logo

地方移住を検討している方必見、「田舎の暮らし方」サービス開始

株式会社地球の歩き方T&E(東京都新宿区 代表取締役社長:石谷一成)は、地方移住の検討に役立つ生の情報が集まるブログ「田舎の暮らし方」リンクを6月29日より開始します。

田舎の暮らし方は、地方への移住を検討する方向けに、「地方に移住した方の生の声で綴るブログ」や、「各自治体の移住支援施策」、「全国の空き家情報」、「移住セミナー・イベント情報」などのコンテンツを提供します。

<主なコンテンツ>

------------------------------------------------------------------------

1.暮らし方ブログ
リンク

その土地に実際に移住したブログ執筆者が、その地域の自然、食、住環境、畑仕事、趣味、仕事、生活費用、医療、買い物環境、子育て環境などを、生の声として綴るブログです。地方での生活の実際をお伝えします。

2.各自治体の移住支援施策
リンク

地方自治体が推進する移住支援施策をご紹介します。移住の奨励金や、住まいや土地の取得に補助金が出るものなど、移住にあたってぜひ知っておきたい情報等をご紹介します。

3.各地の空き家情報
リンク

日本各地の空き家情報を掲載します。広くて、きれいで、低価格な空き家情報などもピックアップしてご紹介します。

4.移住関連イベントのご紹介
リンク

地方での暮らしをよりよく知るための移住関連イベントをご紹介します。地域での就職の説明会や、実際の暮らしがどのようなものかを知るための移住相談セミナーなど、さまざまなイベントをご紹介します。

------------------------------------------------------------------------

上記の情報は、契約した地方自治体(市町村)から提供を受けて発信します。
暮らし方ブログも、契約した地方自治体からの紹介を受けたブログ執筆者が記載します。


2016年6月29日、現在19自治体の情報が掲載されています。(順不同)

----------------------------------------------

1.長野県佐久市(さくし)
リンク

2.兵庫県宍粟市(しそうし)
リンク

3.北海道美幌町(びほろちょう)
リンク

4.青森県弘前市(ひろさきし)
リンク

5.岩手県葛巻町(くずまきまち)
リンク

6.秋田県北秋田市(きたあきたし)
リンク

7.秋田県羽後町(うごまち)
リンク

8.福島県会津美里町(あいづみさとまち)
リンク

9.茨城県庁(いばらきけんちょう)
リンク

10.福井県高浜町(たかはまちょう)
リンク

11.長野県小諸市(こもろし)
リンク

12.静岡県御殿場市(ごてんばし)
リンク

13.静岡県小山町(おやまちょう)
リンク

14.滋賀県米原市(まいばらし)
リンク

15.鳥取県庁(とっとりけんちょう)
リンク

16.岡山県備前市(びぜんし)
リンク

17.愛媛県伊予市(いよし)
リンク

18.鹿児島県出水市(いずみし)
リンク

19.鹿児島県徳之島町(とくのしまちょう)
リンク

----------------------------------------------

私たちは、地方を元気にしている、その地域で活き活きと生活している人の生活体験と新たな生活スタイルや働き方を応援する自治体や地元企業の活動を「田舎の暮らし方ブログ」で発信していきます。

私たちは、若い人たちに日本の地方の魅力を再発見、実感してもらいたい、そして、地方で夢をもち新たな道を歩み出す、そんな人たちを応援していきます。

2017年度に400自治体の情報を掲載することを目指しています。

----------------------------------------------

■地方への移住に関するアンケートと、本企画の背景について

株式会社地球の歩き方T&Eは、2016年1月13日から2016年2月14日にかけて、インターネットホームページ上で、「地方への移住に関するアンケート」を行いました。(有効回答数2,775件、男性1306名・女性1469名、平均42.0歳)

●「Q. 将来、地方に移住したいと思いますか」という質問に対しては、「そう思う」(16%)、「ややそう思う」(29%)、「あまりそう思わない」(19%)、「そう思わない」(17%)、「わからない」(19%)という回答結果となりました。「そう思う」「ややそう思う」と回答した方々(「移住希望層」)は、合計45%(1,254名)でした。

●上記の「移住希望層」に対して、「Q.移住を希望する理由として、当てはまるものはなんですか(複数回答可)」と質問したところ、1位「自然環境の良さ」(75%)、2位「住環境の良さ」(48%)、3位「生活コストの低さ」(38%)、4位「リフレッシュ」(26%)、5位「趣味・創作活動に打ち込みたい」(20%)、6位「家族・親族が住んでいる」(20%)、7位「育児環境の良さ」(17%)、8位「農業・畜産・林業・漁業に従事したい」(12%)、9位「地域おこしに貢献したい」(9%)という回答結果となりました。

●上記の「移住希望層」に対して、「Q.移住にあたっての不安はなんですか。(複数回答可)」と質問したところ、1位「希望の仕事が見つかるか」(45%)、2位「近所付き合いや地域行事になじめるか」(45%)、3位「医療・介護環境の質」(41%)、4位「希望の住居が見つかるか」(39%)、5位「買い物環境」(37%)という回答結果となりました。

●上記の「移住希望層」に対して、「移住にあたって、知りたい情報はなんですか。(複数回答可)」と質問したところ、1位「実際に移住した人の体験談・失敗談」(51%)、2位「生活環境(医療、介護)」(48%)、3位「生活環境(買い物、気候など)」(46%)、4位「生活コスト」(41%)、5位「仕事情報」(40%)、6位「住宅情報」(35%)、7位「近所づきあい」(34%)という結果となりました。

上記の結果を踏まえ、株式会社地球の歩き方T&Eでは、田舎の暮らし方ブログを通じて、「実際に移住した人の体験談・失敗談」や、「生活環境(医療、介護)」、「生活環境(買い物環境、気候など)」、「生活コスト」、「仕事情報」、「住宅情報」、「近所付き合いや地域行事」などの生の情報をお届けし、地方への移住を検討される方に役立つ情報を提供して参ります。

----------------------------------------------

■株式会社地球の歩き方T&Eについて

株式会社地球の歩き方T&Eは、ダイヤモンド社と伊藤忠商事のグループ会社です。海外旅行のガイドブックで有名な「地球の歩き方」を出版している株式会社ダイヤモンド・ビッグ社の子会社となります。世界136カ国の海外旅行情報を閲覧できる「地球の歩き方公式サイト」の運営や、累計25万人の利用実績がある留学エージェントサービス「成功する留学」を運営しています。これまで海外旅行情報発信事業や留学事業を通じて世界各地の魅力を発信してまいりましたが、今後日本各地の魅力も発信するべく、「田舎の暮らし方」のサービスを開始しました。


~この件に関する報道関係者からのお問い合わせ先~

株式会社地球の歩き方T&E
田舎の暮らし方事務局
担当者:小幡(オバタ)、緒方(オガタ)
TEL:03-6738-6354
MAIL: inaka@arukikata.jp

このプレスリリースの付帯情報

田舎の暮らし方

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。