logo

高校生の独創的な理科・科学論文を今年も募集 -- 「第15回神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞」論文募集開始

神奈川大学 2016年06月30日 08時05分
From Digital PR Platform


神奈川大学では、今年度も全国の高校生から「神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞」の論文を募集する。


 全国の高校生を対象に実施されるこの賞は、理科・科学に関する研究や実験、観察、調査の成果についての論文を募集し、優秀な論文作品に各賞(大賞・優秀賞・努力賞・団体奨励賞)を授与している。

 2017年3月に開催予定の授賞式では、受賞者の表彰のほか、受賞者による「論文発表」の場を設けることで、高校生のさらなる研究を促す。また受賞論文は、その独創的な発想や成果が、ひいては未来を担う科学者への道につながるように期待し、受賞作品集『未来の科学者との対話』として出版される。

◆第15回神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞
【概 要】
 高等学校の理科教育を支援する試みとして2002年に創設。
 受賞者には論文発表の場を設けることで、さらなる研究意欲の醸成を促している。また、その受賞論文は『未来の科学者との対話』として出版。
 高校生の理科・科学への探求心に応える賞として、毎年数多くの論文が応募されている。

【募集論文内容】
●理科・科学に関する研究や実験、観察、調査の成果
 例)数学、物理、化学、地学、生物、情報、自然、技術などの各分野
●論文を主な対象とするが、標本、装置、模型、データ、図表、映像、CD-ROMなどの添付も可
●論文の分量は、16,000字(A4・10枚)程度

【応募条件】
 高等学校に所属する個人または、理科・科学系クラブなどの団体、有志グループ。
 (高等専門学校については、3年次生まで)
※応募論文は返却しない。
※応募論文の著作権は学校法人神奈川大学に帰属する。

【応募方法】
 募集要項を「神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞」事務局まで請求すること
●論文は5部提出。(クリップ・ホチキス止め可)
●所定の応募票、論文要旨、論文要旨データ(メール送付可)、指導教諭の推薦状(書式任意。推薦者の所属・氏名、応募者本人の作品である旨を記載、推薦者の捺印)の4点を添付。
 応募票は専用ホームページからダウンロードできる。
  リンク
※収集した個人情報は本大賞の円滑な運営のために使用し、責任をもって管理される。

【応募締切】 2016年9月20日(火)必着

【審査委員】
・名誉委員長
 長倉 三郎(神奈川大学特別招聘教授・東京大学名誉教授)
・委員長
 上村 大輔(神奈川大学特別招聘教授・名古屋大学名誉教授)
・委員
 紀  一誠(神奈川大学名誉教授)
 齊藤 光實(神奈川大学名誉教授)
 庄司 正弘(元神奈川大学教授・東京大学名誉教授)
 内藤 周弌(神奈川大学名誉教授)
 松本 正勝(神奈川大学名誉教授)

【賞(奨学金・記念品)】
○大賞 (応募論文の中で最も優れた論文1編)10万円、記念品
○優秀賞 (大賞に準じて優秀な論文3編程度)5万円、記念品
○努力賞 (優秀賞に準じて優秀な論文15編程度)3万円、記念品
○指導教諭賞 (大賞、優秀賞、努力賞の各入賞者を指導された教諭)2万円
○団体奨励賞 (複数の優秀な論文応募があった高校 5校)記念品

※本大賞の入賞者は、神奈川大学「公募制推薦(経営学部出願部門別)入学試験」(文化活動部門)、「公募制推薦(理学部)入学試験」の出願資格を満たすことができる。
●[入学試験に関する問い合わせ]
 神奈川大学入試センター
 TEL: 045-481-5857

【結果発表】 2016年12月中旬、応募者に通知される。

【授賞式】
  2017年3月12日(日)
 授賞式・研究発表会の開催を予定。

【授賞作品集】
 大賞・優秀賞・努力賞受賞論文、専門家からのメッセージ等を収録した受賞作品集『未来の科学者との対話15』を出版予定。

【主催/後援】
[主催] 神奈川大学
[後援] 神奈川県教育委員会・横浜市教育委員会・平塚市教育委員会

【募集要項の請求・応募先】
 「神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞」事務局
 〒194-0022 東京都町田市森野1-34-10 高校生新聞社
 TEL: 042-724-2750
 FAX: 042-724-2710
 専用HP: リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 神奈川大学 広報事業課
 TEL: 045-481-5661(代)FAX:045-481-9300

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。