logo

「うちの会社はいくらもらえるの?」受給可能な助成金を複数選定。『助成金コーディネートサービス』をリリース。

TRIPORT株式会社 2016年06月30日 10時30分
From PR TIMES

ほぼ100%受給できる助成金を会社ごとに個別に選定し、受給額の最大化を目指します。

TRIPORT株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:岡本秀興)は、中小企業の資金繰りと経営課題の解決を目的とした「助成金コーディネートサービス」をリリースしたことをご報告いたします。



[画像1: リンク ]



■助成金コーディネートサービスとは
毎年、膨大な数が発表される助成金・補助金の中から、会社ごとに受給可能な助成金を複数選定し、受給確率を考慮しつつ、受給額がより大きくなるようにコーディネートします。

また、煩雑な申請手続きも、提携の社労士ネットワークとITを活用することで、スムーズかつ業界最安値の社労士報酬で対応可能となっています。

弊社では助成金の選定だけでなく、助成金の支給申請までワンストップで対応することが可能です。


【サービスURL】
リンク


■サービスの利用効果
自社の簡単な会社情報を上記のサイトからご入力していただければ、当社から受給可能な助成金を複数選定し、ご提案いたします。ご提案内容にご同意いただけた場合には、弊社提携の社労士事務所が業界最安値水準の報酬で、申請手続きを代行いたします。


■「現状の助成金の課題」と「当社サービスの特長」
[画像2: リンク ]



1.受給額の最大化
【現状の課題】
助成金の種類が多すぎて、利用すべき助成金が分からない。
(年間3,000種類の助成金が新たに発表されていると言われている)

【当サービスの特長】
会社ごとに最適な助成金を複数選定。受給確率まで考慮するので、ほぼ100%受給可能な助成金を中心にコーディネート。受給金額の最大化を図ります。


2.ノウハウ×ITでスムーズに受給
【現状の課題】
助成金申請には「膨大な申請書類作成とノウハウ」が必要。
(都道府県、また申請するタイミングによって受給条件も異なる)

【当サービスの特長】
実際の申請は、全国の50を超える提携社労士事務所が代行するので、受給者が申請書類を1から作成することは不要です。
また、申請書類のテンプレート化やノウハウをデータベースで管理・共有しているため、社労士の申請手続にかかるコストを大幅に削減できるため、スムーズな申請が可能となっています。


3.社労士成果報酬10%を実現
【現状の課題】
助成金を専門にしている社労士が極端に少ない。
また助成金を専門としていても、会社ごとに最適な助成金を複数選定するだけの情報を持っていないことも。
さらに社労士に申請代行を依頼すると20~30%の手数料が発生。

【当サービスの特長】
助成金を専門とする弊社提携の社労士ネットワークにより、ほぼ全国の主要都市は対応可能に。
また社労士の業務負担を軽減することで、社労士の成功報酬も10%と業界最安水準を実現。


中小零細企業では、経営者が本業以外に時間をかけることはなかなかできません。
当サービスでは、受給要件さえ満たせば、ほぼ100%受給可能な助成金をメインに提案します。
「膨大な時間をかけたのにも関わらず、結局受給できなかった...」ということは基本的にございません。
また提携社労士にご提案内容をそのまま申請してもらえるため、ワンストップで申請手続きまで行えます。


■主なご利用企業像
業界を問わず、中小零細企業・個人事業主の方にご活用いただけると考えております。
資金繰りやその他多くの経営課題を抱える企業が、当サービスで助成金を活用しつつ、同時に様々な経営課題も解決することで、企業の成長と雇用の安定化を図ることができるサービスです。


■TRIPORT株式会社について
TRIPORT株式会社は、企業の「ヒト・モノ・カネ・情報」における経営課題を解決すべく、最先端のIT技術を用いて企業の経営課題を解決する一方、中小零細企業の資金面での課題を解決するべく、当サービスをリリースいたしました。様々な切り口から、企業の経営課題を解決できるサービスを創り続けていきます。

[画像3: リンク ]



【会社サイト】
リンク

【主なサービス】
≪助成金コーディネートサービス≫
リンク

≪法人専用クラウドストレージ・Cloudnauts(クラウドノーツ)≫
リンク


■本件に関するお問い合わせ
TRIPORT株式会社
〒107-0062 東京都港区南青山3-10-41 ジュエル青山ビル2F
Email: info@triport.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。