logo

Mahindra Comvivaはビッグデータ分析に集中

Mahindra Comviva 2016年07月05日 13時10分
From 共同通信PRワイヤー

Mahindra Comvivaはビッグデータ分析に集中

AsiaNet 65013(0825)

【ニューデリー2016年7月4日PR Newswire=共同通信JBN】
*優れた顧客体験と電気通信事業者の収益拡大を推進するMobiLytixTM Suiteをリリース

モビリティー・ソリューションで世界をリードするMahindra Comvivaは4日、実用可能な顧客洞察を生み出すビッグデータ主導のモバイル分析ソリューション、MobiLytixTM Suiteのリリースを発表した。多角的接点に及ぶサブスクライバーの利用データを集約し、より豊かで上質の顧客体験を可能にすると同時に、電気通信事業者の収益拡大を促進する。

Photo: リンク
Logo: リンク

MobiLytixTM Suiteは、サービスプロバイダーのビジネスニーズに対応する包括的なビジネス提案で、それによって彼らの顧客体験強化が可能になる。バックボーンは顧客のライフサイクル全般にわたる各種イベントの理解を目指す解析エンジンで、顧客の生涯価値を最大化する戦略の開発を支援する。また、最高マーケティング責任者(CMO)やマーケティング担当者が隠れた収益創出パターンを分析し、適切な製品・成長戦略を策定する役に立つ。さらに、個別化された文脈的マーケティング促進のシームレスかつリアルタイムのオムニチャンネル実行は、より迅速な市場化を確実にし、事業者の収益増大チャンス獲得を助ける。

Mahindra Comvivaのマノランジャン“マオ”モハパトラ最高経営責任者(CEO)はリリースについて「世界的に、電気通信事業者は顧客定着に対する関心を深めている。彼らはまた、付加サービスの抱き合わせ販売による既存顧客の収益化も試みている。MobiLytixTM Suiteによって、分析と実用的洞察主体の顧客およびチャンネルバリュー管理向け新スキマビジネスが打ち立てられることを期待したい。MobiLytixTM製品ラインによってわれわれは、モビリティー業界最速成長部門のひとつで重要な役割を担うつもりである」と語った。

事業者はMahindra ComvivaのMobiLytixTM Suiteによって、利用が約5%伸びるリアルタイムの実用的洞察を獲得することができる。また、電気通信事業者は反応・到達率の大幅増大を見込める。このスイートにはCampaign Management、Winback、Churn Prediction、Interactive Notifications、Next Best Offer、Subscriber & Retailer Loyalty Solution、Incremental Revenues through Incremental Sales(IRIS)、Digital Careで構成する多様なモジュールがある。MobiLytixTM Suiteは高度にスケーラブルなソリューションで、1展開1秒当たり2万トランザクションをサポートし、同時に600以上のキャンペーンを実行する機能がある。

15年以上の業界専門知識があり、電気通信エコシステムおよび顧客行動を深く理解しているMahindra Comvivaは、90カ国以上の移動体通信企業110社にソリューションを提供している。

▽問い合わせ先
Sundeep Mehta
Global PR & Corporate Communications
Mahindra Comviva
Contact: +91-124-481-9000
Email: pr@mahindracomviva.com

ソース:Mahindra Comviva

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。