logo

東海エリアで初採用、IoTサービス「インテリジェント ホーム」ケーブルテレビ業界大手CNCIグループと基本合意

イッツコム / iTSCOM 2016年06月29日 16時57分
From PR TIMES

総接続世帯数約77万世帯、東海エリアの11のケーブルテレビ事業者からなる業界大手



イッツ・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:高秀憲明、以下イッツコム)は、株式会社コミュニティネットワークセンター(以下、CNCIグループ)と、スマートホームサービス「インテリジェントホーム」の販売において基本合意したことをお知らせします。

 「インテリジェントホーム」は、対象物件に設置したIPカメラ、スマートロック(電子錠)、センサー(モーションセンサー、ドア窓センサー)、家電コントローラーなどのデバイス(機器)一式を、インターネット回線を経由し、お客さまスマートフォンやモバイル端末の専用アプリケーションを利用して遠隔でコントロールできるホーム・コントロールおよびホーム・モニタリング型サービスです。

 今回、基本合意したCNCIグループは、東海エリアの11のケーブルテレビ事業者からなる業界大手であり、各ケーブルテレビ事業者は7月より順次「インテリジェントホーム」サービスの販売を開始します。

 イッツコムは、「インテリジェントホーム」のライセンスをCNCIグループ各社に提供し、イッツコムの子会社Connected Design株式会社(※)が「インテリジェントホーム」に接続する各種デバイスの販売をします。
なお、「インテリジェントホーム」は既に、旭川ケーブルテレビ株式会社、沖縄ケーブルネットワーク株式会社、株式会社ひろしまケーブルテレビ、株式会社ふれあいチャンネル、株式会社ベイ・コミュニケーションズ、株式会社南東京ケーブルテレビなど全国のケーブルテレビ事業者に採用いただいております。
以上

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事