logo

フランスで東京家政学院大学の学生制作の短編映画が特別上映~第39回仏グルノーブル屋外短編映画祭(2016年7月5日~10日)にて

東京家政学院大学 2016年07月01日 08時05分
From Digital PR Platform


7月8日(金)22:15(予定・現地時間)、フランス共和国グルノーブル市恒例の「グルノーブル屋外短編映画祭」にて、東京家政学院大学現代生活学部生活デザイン学科学生7名の協働制作作品『友だちのカタチ』が上映される。同大からは制作グループ学生7名のうち4名(同大職員同行)が上映に合わせ現地入りし、つくば市職員も同行する。現地ではシネマテーク(映画祭主催)、グルノーブル-イゼール日仏協会、リヨン領事事務所と懇談なども行う予定。映画祭の様子を、学生たちがリアルタイムで日本に向け発信。発信情報は同大ホームページに掲載される。


 同大の学生がフランスに行く経緯は、協働制作作品『友だちのカタチ』が第3回「つくばショートムービーコンペティションつくッペ」(主催:つくばショートムービーコンペティション実行委員会、つくば市、筑波学院大学ほか)で、全国から応募の53作品の中でグランプリを射止めたため。グランプリ賞と併せ、副賞の賞金10万円および「フランス・グルノーブル屋外短編映画祭」での特別上映と、日本からフランス・グルノーブル(茨城県つくば市の姉妹都市)までの往復航空チケット1枚が授与されたことによる。

 同作品は、特別審査員の映画監督・中村義洋氏(『アヒルと鴨のコインロッカー』など)によれば「…全体のレベルが上がっているなと感じた。(グランプリの)チームの作品は、最初の方に見たけれど『横綱』だった。(他作品に)敗れることはなかった」(「常陽新聞」3月12日スマートフォン版)と評価されている。

 なお、本作品を協働制作した学生たち7名全員が生活デザイン学科の現4年次生。3年次生の時に受講した「メディアデザイン演習B(呉 起東 准教授)」の映像制作企画で、シナリオライティング、演出、撮影、編集等を学んだ成果が本作品に結実したもの。

★『友だちのカタチ』あらすじ
 仲の良い女子大生4人組。ある日、今流行っているという“サイコパス診断”をすることに。偶然にも1人だけ、答えがサイコパスだったことで3人は僅かながらも恐怖を感じた。しかし、それは始まりにすぎなかった...。

★つくばショートムービーコンペティションつくッぺ
 リンク
 つくばからの文化発信と次世代の才能の発掘を目指し開催。市民が楽しめる映画祭として企画され、今年も映画監督の中村義洋氏が参加。民・産・官・学の共催で行うムービーフェスティバルは、全国でも珍しい取り組み。
<特別審査員:中村義洋(映画監督)/市原健一(つくば市長)/大島愼子(筑波学院大学学長)/池上一郎(コンテンツプロデューサー)/その他、市民審査員>

●「グルノーブル屋外短編映画祭2016」
 リンク

▼本件に関する問い合わせは先
 東京家政学院大学 入試広報グループ(大学広報)
 和久 雄亮(わく ゆうすけ)
 〒194-0292 東京都町田市相原町2600番地(町田キャンパス)
 TEL: 042-782-9412 
 FAX: 042-782-1711
 E-MAIL: waku@kasei-gakuin.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。