logo

新たな業態へサービス拡大!卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」が小売以外の事業者へサービス提供を開始

ラクーン 2016年07月05日 10時30分
From PR TIMES

2016年7月5日、株式会社ラクーン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小方 功)が運営する卸・仕入れサイト『スーパーデリバリー』は、小売以外の事業者への販売をスタートいたしました。これによりスーパーデリバリーは、新たな業態へのサービス拡大とそれによる取引拡大を図ります。



■背景と概要
スーパーデリバリーは基本的にファッション・雑貨の物販スペースを持ち、再販売を行う小売店に利用を制限した会員制の仕入れサイトであり、入会時に厳正な審査を行っています。

しかし、スーパーデリバリーで扱う商品数や商品ジャンルの拡大にともない、什器や梱包資材、また販促用の商品や消耗品などの商材も多数出品され、それらの商品を求める小売以外の事業者からサービスの利用を希望する声が増えてきました。

そこで、これまで利用対象外としていた飲食業や理美容業、宿泊業、教育関連など小売業以外の事業者にもサービスを拡げ、より多くの事業者の方々に有用性の高いサービスを提供したく今回の取り組みに至りました。

これにより、例えば飲食店がお店で使用するテーブル、旅館やホテルが宿泊客用として利用するタオル、病院にある売店が患者からリクエストのあった本などをスーパーデリバリーで購入できるようになります。また、販売側の出展企業はシステム上で小売以外の事業者が分かるようになっており、自社の方針によって取引可否の選択を行うことができます。

このようなシステムや商品拡大によって、これまで対象とはしていなかった小売以外の事業者へもサービスを拡げることが可能となりました。


■狙い
今回の取り組みにより、これまで獲得できなかった業態へもサービスを拡大することで顧客数と流通額の増加を見込んでおります。また、この非小売事業者をターゲットとした他企業とのアライアンスも将来的に視野に入れており、そのアライアンス先との相乗効果によるさらなる集客や流通額への効果も期待しております。


■今後の見通し
本件の業績に与える影響につきましては、平成28年6月10日公表の「平成28年4月 決算短信〔日本基準〕連結)」の「平成 29 年 4 月期の連結業績予想(平成28年5月1日~平成29年4月30日)」に織り込んでおります。 今後、開示すべき事項が発生した場合には、速やかにお知らせいたします。


■スーパーデリバリーとは

[画像: リンク ]


スーパーデリバリーは、商品を卸したいメーカーと仕入れをしたい小売店が取引できる卸・仕入れサイトです。2002年2月から運営を開始し、商品掲載数は約56万点。メーカーにとっては、地域を超えた全国52,372店舗への販路拡大ツールとして効果を発揮し、小売店にとっては1,138社の出展企業とインターネットを通して取引でき、仕入先を大幅に拡大することが可能です。メーカーと小売店の取引で発生するコストや手間、リスク等を解消し効率的な取引を実現します。(数字は全て2016年4月末現在)


株式会社ラクーン
代表者 :代表取締役社長 小方 功
所在地 :東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目14番14号
設立 :1995年9月
資本金 :821,382千円(2016年4月末時点)
株式 :東京証券取引所市場第一部上場 証券コード3031
URL : リンク


プレスリリースに関するお問合せ先
広報担当 督永(とくなが)・有本 TEL:03-5652-1692 / MAIL: pr@raccoon.ne.jp
IR   木村 TEL:03-5652-1711


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事