logo

AIによる高度な業務改善・効率化をめざし協業を開始

ダイキン工業株式会社 2016年06月28日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年6月28日

ダイキン工業株式会社

ディープラーニングによるビッグデータ解析に強みを持つベンチャー企業ABEJAと連携
AIによる高度な業務改善・効率化をめざし協業を開始

ダイキン工業株式会社は、当社の技術開発拠点であるテクノロジー・イノベーションセンターを主体として、機械学習の一種であるディープラーニングのビジネスへの応用を専門とするベンチャー企業、株式会社ABEJA(以下、ABEJA)との協業を開始します。ABEJAが強みとするディープラーニングを活用して社内の様々な情報を解析し、AI(人工知能)による高度な業務改善・効率化をめざします。

近年、ビッグデータと呼ばれる大量の情報を解析できる技術としてAIが注目されており、マーケティングをはじめとする様々なビジネスシーンでAIが活用され始めています。製造業においては、開発、設計、製造、品質管理、販売、保守サービスなどあらゆる業務過程で大量の情報が扱われています。特に当社が主力とする空調事業においては、IoTへの対応を進める中で、空調機器に搭載したセンサーが収集した運転情報を、いかに人手や時間をかけずに解析し、運転時の機器制御や保守サービスなどに活用するかが新たな価値提供の鍵となっており、情報の高度な解析が可能であるAIの活用が期待されています。

ABEJAの強みであるディープラーニングは、機械学習の一種で、人間が経験から学習するのと同様に、コンピューターに蓄積された情報からAIが学習して答えを導き出すコンピューティング技術です。当社は、ディープラーニング解析のノウハウを持つABEJAとの協業を通じて、社内にある製造業特有の様々な情報から、AIで解析することによって業務の改善・効率化につながる情報を探索し、解析結果の活用をめざします。
たとえば、空調機器の修理対応など、人が過去のデータを検索し判断していたプロセスでの活用を想定しています。空調機器の修理対応時には、サービスマンが過去の履歴から現在対応中の案件と同様のケースを検索し、経験やノウハウに基づいて対処法や必要な部品を判断するケースが多くありました。AIの活用により、大量の履歴から不具合の傾向を自動で読み取り、対処法や必要な部品を正確に判断して提示することで、修理の一発完了率の向上につながる可能性があります。また、将来の修理対応が必要となる案件を予測し、予防保全のための事前修理の提案にもつなげることができ、お客様の負担を軽減できる可能性があります。将来的には、サービス業務に限らず、様々なものづくり業務への応用をめざします。

当社は、2015年11月に技術開発のコア拠点「テクノロジー・イノベーションセンター」を設立し、異業種・異分野のユニークな技術を持つ企業・大学・研究機関との連携・提携を強化しています。AIは専門性が高い分野であり、今後も最先端の技術を持つ様々な企業との協創によって、技術の進歩・変化のスピードに対応し、新たな価値・事業創出を実現します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事