logo

IoT時代に生き残るシステムへ Usability&Securityセミナー

昨今、様々なモノが、インターネットに接続し相互通信することにより、新たな価値を提供しています。この潮流の中、多くの企業では、新たなサービス提供や事業展開を行っています。一方、常に安定稼動するシステムが求められるため、開発部門様や情報システム部門様に於かれましては、更なる品質向上に苦心されていることと存じます。しかし、IoT時代に求められるシステムには、不具合のない事だけではありません。IoT時代を生き残るシステムには、求められる非機能要件を明確化し、高める必要があります。
今回のセミナーでは、非機能要件の中でも、近年重要視されている”ユーザビリティ”と”セキュリティ”をテーマに、改善への一案をご提供します。
ご多忙の折とは存じますが、ご来場をお待ち申し上げます。

【セミナー概要】
■ 日 時 : 2016年7月20日(水) 13:15 ~ 16:45 (開場 13:00 ~)

■ 会 場 : ウインクあいち 13階 1303 (特別会議室A)
        (愛知県産業労働センター)
        愛知県 名古屋市中村区名駅4丁目4-38
        リンク

■ 参 加 費: 無料

■ 定 員 : 50名 (定員になり次第締め切りさせていただきます。)

■ 対 象 : ・製品開発担当者、アプリ開発者、ユーザビリティ担当者
       ・ソフトウェア技術者、GUIを担当するソフトウェア技術者、
        WEB担当者
       ・品質保証部門の技術者
        ※法人向けの内容のため、個人の方のお申込はご遠慮ください。
        ※ 同業他社の申し込みはご遠慮ください。

■ 主 催 : 株式会社ベリサーブ  リンク

■ セミナー内容/プログラム :
    13:00  
      開場

    13:15 - 14:05
      事例で解説。IoT時代のシステム開発、その課題と処方箋
          株式会社ベリサーブ 中部事業部 渡部 武司
 
       システムの構築・運用に際し、弊社に多くのご相談が寄せられます。
       これらのお話には、常駐工程で非機能要件の品質が十分確保されて
       いない事が起因となっている事が多く見受けられます。当セッション
       では、弊社が関わったプロジェクト事例を通じて、非機能要件品質の
       全体像と、その対策をご説明いたします。
    
    14:15 - 15:15
      品質は上流で確保する。ベリサーブ流「セキュリティ課題解決策」
          株式会社ベリサーブ ソリューション事業部 山室 太平
    
       安全なIoTシステムの創出には、企画・設計段階からセキュリティ
       品質を確保する必要があるといわれています。しかし、どのような
       プロセスで、どんな対策から着手したら良いのか?お困りの声を
       多くお聞きします。今回は、エネルギー分野、自動車分野、医療
       分野など、国家戦略で重点分野とされている業種で、セキュリティ
       品質に課題を抱えていたお客様を支援した弊社事例を紹介いた
       します。
    
    15:25 - 16:25
      人間中心設計を取り入れたモノづくり。ユーザビリティ評価とその効果
          株式会社U'eyes Design 
          デザインコンサルティング事業部 事業部長 中嶋 智輝
    
       人間中心設計を取り入れたモノづくりを推進する上でのユーザ
       ビリティの考え方と、実際のユーザビリティ評価方法をご説明
       します。想定ユーザを用いたユーザテスト、及び協力頂くユーザ
       会員の属性のご紹介に加え、ユーザを使わずUIの専門家が実施
       するエキスパートレビューでの対応を解説します。
       講演の後半では、デザインリサーチ&デザインマネジメントの
       視点で、ユーザビリティ評価を行ったモノづくりの効果を詳説します。

    16:25 - 16:45
       質疑応答

■お申込み
    リンク

■お問い合わせ
    株式会社ベリサーブ
    中部事業部 セミナー事務局 0566-23-6094

このプレスリリースの付帯情報

Usability&Securityセミナー

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。