logo

文京学院大学に関する最新予定とトピックス

文京学院大学 2016年06月30日 10時31分
From Digital PR Platform


~~~~~~
今月の目次
~~~~~~
1)保健医療技術学部の柿崎藤泰教授が書籍を刊行『胸郭運動システムの再建法―呼吸運動再構築理論に基づく評価と治療』 6月1日(水)
2)保健医療技術学部の福井勉教授が書籍を刊行『理学療法MOOK 20 ウィメンズヘルスと理学療法』 6月1日(水)
3)日本神経病理学会で、保健医療技術学部4年生2名が「学生優秀ポスター賞」と「学生発表賞」を受賞 6月3日(金) 第57回日本神経病理学会総会学術研究会
4)トルコやブルガリアの大学との国際共同研究成果を結集 文京学院大学総合研究所叢書 第2巻、第3巻を刊行 6月10日(金)
5)文京区と災害時に関する相互協力協定を締結 “災害弱者“となりうる「外国人」対応が重点項目 6月23日(木) 文京シビックセンター(東京都文京区)
6)保護者を対象とした「就職活動説明会」を開催 ”家庭での就職活動サポート法”を内定学生が解説 7月2日(土) 本郷キャンパス(東京都文京区)
7)夏休みを前に先輩から1年生へ“気づき”を与える初年次教育プログラム「てっぺんフォーラム」開催 7月9日(土) 本郷キャンパス(東京都文京区)


--------------------------------------------------------
保健医療技術学部の柿崎藤泰教授が書籍を刊行
--------------------------------------------------------
呼吸器、および運動器疾患を専門分野とする保健医療技術学部理学療法学科の柿崎藤泰教授・医学博士は、6月1日(水)、書籍『胸郭運動システムの再建法―呼吸運動再構築理論に基づく評価と治療』を刊行しました。

本書では、柿崎藤泰教授らによる臨床および研究から導かれたデータを裏付けに、胸郭運動システムのメカニズムから治療応用までを豊富なカラーイラストで分かりやすく解説しています。呼吸器官である胸郭を運動器官として捉え、破綻した呼吸や姿勢活動を再建する、新しい知見と臨床技術が獲得できる実践書となっています。

 【出版情報】
  書名:『胸郭運動システムの再建法―呼吸運動再構築理論に基づく評価と治療』
  編集:柿崎藤泰 
  発行:株式会社三輪書店  定価:本体5,400円+税
  仕様:B5判、260P  ISBN:978-4-89590-556-5  
  発売日:2016年6月1日(水)


--------------------------------------------------------
保健医療技術学部の福井勉教授が書籍を刊行
--------------------------------------------------------
運動器疾患の理学療法・動作分析の臨床応用を専門分野とする文京学院大学保健医療技術学部の福井勉教授・医学博士は、6月1日(水)、理学療法士・保健医療学修士の石井美和子氏との共同責任編集として、書籍『理学療法MOOK 20 ウィメンズヘルスと理学療法』を刊行しました。

これまでウィメンズヘルスの分野に関する情報は、国外のものに頼らざるをえないことが多くありました。本書では、国内でウィメンズヘルスを実践している理学療法士によって集積された臨床の実践経験・知識を余すことなく紹介しています。「腹直筋離開」や「メンズヘルス」など、一部については十分な専門技能と実践という点から海外の経験豊富な理学療法士が解説しています。
また、女性のライフステージや女性特有のがん、更年期以降の疾患や排泄・骨盤機能など基礎的な内容から、内科や整形外科における性差への考慮、地域コミュニティでの取り組みなど一歩進んだ活動を紹介しており、明日の臨床につながる実践的な1冊となっています。

 【出版情報】
  書名:『理学療法MOOK 20 ウィメンズヘルスと理学療法』
  責任編集:福井勉、石井美和子 
  発行:株式会社三輪書店 定価:本体4,000円+税
  仕様:B5判、230P ISBN:978-4-89590-553-4 
  発売日:2016年6月1日(水)


--------------------------------------------------------
日本神経病理学会で、保健医療技術学部4年生2名が
「学生優秀ポスター賞」と「学生発表賞」を受賞
--------------------------------------------------------
第57回日本神経病理学会総会学術研究会(6月1日~3日、青森県弘前市)で、保健医療技術学部臨床検査学科4年生(病理学研究室)の外山咲紀子さんが「学生優秀ポスター賞」と「学生発表賞」、矢島佳奈さんが「学生発表賞」をそれぞれ受賞しました。

日本神経病理学会は脳神経科学・臨床神経医学・病理学が融合した医学会で、総会学術研究会は年に一回開催されます。外山さんと矢島さんは、今年から新たに設けられた学生ポスター発表の部(6月3日)で発表と質疑応答を行いました。

「学生発表の中でも特に優れた発表」と評価され受賞に至った外山さんの発表は、神経難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)だけに出現する、神経細胞内の微小な異常構造物を顕微鏡観察下に多数集め、その成分を質量分析で解析・同定したものです。尚この研究は、保健医療技術学部の病理学研究室と生化学研究室の共同研究に基づいています。

また、「学生発表賞」を受賞した矢島さんは、従来の数十倍の厚さがある顕微鏡標本で、目標構造物を立体的に染め出す技法を研究し、「極めて優れた発表」と評価されました。

 【外山咲紀子さんの発表演題】
  Cystatin-AとspatacsinがALSのBunina小体に発現していた: 小体のLMD-質量分析による構成タンパク質の探索。
 
 【矢島佳奈さんの発表演題】
  脳表小静脈周囲腔を捉える厚切り切片免疫組織化学染色。


--------------------------------------------------------
トルコやブルガリアの大学との国際共同研究成果を結集
文京学院大学総合研究所叢書 第2巻、第3巻を刊行
--------------------------------------------------------
文京学院大学総合研究所は、6 月10 日(金)、文京学院大学総合研究所叢書の第2 巻として、注目の高まるトルコと日本の関係をさまざまな角度から探る『トルコと日本の経済・経営関係』、第3 巻として日本のマンガ・アニメを通して現代日本文化を研究した『マンガ・アニメにみる日本文化』を刊行しました。

今回刊行となった2 冊は、本学と交流協定を結んでいるトルコのアンカラ大学、ブルガリアのソフィア大学、ヴェリコ・タルノヴォ大学との学術交流の一環として、前学長・川邉信雄名誉教授が主任研究者となり実施した国際共同研究の成果を、論文集としてまとめたものです。

本研究には本学のさまざまな研究分野の教員が参加し、日本・トルコ・ブルガリアの各地で、調査研究やフィールドワーク、報告会を行いました。

 【出版情報】
  書名:『トルコと日本の経済・経営関係』  編集:川邉信雄、関根謙司、ユスフ・エルソイ・ユルドュルム 発行:文京学院大学総合研究所 定価:本体2,500円+税
  仕様:B5判、180 P ISBN:978-4-86600-015-2 発売日:2016年6月10日(金)

  書名:『マンガ・アニメにみる日本文化』  編集:加藤佐和子、アイシェヌール・テキメン、マグダレナ・ヴァレシヴァ 発行:文京学院大学総合研究所 定価:本体2,500円+税
  仕様:B5判、228 P ISBN:978-4-86600-016-9 発売日:2016年6月10日(金)


--------------------------------------------------------
文京区と災害時に関する相互協力協定を締結
“災害弱者“となりうる「外国人」対応が重点項目
--------------------------------------------------------
文京学院大学は、文京区との間で「災害時における相互協力に関する協定」を締結しました。6月23日(木)、文京シビックセンターで協定調印式が行われ、成澤廣修文京区長と本学の工藤秀機学長が出席しました。

今回締結した協定により、大規模災害が発生した際、文京区地域防災計画に基づき、帰宅困難者の安全確保を目的として、本学は本郷キャンパスの一部施設を提供します。キャンパス施設の提供にあたって特に重点項目としたのが、異なる言語がゆえに情報弱者となり、結果、災害弱者となりうる「外国人」への対応です。本学は「外国語学部」を擁し、異文化理解や国際交流等のプログラムを長年実施しているため、積極的な外国人対応が可能です。災害発生時にはキャンパス内の施設表示の多言語対応や、大学の教員・職員ならびに留学生が外国人をサポートします。

加えて、本学が今年3月、地震を経験したことのない外国人であっても見て瞬時に内容が伝わるよう“インフォグラフィック”で制作した外国人向け「地震 防災マニュアル(文京区版)」の英語版・中国語版についても文京区内の公共施設で配布を開始します。


--------------------------------------------------------
保護者を対象とした「就職活動説明会」を開催
”家庭での就職活動サポート法”を内定学生が解説
--------------------------------------------------------
文京学院大学は、7月2日(土)、学生への就職活動サポートの一環として、大学3年生の保護者を対象とした就職活動説明会を実施します。

本学では、目まぐるしく変化する就職活動環境に対して学生が適切に対応できるよう、きめ細かな就職活動のサポート体制を整えています。本取り組みもその一環として、毎年実施しているものです。

当日は、就職活動をスタートさせる大学3年生の保護者を対象に、就職市場の全体概要説明、内定学生による就職活動中の学生への接し方や生活において留意すべきことなどを体験談から説明するほか、学生の就職活動を学内で支える教職員に対し、保護者が直接質問できる懇親の場も設けます。とかく孤独になりがちな学生の就職活動に対し、身近な理解者である保護者に精神的な支えを担ってもらうことを主眼としています。

 日時: 7月2日(土) 10:00~13:10
 会場: 本郷キャンパス(東京都文京区向丘1-19-1)  S館 504教室


--------------------------------------------------------
夏休みを前に先輩から1年生へ“気づき”を与える
初年次教育プログラム「てっぺんフォーラム」開催
--------------------------------------------------------
文京学院大学は、7月9日(土)、初年次教育の一環として、2年生以上の学生から今年入学した1年生に対し、学業やボランティア、サークル活動など自身が大学生活を通じて学んだ成果を発表するイベント「てっぺんフォーラム」を開催します。

本イベントは、てっぺんフォーラム学生実行委員会が開催し、学内からエントリーされた学生・団体の中から「てっぺん賞」「スイッチ・オン賞」に輝いた学生・団体が、自らが成長するきっかけとなった出来事やターニング・ポイント、そこから学んだ成果または経過を発表します。

1年生にとって初めての長期休暇となる夏休み前の7月に実施することで、今後の4年間を、自分なりにどう有意義に過ごすかを考える契機となることを期待しています。

今年から、本郷キャンパスの1年生保護者への公開も始めます。

 日時: 7月9日(土) 13:10~14:40
 会場: 本郷キャンパス(東京都文京区向丘1-19-1) 仁愛ホール
 発表者:4組



<本件に関する報道関係者様のお問い合わせ先>
文京学院大学(学校法人文京学園 法人事務局総合企画室)   三橋、谷川
電話番号:03-5684-4713

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事