logo

STM32マイコンを使用した組込みシステム設計の柔軟性を高める無償ドライバ・ソフトウェアを発表

STマイクロエレクトロニクス 2016年06月29日 09時20分
From PR TIMES

LL APIにより、性能、消費電力およびソフトウェアのメモリ使用量を最適化



[画像: リンク ]



STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、32bitマイクロコントローラ(マイコン) STM32の開発エコシステムを拡張する、STM32Cube Low-Layer Application Program Interface(LL API : ロー・レイヤ・アプリケーション・プログラム・インタフェース)ソフトウェアを発表しました。ARM(R) Cortex(R)-Mプロセッサ搭載のSTM32マイコンを使用する上級設計者は、よりハードウェアに近いレジスタ・レベルのコーディングを可能にするこのLL APIによって、パフォーマンスと実行時効率を最適化できるようになります。

このLL APIが追加されたSTM32向けソフトウェア・ライブラリSTM32Cubeを使用することで、使いやすく移植可能なHAL(ハードウェア抽象化レイヤ)および高度に最適化されたLL APIが、非常に柔軟なペリフェラルの制御を可能にします。そのため、ユーザーは実証済みのST製ソフトウェアを使用し、各自のアプリケーション開発に注力することができます。

LL APIは、STM32 Nucleo開発ボード上で動作するよう設計されたサンプル・プロジェクトと共に、STM32Cubeパッケージに統合されており、その他のSTM32ボードへのサンプルの移植は容易です。また、このLL APIは、同一プロジェクト内で対応するHALと並行して使用できるため(1)、設計者は、製品開発期間、ソフトウェアのメモリ使用量、および実行時効率の間のトレードオフを柔軟に最適化することができます。

さらに、LL APIが、従来のSTM32 Standard Peripheral Libraries(SPL)からSTM32Cube(TM)エコシステムへの移行を簡略化します。このLL APIは、各STM32Cube組込みソフトウェア・パッケージに含まれるHALと同様、一部の例外を除いてMISRA-C 2004に準拠しています。例外は一覧にまとめられ、説明が記載されています。このLL APIは、GrammaTech CodeSonar(R)により、最適なコード品質と信頼性を有することが確認されているほか、STM32CubeMXソフトウェア・パッケージに入っている自動アップデート機能によって、常に最新の状態が維持されています。

現在、無償かつオープンソースのBSD(2) LL APIは、STM32L4 / L0 / F0シリーズ向けのSTM32Cubeパッケージで利用可能で、2017年第1四半期にはすべてのSTM32Cubeパッケージで利用可能になる予定です。

(1)唯一の例外として、同一ペリフェラル上の並行プロセスに対し、HALとLL APIを同時に使用することはできません。
(2)Berkeley Software Distributions

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2015年の売上は69.0億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCU製品グループ
TEL : 03-5783-8240 FAX : 03-5783-8216

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。