logo

花嫁の9割以上が「結婚式の曲は新郎新婦のセンスが問われる」実際の参列時に「曲にガッカリ」した花嫁は3人に1人以上!~花嫁が選ぶ!2016年を代表するウエディングソング 1位『KSK』(DAIGO)~

結婚式場の日本最大級のクチコミサイトを運営する株式会社ウエディングパーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:日紫喜 誠吾 以下ウエディングパーク)は、自社が運営する、大人女子のトレンド研究所「ガールズスタイルLABO(GSL)*1」にて、20代~30代の花嫁105人を対象に「ウエディングソング」に関する調査を実施いたしました。



===============================
20代~30代花嫁の「ウエディングソング」に関する実態調査
花嫁の9割以上が「結婚式の曲は新郎新婦のセンスが問われる」
実際の参列時に「曲にガッカリ」した花嫁は3人に1人以上!
~花嫁が選ぶ!2016年を代表するウエディングソング 1位『KSK』(DAIGO)~
リンク
===============================

結婚式場の日本最大級のクチコミサイトを運営する株式会社ウエディングパーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:日紫喜 誠吾 以下ウエディングパーク)は、自社が運営する、大人女子のトレンド研究所「ガールズスタイルLABO(GSL)*1」にて、20代~30代の花嫁105人を対象に「ウエディングソング」に関する調査を実施いたしました。

調査で、『結婚式で使う曲にはこだわりたいですか(こだわりましたか)(単一回答)』という質問をしたところ、「はい(93.3%)」と、9割以上の花嫁が自分の結婚式でかける曲には「こだわりたい(こだわった)」ことがわかり、『結婚式で使う曲には新郎新婦のセンスが問われると思いますか(単一回答)』という質問では、「思う(70.5%)」、「どちらかと言えばそう思う(27.6%)」と合わせて9割以上の花嫁が「結婚式でかかる曲に新郎新婦の趣味思考がダイレクトに反映される」と考えており、また『参列した際にかかっている曲を残念だと思った事がありますか(単一回答)』という質問では3人に1人(38.1%)の花嫁が「はい」と回答し、花嫁にとってウエディングソングは、自分の思い描く結婚式を演出するために、必要不可欠なものであることがわかりました。


同調査で、2016年発売(2016年1月~6月)予定の曲の中から、「2016年を代表するウエディングソング」を選んでもらったところ、自身の結婚式でサプライズ披露したことで有名な「DAIGO『KSK』」が圧倒的な1位を獲得、2位はマネージャーの結婚式をメンバーがスマホで撮影し、ミュージックビデオとして起用したことで話題になった「ケツメイシ『君と出逢って』」、そして3位は某カメラのCMでも有名な「平井堅『魔法って言っていいかな?』」がランクインする結果となりました。


ウエディングパークは、「結婚を、もっと幸せにしよう。」という経営理念のもと、今後もコンテンツ・サービスの拡充に努めて参ります。


▼サマリー
・花嫁の約9割、「結婚式で使う曲にはこだわりたい」、「結婚式で使いたいウエディングソングがある」
・花嫁の9割以上が「結婚式で使う曲には新郎新婦のセンスが問われる」
 実際の参列時に「曲にガッカリ」した人は3人に1人以上
・「2016年を代表するウエディングソングランキング」
 圧倒的1位は、DAIGO『KSK』
・「結婚式にサプライズで歌って欲しいアーティストランキング」
 男性部門1位は嵐、女性部門1位は安室奈美恵
・「両親に”ありがとう”を伝えるウエディングソングランキング」
 1位いきものがかり『ありがとう』、2位Kiroro『未来へ』、 Bank Band『糸』


[調査結果]
--------------------------------------------------------------------------------------------
■花嫁の約9割、「結婚式で使う曲にはこだわりたい」、「結婚式で使いたいウエディングソングがある」

調査で『結婚式で使う曲にはこだわりたいですか(こだわりましたか)(単一回答)』という質問をしたところ、「はい」と回答した花嫁が93.3%、また『結婚式で使いたいウエディングソングがありますか(単一回答)』という質問では89.5%の花嫁が「はい」と回答しており、両質問とも約9割の花嫁が「結婚式で使う曲にはこだわりたい」、「結婚式で使いたいウエディングソングがある」ことがわかりました。「曲にこだわる理由」としては「曲もウエディングコーディネートの一部(20代後半)」、「一生に一度の結婚式なので、思い入れのある好きな曲を使用したい(20代後半)」、「自分なりのオリジナリティあるおもてなしがしたい(30代前半)」などの回答が集まり、花嫁にとってウエディングソングは、自分の思い描く結婚式を演出するために、必要不可欠なものであることがわかりました。

[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]



■花嫁の9割以上が「結婚式で使う曲には新郎新婦のセンスが問われる」
実際の参列時に「曲にガッカリ」した人は3人に1人以上

『結婚式で使う曲には新郎新婦のセンスが問われると思いますか(単一回答)』という質問では、「思う(70.5%)」、「どちらかと言えばそう思う(27.6%)」と合わせて9割以上の花嫁が「結婚式でかかる曲に新郎新婦の趣味思考がダイレクトに反映される」と考えており、また『参列した際にかかっている曲を残念だと思った事がありますか(単一回答)』という質問では3人に1人(38.1%)の花嫁が「はい」と回答する結果となりました。

[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]



【ガッカリ!本当にあったウエディングソングの残念エピソード】※コメント欄より抜粋
・失恋に関する曲が流れていた…(20代後半)
・会場でかかるシーンと曲がマッチしていなかった。ただ好きな曲をかけるだけだと場の雰囲気と合わず残念な時がある(20代後半)
・数曲がずっとループでかかっていたので、披露宴中に同じ曲を3回程聞いた(20代後半)
・若い人向け過ぎる曲だったり、マイナーなアーティストの曲だったり、自己満全開の式だった時(20代後半)
・挙式入場にべたべたのぶりぶりの曲がかかって、「あーあ」と思ったことがある(20代後半)


■「2016年を代表するウエディングソングランキング」
圧倒的1位は、DAIGO『KSK』

[画像5: リンク ]

2016年発売(2016年1月~6月)予定の曲の中から、「2016年を代表するウエディングソング」を選んでもらったところ、自身の結婚式でサプライズ披露したことで有名な「DAIGO『KSK』」が圧倒的な1位を獲得、2位はマネージャーの結婚式をメンバーがスマホで撮影し、ミュージックビデオとして起用したことでも有名な「ケツメイシ『君と出逢って』」、そして3位は某カメラのCMでも有名な「平井堅『魔法って言っていいかな?』」がランクインする結果となりました。


【2016年代表のウエディングソング1位DAIGO『KSK』】※コメント欄より抜粋
・ビッグカップルな上に、好感度抜群の夫婦。定番曲になるのではないかと思う(30代後半)
・間違いなくこれだと思います。DAIGOと北川景子みたいに素敵な夫婦になれるよう思いを込めて流してもいいと思う(20代後半)
・やはり大型カップルの2人の結婚式で、DAIGOがサプライズで歌ったインパクトは大きかった。純粋にいい曲(30代前半)
・とてもお似合いの二人で、しかも歌詞がよいですよね。結婚式を控えていたら絶対使いたいです。話題性もあるので、今年式を挙げる方は多く使いそう(30代前半)
・話題総ナメ!幸せが伝わる歌だなぁと感じる(30代前半)


■「結婚式にサプライズで歌って欲しいアーティストランキング」
男性アーティスト1位は嵐、女性アーティスト1位は安室奈美恵

「結婚式にサプライズLIVEをして欲しいアーティスト」を男性アーティスト、女性アーティストそれぞれ募集(単一回答)したところ、男性部門で1位になったのが「嵐(24票)」、続いて「Mr.Children(18票)」となり、3位は本調査の「2016年を代表するウエディングソングランキング」で1位を獲得した「DAIGO(12票)」がランクインする結果となりました。

[画像6: リンク ]


【結婚式にサプライズで歌って欲しいアーティストランキング(男性アーティスト)】※コメント欄より抜粋
<1位:嵐>
・母が大ファンなので、喜んでくれそう(30代前半)
・結婚式ソング多い印象ですし、国民的アイドル。きっと結婚式が盛り上がると思う(30代前半)
・絶対に盛り上がる!みんなで踊りたい!(20代後半)

<2位:Mr.Children>
・年代を問わず多くの人に支持されているし、有名な曲も多くある(20代後半)
・青春そのものだから(20代後半)
・子供の頃から大好きなアーティスト(20代後半)

<3位:DAIGO>
・『KSK』を歌ってほしい!一生幸せになれそう(30代前半)
・今をときめくアーティスト!北川景子を射止めたなんて、ご利益沢山もらえそうだから!曲はやっぱり『KSK』!(20代後半)
・歌詞が分かりやすい(30代後半)


女性部門で1位になったのが「安室奈美恵(18票)」、続いて「いきものがかり(17票)」となり、3位は同票で「AI/Superfly(13票)」という結果になりました。

[画像7: リンク ]


【結婚式にサプライズで歌って欲しいアーティストランキング(女性アーティスト)】※コメント欄より抜粋
<1位:安室奈美恵>
・誰でも知っている有名人(20代後半)
・「CAN YOU CELEBRATE?」は、ずっと大好きな曲で、憧れ(30代前半)
・絶対来るはずない神なのでサプライズにもほどがある(30代前半)

<2位:いきものがかり>
・どの世代にも受けるし、自分も好きだから。嫌みがない(20代後半)
・万人ウケしそうなのと幸せになれそうな気がする(20代後半)
・会場全員をハッピーにしてくれそう!(20代後半)

<3位:AI>
・とてもハートフルなアーティストだと思うから(30代後半)
・ハートに届く歌を歌ってくれそうだし、人柄もアットホームな感じに会場を盛り上げてくれそう(20代後半)
・耳にしたことがある参列者も多いし声量がすごいので魅了される(20代後半)

<3位:Superfly>
・力強い歌声にとても歌詞も好きだから(30代後半)
・晴れの場にふさわしい、華やかで壮大で温かみのある曲があるから(30代前半)
・好きだし、歌唱力がある(20代後半)


■「両親に”ありがとう”を伝えるウエディングソングランキング」
1位いきものがかり『ありがとう』、2位Kiroro『未来へ』、 Bank Band『糸』

「結婚式で両親に”ありがとう”を伝えるウエディングソング」を聞いたところ、圧倒的な票で1位になったのが「いきものがかり『ありがとう』(36票)」、続いて「Kiroro『未来へ』(12票)」となり、3位は「Bank Band『糸』(10票)」という結果になりました。

[画像8: リンク ]

結婚式で「両親に”ありがとう”を伝えるウエディングソングランキング」】※コメント欄より抜粋
<1位:いきものがかり『ありがとう』>
・歌声が、両親に対する「ありがとう」という気持ちを真っ直ぐ届けてくれる気がする(20代後半)
・歌詞がストレートで伝わりやすい(20代後半)
・親世代にも気持ちを伝えやすいと思うし、きっと感動してくれると思う(20代後半)

<2位:Kiroro『未来へ』>
・実際に自分達の式で、花束贈呈の時に使った曲。オルゴールバージョンにしたので、なおよかった(30代前半)
・両親に対して素直な気持ちを代弁してくれる曲(30代前半)
・みんな聴きやすい歌(30代前半)

<3位: Bank Band『糸』>
・結婚式の定番曲だが、何度もカバーされていて古臭くない(30代前半)
・歌詞がとてもよく、夫婦愛を表していると思う(20代後半)
・両親が好きな曲だから、歌ったら喜ばれると思うから(30代前半)


---------------------------------------------------------------------------------------
[調査概要]

表題:「ウエディングソング」に関する実態調査
調査主体:ウエディングパーク(ガールズスタイルLABO)
調査方法:インターネット調査
調査期間:2016年6月22日(水)~6月26日(日)
有効回答:20代~30代の花嫁 105人
---------------------------------------------------------------------------------------

*1:ガールズスタイルLABO(GSL) リンク
恋愛・結婚・仕事など、それぞれのシーンで多様な選択肢をもつ大人女子たちが、自分らしく人生を楽しむためのトレンド情報を調査・発信しています。


■式場探しの決め手が見つかるクチコミサイト「ウエディングパーク」
「ウエディングパーク(リンク)」は、全国約4,500 件以上の結婚式場のデータベースとその検索機能を備え、国内のウエディングメディアではクチコミ掲載数日本最大級を誇る結婚準備クチコミ情報サイトです。人生の中でも一番大きなイベントの一つである結婚式を控えたカップルを応援します。


【株式会社ウエディングパーク概要】
社名 株式会社ウエディングパーク リンク
所在地 東京都港区南青山3丁目 11-13 新青山東急ビル6F
設立 1999年9月
資本金 1億8,550万円
代表者 代表取締役社長 日紫喜 誠吾
事業内容 ウエディング情報サービス事業


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ウエディングパーク 「ガールズスタイルLABO」
コーポレートコミュニケーション室 広報  瀬川/遠藤/尾崎
代表 03-5414-2290
FAX 03-5414-2291
Email:pr_wp@weddingpark.co.jp


以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。