logo

コンビニで手軽にプリントできる登山地図『ヤマタイムマップ』の北アルプス長野県エリアの地図に最新の「山岳遭難地点」を掲載



 インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎深雪)は、現在、ファミリーマート、セブン‐イレブンのコンビニエンスストアのマルチコピー機で発売中の登山地図「ヤマタイムマップ」に関して、北アルプス長野県エリア6枚に記載した山岳遭難地点を平成27年度の情報に更新しました。

●山岳遭難ポイントについて
 これまで「ヤマタイムマップ」では、長野県の協力により北アルプスエリアにおける山岳遭難地点を地図上に明記してきました。この情報を、7月1日から販売をするものに関して、最新の平成27年度の山岳遭難ポイントに更新しました。
 北アルプスでは、平成27年度は323件の遭難事故が発生し、合わせて354人の登山者が遭難しています。北アルプスのどこで、どのような遭難事故が発生しているかを、登山地図上で認識できることは遭難防止の一助になると考えています。
 また、7月1日から長野県の登山計画書提出義務化の施行に伴って、それらへの情報アクセスや登山届提出システム「Compass」(公益社団法人日本山岳ガイド協会)へのQRコードを含んだリンクバナーも配置し、登山届提出の促進にも貢献します。
 山岳遭難ポイント情報が更新された地図は以下の通りです。

 ヤマタイムマップ1. 北アルプス 槍ヶ岳・穂高岳
 ヤマタイムマップ2. 北アルプス 白馬岳
 ヤマタイムマップ3. 北アルプス 唐松岳・五竜岳
 ヤマタイムマップ4. 北アルプス 鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳
 ヤマタイムマップ5. 北アルプス 燕岳・餓鬼岳
 ヤマタイムマップ6. 北アルプス 常念岳・蝶ヶ岳
[画像1: リンク ]
ヤマタイムマップの見本
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

山岳遭難地点は、「転落・滑落」「転倒」「落石」の3種類を、負傷(青色)と死亡(赤色)に分けて具体的に表示。

●コンビニ専用登山地図「ヤマタイムマップ」について
 登山と自然の専門メディア社、山と溪谷社の定番登山ガイドブック「アルペンガイド」シリーズの地図情報と、登山情報ポータルサイト「ヤマケイオンライン」(リンク)で好評公開中の登山地図&計画マネージャ「ヤマタイム」の情報を、コンビニで手軽に手に入れることができるまったく新しい登山地図です。

●コンビニ専用登山地図「ヤマタイムマップ」の特徴
特徴1. ファミリーマート、セブンイレブン*のマルチコピー機で手軽に出力・購入できる。
特徴2. A3サイズで、登る山のコースをコンパクトに表示。
特徴3. レーザープリンタで、にじみもなく精細な地図再現。
特徴4. 登山口へのアプローチ情報や山小屋の連絡先も掲載。
特徴5. 岩稜帯を含むような中級者以上のコースに関しては、地図上で明確な注意喚起を行い、初心者が入らないように配慮。
特徴6. 人気の北アルプス、八ヶ岳を中心に、首都圏の高尾山や奥多摩、丹沢など21点。
*一部取扱いのない店舗があります。

●仕様
サイズ=A3サイズ
印刷=カラーレーザープリント(片面)
価格=ファミリーマート各300円(税込み)/セブン‐イレブン各280円(税込み)

●購入方法
各コンビニ店舗に設置してあるマルチコピー機から購入する。
*マルチコピー機が設置されていない店舗もあります。


【山と溪谷社】 リンク
1930年創業。月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア等の分野で出版活動を展開。さらに、自然、環境、エコロジー、ライフスタイルの分野で多くの出版物を展開しています。

【インプレスグループ】 リンク
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

以上

【本リリースについてのお問い合わせ先】
株式会社山と溪谷社 担当:神谷
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町一丁目105番地 神保町三井ビルディング
TEL03-6744-1900 (代表) メール:info@yamakei.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。