logo

「CuRAZY」x「BREAKER」エンターテイメント業界向けバイラル動画制作・プロモーションプランニング開始

BREAKER 2016年06月30日 12時00分
From PR TIMES

世界中で話題のトレンド分析や動画データ解析から、それぞれのソーシャルプラットフォーム特性に適合させた拡散性の高い動画を制作からバイラルプランニングまで共同で実施致します。



[画像1: リンク ]



 次世代メディア・エンターテインメント・カンパニーのブレイカー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:アレン・スワーツ、以下ブレイカー)は、世界中から面白動画や面白ニュースをキュレーションし発信する国内最大級のキュレーションメディアのCuRAZY(運営:株式会社LAUGHTECH、本社:東京都渋谷区、代表取締役:伊藤新之介、以下クレイジー)と共同でエンターテイメントに特化した、拡散力と認知力に優れた動画コンテンツ広告を制作していくことを発表致しました。

 ラフテック独自のSNS解析ツールと、これまでのメディア運用で培った国内最大級のSNS拡散力という実績がクレイジーにあり、更にブレイカーが所有する世界有数の動画解析ツールtubularでのマーケット分析やコンテンツ制作力を掛け合わせたコンテンツ広告がスタート致します。国内では動画広告が主流に移り変わりつつある中で、数多くの動画広告が様々なプラットフォームに展開されています。ただ拡散という面では未だにプラットフォームへの広告出向などに頼らざる得ず、オーガニックでのコンテンツ本来の魅力から動画が再生される傾向は少ないと感じています。しかしながら広告運用に頼らず動画そのものの魅力で多くの再生数と拡散、更に認知に繋げることがブランディング価値を大きく向上させる一因となり、更なる拡散に繋がっていきます。
クレイジーとブレイカーでは、すでに海外では主流となりつつあるデータサイエンスを用い、共同でのデータ解析やトレンド分析から本来持つクオリティ高い動画制作力を用い、クライアントのニーズに合わせた”受け入れられ易い”バズコンテンツを制作していきます。

■参考動画:映画「デッドプール」(2016.6.1公開)
・デッドプールVSオタク動画
リンク
・デッドプール猫カフェ動画
リンク
・デッドプール VS チャンバラチャンピオン
リンク
・デッドプールセルフィ
リンク
・デッドプールライフハック
リンク
・デッドプールTKG
リンク
[画像2: リンク ]



■CuRAZY(curazy.com)
「CuRAZY(クレイジー)」は、エンターテイメントコンテンツに特化した国内最大級のバイラルメディアサービスです。公開より5ヶ月目で月間1900万ページビュー、訪問者数500万人を越え、ソーシャルメディアを中心として多くの国内ユーザー様にご利用頂いています。ユーザーの70%がfacebookから流入してくる構造になっており、1記事についたいいね数は最高で35万いいねを獲得しています。ソーシャルメディアで拡散する記事コンテンツの制作を得意としているため、CuRAZY上での記事広告や、その他お笑いに関連した企画を既に行っています。
[画像3: リンク ]



■BREAKER.inc(brkr.jp)
ブレイカーは、日本初の次世代メディア・エンターテインメント・カンパニーです。独自のネットワークとテクノロジーにより、個人クリエイター、アーティスト、ブランド、メディア企業、そして、日本と世界の垣根を超えて、動画とソーシャルメディアを中心としたエンターテインメント戦略を包括的にプロデュースしています。このことが世界中から注目され、国内だけでなく世界中から出資されています。ブレイカーはMTVJapan 元Vice President のアレン・スワーツとDFR ASIAのCo-founder ジョン・ポスマンによって2013年に創設されました。

■tubular(リンク )
「tubular」とはその画期的な解析機能が、世界的に話題になっている動画の解析ツールであり、BREAKERは「tubular」と独占的提携をすることにより、事業パートナーとして日本で「tubular
Lab」を提供し、同時に「tubular」を生かしたインテリジェンス事業を提供しています。「tubular
Lab」の最大の魅力は、さまざまなプラットフォームのソーシャル動画を解析できるインテリジェンスツールであるということであり、現在、【YouTube】のほか【Facebook】【Twitter】【Instagram】【Vine】などの複数プラットフォームの動画を解析可能ですが、動画のプラットフォームのみではなく、動画のソーシャル拡散(対象動画のFacebookのshareやいいね数、twitterのリツーイトなどの数)も計測可能です。また、将来的には世界30以上の動画プラットフォームに対応する予定です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。