logo

直木賞作家 黒川博行氏の最新作『果鋭』電子書籍ストア「Reader Store」にて独占配信開始!!

ブックリスタ 2016年07月01日 11時00分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]

株式会社ブックリスタ(東京都港区)と株式会社幻冬舎(東京都渋谷区)は、電子書籍ストア「Reader Store」にて、直木賞作家の黒川博行氏による最新作『果鋭(かえい)』の独占配信を、7月1日(金)より開始しました。

「Reader Store」で黒川博行氏の最新作『果鋭』が読める!!
新聞の連載で大反響を呼んでいる長編小説『果鋭』。2014年、『破門』にて第151回直木賞を受賞した黒川博行氏の最新作です。電子書籍ストア「Reader Store」では、紙書籍の発売に先立ち、7月1日(金)より、毎週金曜に6週にわたって配信いたします。

また、大容量の無料試し読み版の配信や、黒川氏のインタビュー、黒川氏のサイン入りプレゼント企画なども実施予定。かつて大阪府警で相棒だった二人が競売屋の調査員となり、パチンコホールを舞台に描かれるエンターテインメント小説『果鋭』を、ぜひこの機会にお楽しみください。

[画像2: リンク ]

『果鋭 1~6』
著者:黒川博行
出版社:幻冬舎
価格:
『果鋭 1』150円(税別)
『果鋭 2~6』250円(税別)
配信日:2016年7月1日(金)0:00より、毎週金曜配信
特集ページ:リンク
[画像3: リンク ]

あらすじ:
堀内信也、41歳。元々は大阪府警今里署でマル暴担当の刑事をしていた。暴力団との癒着や情報漏洩が監察にばれて依願退職。競売屋に拾われたが、ヤクザとトラブって腹と尻を刺されてしまう。生死の境を5日間さまよったのち、回復するも、座骨神経症による左下肢の運動障害が残る。歩行に杖が欠かせなくなった。シノギはなくなった。囲っていた愛人にも逃げられて独りになった。あとは転がり落ちる一方か。どこまで落ちても底がない――。

救ったのは今里署時代の相棒、伊達誠一だ。脅迫を受けたあるパチンコホールのオーナーから助けてほしいと頼まれたといい、堀内にも協力を求めてきた。「組みたいんや。相棒やろ」

堀内は立ち上がった。伊達とパチンコ業界に切り込んでいく。陰りが見えるとはいえ、まだ20兆産業と言われる業界には、暴力団、警察も入り乱れ、私腹を肥やそうとする輩が蠢いていた。堀内は己の再生を賭け、危険に身をさらしながら、金をかすめ取ろうとする。

現代の日本、そして私たちを映し出す、黒川博行の相棒小説が、ここに結実!!
[画像4: リンク ]

黒川 博行 (くろかわ ひろゆき)
1949年愛媛県生まれ。京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。大阪府立高校の美術教師をへて、83、84年「二度のお別れ」「雨に殺せば」で第1、2回サントリーミステリー大賞佳作、86年「キャッツアイころがった」で第4回サントリーミステリー大賞受賞。96年「カウント・プラン」で第49回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)受賞。2014年「破門」で第151回直木賞を受賞。著書に「疫病神」シリーズ、「悪果」シリーズ、『勁草』『後妻業』『落英』『大阪ばかぼんど』など多数。

株式会社ブックリスタについて
株式会社ブックリスタは、コンテンツ制作や取次、プラットフォーム提供、ストア運営支援、プロモーション企画など、電子書籍に関連する様々な事業を展開する企業です。多くの皆さまに対してライフスタイルに合わせた電子出版物との出会いの場を提供して参ります。
リンク

権利表記について
リリース内の画像を掲載される場合は、次のコピーライトを併記いただきますようお願いいたします。
表紙画像:(C) 黒川博行/幻冬舎
著者写真:撮影/吉成大輔
イラスト:画/高橋雅博

※ “Reader”は、ソニー株式会社の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事