倍)と好調です。7位の神奈川県は箱根エリアの予約が前年同期比+100.7%(約2倍)と急増しました。8位の和歌山県は南紀白浜・龍神エリアが人気となり、前年同期比+101.3%(約2倍)に伸張しています。10位の北海道は昨年より航空便の新規就航や増便が続き、さらに2016年3月に北海道新幹線が開業したことでアクセスが向上し、特に札幌市内エリアが前年同期比137.0%(約2.4倍)、函館・湯の川・大沼・奥尻エリアが前年同期比+135.0%(約2.4倍)と急増しました。


「2016年 夏の訪日旅行(インバウンド)」に関する調査概要
調査日: 2016年6月13日(月)
調査対象: 訪日旅行(外国語サイト経由の予約)を対象に予約人泊数をもとに集計(伸び率ランキングは500人泊以上のエリアが対象)
対象期間: [今年] 2016年7月15日(金)~2016年8月31日(水)、[昨年] 2015年7月15日(水)から2015年8月31日(月)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事