logo

eBookJapanが2016年上半期電子書籍ランキングを発表!約3年半ぶりに続刊発売も、休載報道で話題の『HUNTER×HUNTER』が発売後1ヵ月足らずで男性マンガ3位に急浮上! 



 マンガNo.1(※1)の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(リンク)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、2016年上半期にeBookJapanで最も読まれた電子書籍を、男性向けマンガ、女性向けマンガ、文芸、ライトノベル、ボーイズラブの5ジャンルで集計、発表しました。


[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]



◆2016年eBookJapan上半期ランキング 特設サイト(各ランキングをTOP20まで公開中)
リンク

◆BOOKFAN (本店) by eBookJapanの上半期ランキングはこちら
コミックランキングは3位『ハイキュー!!』、2位は『ONE PIECE』、さて1位は…!?
リンク


〈男性向けマンガTOP10〉

[画像7: リンク ]

男性向けマンガ1位は、『進撃の巨人』(諫山創/講談社刊)。2013年の上半期から連続で通算7度目の首位を獲得し、「殿堂入り」。2016年にはテレビアニメ第2期の製作も決定、2017年の放送開始に向け、期待が高まっています。この勢いで年間ランキングも首位となれば年間ランキング4連覇となりますが、後半戦でどのような結果になるのか注目です。

2位は、戦乱の世を描く春秋戦国大河ロマン超大作『キングダム』(原泰久/集英社刊)。約1年前に放送されたテレビ朝日『アメトーーク』で「キングダム芸人」が取り上げられ、放送終了後、前週比売上約40倍を叩き出し一躍ブームとなりましたが、その後も勢いが衰えることなく見事2位をキープしています。

3位は、4月に連載が再開され、約3年半ぶりに続刊が発売された『HUNTER×HUNTER モノクロ版』(冨樫義博/集英社刊)が、発売後1ヵ月足らずで3位に食い込みました。

3月に実写映画も公開され、5月に完結巻が発売された『僕だけがいない街』(三部けい/KADOKAWA/角川書店刊)や、ネットで「ヤバい漫画」として話題沸騰中、復讐劇を描く衝撃の問題作『善悪の屑』(渡邊ダイスケ/少年画報社刊)など、昨年まではランクインしなかった新顔もTOP10入りする結果となりました。


〈女性向けマンガTOP10〉
[画像8: リンク ]

女性向けマンガ1位は、高校生たちの友情・恋愛・成長を描く感動の青春群像劇『ちはやふる』(末次由紀/講談社刊)。3月に広瀬すず主演で公開された実写映画も大ヒットし、続編も決定した大人気作です。

2位は、2015年にテレビアニメ化や実写映画化でも話題となった世紀の純情ラブコメ『俺物語!!』(作画:アルコ 原作:河原和音/集英社刊)が獲得しました。男の中の漢(おとこ)剛田猛男・15歳の青春ダイアリーです。

3位は、「このマンガがすごい!2016 オンナ編」で見事1位を獲得した『ヲタクに恋は難しい』(ふじた/一迅社刊)が初のランクインです。隠れ腐女子と重度のゲームヲタクという、ヲタク同士の不器用な恋愛を描いたラブコメディ。ヲタクな人もそうでない人も楽しめる内容で人気を博しています。

現在実写映画公開中の妄想炸裂ラブコメディ『高台家の人々』(森本梢子/集英社刊)や、1月にテレビアニメ化され、第2期も決定した、噺家の素顔と業を描く本格落語漫画『昭和元禄落語心中』(雲田はるこ/講談社刊)など、メディア化作品も多くランクインしています。



〈文芸TOP10〉
[画像9: リンク ]

文芸ランキングでは、2015年上半期、第153回芥川龍之介賞を受賞し、現在ネットドラマも配信中の話題騒然の『火花』(又吉直樹/文藝春秋刊)が、昨年の年間ランキングに引き続き、見事首位を獲得しました。お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹が初めて書いた本格小説で、笑いの世界の周辺で生きる女性たちや、芸人の世界の厳しさが描かれた傑作です。

2位は、元総理大臣・田中角栄の真の姿を描く『天才』(石原慎太郎/幻冬舎刊)がランクイン。長らく「闇将軍」として政界に君臨した田中角栄が、閉塞する現代日本で空前のブームとなっています。かつては「政敵」だった石原慎太郎が田中角栄を活き活きと描く意欲作です。

3位は、STAP細胞で一世を風靡した小保方晴子が描く『あの日』(小保方晴子/講談社刊)。STAP騒動の真相、生命科学界の内幕、業火に焼かれる人間の内面を綴った衝撃の手記として話題を呼んでいます。2014年1月28日に行われたSTAP細胞の会見から、ちょうど2年後に出版されました。

第13回本屋大賞を受賞、ピアノ調律師の青年の成長を描いた『羊と鋼の森』(宮下奈都/文藝春秋刊)や、実写映画も大ヒット中の感涙ベストセラー『世界から猫が消えたなら』(川村元気/マガジンハウス刊)など、話題作も軒並みランク入りしています。


〈ライトノベルTOP10〉
[画像10: リンク ]

ライトノベルランキングでは、第4回GA文庫大賞「大賞」や、第3回ラノベ好き書店員大賞第1位を獲得するなどで人気の高い大森藤ノ先生のデビュー作『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(大森藤ノ/SBクリエイティブ/GA文庫刊)、略称「ダンまち」が、2015年の上半期から連続で3度目の首位に。2015年4月にテレビアニメ化もされ話題となった王道ファンタジーです。

2位は、2017年1月からテレビアニメ第2弾放送予定の『この素晴らしい世界に祝福を!』(暁なつめ/KADOKAWA/ 角川書店刊)が初のTOP10入りを果たしました。異世界に飛ばされてしまったゲーム好きの引きこもり少年が、RPGのような異世界で安定した生活を送るために奮闘する異世界ファンタジーです。7位にはスピンオフもランクインしています。

3位は、4月からテレビアニメ好評放送中の『Re:ゼロから始める異世界生活』(長月達平/KADOKAWA/メディアファクトリー刊)。突如異世界へ召喚されてしまった少年が、死して時間を巻き戻す《死に戻り》の力を手にし、大切な人たちを守るため、過酷な運命に立ち向かっていく姿を描くファンタジー。

TOP3はいずれもWeb小説サイトに投稿された作品となり、ネットからラノベ小説家デビューするのが当たり前の時代になったことを実感します。トレンドの異世界ファンタジーが上位を独占し、ラノベ読者の求める作品の傾向が伺える結果となりました。


〈ボーイズラブTOP10〉
[画像11: リンク ]

ボーイズラブランキングでは、大人気シリーズ『クロネコ彼氏のあふれ方』(左京亜也/新書館刊)が首位を獲得しました。黒猫に化けてしまう猫科人間・真悟と、豹になってしまう同じ猫科人間の人気俳優・賀神の恋模様を描く「クロネコ」シリーズの1作です。「Dear+」6月号で本編最終回を迎え、話題となりました。

2位は人気急上昇作家・おわる先生が描く『ハングアウトクライシス』(おわる/竹書房刊)。合コン負けなしのイケ男子コンビ、2人の微妙に変化する関係を描く、色気溢れるラブコメディは必見です。

3位は、1位を獲得した左京亜也先生の『12時からはじまる』(左京亜也/新書館刊)がランクイン。高校時代に付き合っていた二人が12年後に再会、そこからはじまる切ないラブストーリーです。

繊細な絵柄で魅せる官能描写の名手・座裏屋蘭丸先生が描く『VOID』(ビーボーイ編集部刊)や、人気沸騰中の官僚シリーズ『恋するインテリジェンス』(丹下道/幻冬舎コミックス刊)など、BL界に新たな風が吹き込む結果となりました。

・集計期間:2016年1月1日~6月30日(すべての端末を含む電子書籍サービス全体のダウンロード)
・順位()内は昨年度の順位です


eBookJapanは今後とも、マンガ好きのみなさまに楽しんでいただけるような企画を用意してまいります。


■eBookJapanの主な特長
・世界最大級のマンガ作品数をはじめ、46万冊を超える “充実のラインナップ”
・購入した作品は複数端末(*)で楽しめ、My本棚は“背表紙表示”も可能
・手軽なブラウザでも、ダウンロード後はオフラインでも楽しめる “高画質リーダー”
*WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Androidに対応。

■株式会社イーブックイニシアティブジャパンについて
2000年に「SAVE TREES!」を合い言葉に創業した電子書籍業界の老舗です。2011年に東京証券取引所マザーズ市場に上場、2013年に東証一部へ市場変更。 (コード:3658 “365日ハッピー”)
コーポレートサイト: リンク
電子書籍販売サイト: eBookJapan (リンク)

※1 有料電子コミック利用者の「電子コミックの購入先」(複数回答)において最も利用者の多い電子書店となりました。
出典:インプレスR&D インターネットメディア総合研究所「電子コミックビジネス調査報告書2012」3.5.2 電子コミックの購入先(P.76)




プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。