logo

日本マクドナルド45周年記念バーガー バーガーの要、ビーフの美味しさを日米テーマで表現 「1971 炙り醤油ジャパン」 「1955 スモーキーアメリカ」

日本マクドナルド株式会社 2016年07月01日 11時55分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、1971年7月に日本で第1号店がオープンしてから、今年で45周年を迎えることを記念して、日本とアメリカそれぞれをテーマに、ハンバーガーの中心的具材であるビーフを美味しく楽しんでいただけるバーガーを開発しました。炙った醤油の風味がビーフにからむ、こだわりの和風バーガー「1971 炙り醤油ジャパン」と、1955年の創業当時の古き良きアメリカのイメージで、お肉を野菜などのシンプルな具材と一緒に豪快に楽しむ「1955 スモーキーアメリカ」を7月6日(水)から期間限定で販売します。

「アメリカ生まれ、日本育ち」の日本マクドナルド株式会社は、第1号店の「銀座店」(銀座三越)を1971年にオープンして以来、日本におけるファストフードチェーンの先駆けとして、アメリカンスタイルのバーガーをはじめ、日本のお客様に親しまれるオリジナル商品をご提供してまいりました。

45周年の感謝の気持ちを込めて、マクドナルドのビーフを最も味わう事ができる、通常のビーフパティの約2.5倍ある1/4ポンドパティを使い、日米それぞれのテーマで全く異なる味覚で楽しんでいただける記念バーガーをご提供します。「1971 炙り醤油ジャパン」は、アメリカのハンバーガーに、日本の魂である醤油をマッチさせた、日本マクドナルドならではのバーガーです。玉ねぎやリンゴなどを隠し味にした「炙り醤油風味ソース」の深みのある味が、ビーフの旨味を引き立てます。        
「1955 スモーキーアメリカ」は、約60年前のアメリカの古き良き時代をイメージしたもので、スモーキーな「1955ソース」で力強さが増したビーフに、野菜などの素材を合わせた、シンプルでありながら、お肉の美味しさとフレッシュさが際立つ、どこか懐かしく、味わい深い正統派の一品です。
どちらも、「今いちばんのバーガーを、あなたに。」をキーフレーズにした「Burger Love」にふさわしい商品です。

また、まろやかで自然な甘みのはちみつと、マスタードのほんのりピリッとするマイルドな辛味が絶妙なバランスの「はちみつマスタードソース」を「マックフライポテト」にかけた「クラシックフライ はちみつマスタード」も同日より販売いたします。

さらに、45周年記念バーガーのパッケージは、それぞれの開業当日のバーガー発売を伝える新聞をイメージしたデザインになっておりますので、ぜひ記事もお楽しみいただければと存じます。また、この2つの商品の発売に合わせ、食べ比べてお好みのバーガーを投票いただく「1971&1955食べ比べツイートキャンペーン」を実施いたします。本キャンペーンでも、マクドナルドらしい楽しさも一緒にお届けしてまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事